短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

英語のプロも驚く! 「each other」の意外な正しい使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日は、「副詞?名詞?みんなが知らない”each other”の正しい使い方」について話します。この記事を読むことで、あなたの英語感覚がさらに向上するでしょう。それでは、始めましょう。それでは、まいりましょう。

 

 

“each other”は代名詞

友人へ結婚について…

ナオミ
We know each other.
私たちはお互いを知っているの。

 

 

先日喧嘩したことについて…

マイク
We talked to each other. (We talked each other.)
俺たちお互いに話し合ったぜ。

 

 

その他例文

  1. They hugged each other.
    • 彼らはお互いに抱きしめた。
    • 解説: この文では、二人が互いに抱きしめる行為をしていることを「each other」が示しています。
  2. The two companies are working with each other.
    • その二つの会社は互いに協力している。
    • 解説: ここでは、二つの会社がお互いに協力し合っている関係を表しています。
  3. They gave each other gifts.
    • 彼らはお互いに贈り物をした。
    • 解説: この場合、「each other」は互いに贈り物を交換する行動を指しています。

「each other」は英語で相互性を示す代名詞です。二人以上の人が互いに行動をしたり、感情を抱いたりする関係を表す際に用いられます。直訳すると「お互いに」となり、この表現は二つの主体が相手に対して同じ行動や感情を持っていることを示します。

使用法

「each other」は、文中で主語と動詞に続いて使われ、主語が行う動作が相互に行われていることを示します。この代名詞は常に複数の人や物に関連して使われ、一方が他方に何かをするときに使用します。

解説

「each other」は、実際には代名詞であり、「お互いに」という意味を持ちます。したがって、文中で相互の行為や感情を表現する際に使用されます。ご指摘の通り、「each other」を副詞と混同してしまうことがありますが、正しくは相互性を示す代名詞として機能します。

正しい使用法の例を挙げると、第一の例文において「They know each other.」(彼らはお互いを知っている。)では、「each other」が動詞「know」の目的語として機能しています。この場合、「each other」は「彼ら」互いの知識や認識を指しています。

第二の例文に関して、「They talked to each other.」(彼らはお互いに話した。)という形が正確です。ここで、「talk」が自動詞であるため、「to」を介して相互の関係を示しています。「talked each other」と直接結びつけるのは不適切です。

また、「each other」は常に二つの単語が分かれており、「eachother」と一つに繋げたり、「each-other」とハイフンで繋ぐことは正しくありません。このような細かい点にも注意して使用することが重要です。

 

 

“each other’s 〜”

ママ友と…

ナオミ
We often helped to look after each other’s kids.
私たちよくお互いの子供の世話を手伝いあったわ。

 

 

その他例文

  1. They looked into each other’s eyes.
    • 彼らはお互いの目を見つめた。
    • 解説: この例では、「each other’s eyes」という表現が使われ、一方の人物が他方の目を見つめ、その逆も同様であることを示しています。
  2. They use each other’s phones frequently.
    • 彼らは頻繁にお互いの電話を使います。
    • 解説: ここでは、互いに相手の電話を使用する行為が相互に行われていることを「each other’s phones」と表現しています。
  3. They respect each other’s opinions.
    • 彼らはお互いの意見を尊重します。
    • 解説: この文では、「each other’s opinions」というフレーズを使って、グループ内の個人が互いに持つ意見を尊重し合っている状況を示しています。

「each other’s 〜」は、相互に所有しているものや関係しているものを示す英語表現です。「each other」が相互性を示す代名詞であることは既に説明しましたが、「each other’s」はその所有形で、二人以上の人々がお互いに持っているもの、または互いに影響を及ぼしているものを指します。

使用法

「each other’s」は、通常、「名詞」の前に置かれ、その名詞が相互の所有物や特徴を示します。この構文は、グループ内の各個人が他の全員と共有している関係や物を表現するのに使用されます。

注意点

  • 「each other’s」を使用する際は、話している対象が二人以上であることを確認してください。この表現は、互いの関係性や相互作用を示すため、単独の人物や一方的な関係には適用されません。
  • 「each other’s」の後に来る名詞は通常複数形にはなりません。なぜなら、それぞれが相手のものを持っている(あるいはその特徴を共有している)ことを示しているからです。例えば、「They read each other’s book」と言う代わりに、「They read each other’s books」と複数形を使うことが一般的です(複数の本がある場合)。

 

 

“each other”は主語には使えない

リョウ
Each other need some help. 
お互い助けが必要なんだ。

 

「each other」は主語としては使用されません。この表現は相互関係を示す代名詞であり、二人以上の人々やグループ間での行動や感情が互いに向けられていることを示す際に用いられます。そのため、「each other」は文中で行動や感情を受ける側、すなわち動詞や前置詞の対象として機能します。

「each other」を使う際には、それが示す相互の行動や感情は他の主語によってなされることが前提となります。例えば、「They love each other」では、「They」が主語として愛情を示す行動をとり、「each other」はその愛情の対象、つまり彼らがお互いに愛し合っていることを表します。

簡単に言うと、「each other」は常に何かしらの行為や状態を示す動詞や前置詞に従って用いられ、それ自体が独立した主語として働くことはありません。

ただし少し注意しておきたいのが、例文のように日本語では自然ですが英語では”each other”を主語として使うことはできません。もし主語として使いたいのであれば、“each of 〜”を使って下記例文のようになります。

 

 

each of…

夫へ…

アイヴァン
Each of us need some help.
お互い助けが必要なんだ。

 

 

その他例文

  • Each of the books contains a different story.
    • それぞれの本に異なる話が含まれています。
  • Each of the players has their own strategy.
    • 各選手にはそれぞれの戦略があります。
  • Each of the members was asked to contribute ideas.
    • メンバー一人一人にアイデアの提供が求められました。

「each of…」の基本的な使い方

  1. 名詞とともに使う場合
    • 「each of」の後には複数形の名詞が続きます。
    • 例: Each of the students has a book.
      • 各生徒が本を持っています。
  2. 代名詞とともに使う場合
    • 「each of」の後には複数形の代名詞が続きます。
    • 例: Each of us needs to sign the document.
      • 私たち一人一人がその書類に署名する必要があります。

注意点

  • 動詞の一致: 「each of…」を用いた文では、通常、その後に続く動詞は単数形を用います。これは、「each of」が文中で個々の要素に注目しているためです。
  • 前置詞句の使用: 「each of」は前置詞句の一部であり、これにより「…の各々」という意味が生まれます。

 

 

“each other”の代わりに”us”や”ourself”は使えない

どのくらいの知り合いか聞かれて…

マイク
Ryo and I have known us/ourselves for 10 years now.
俺とリョウは10年来の知り合いだよ。

 

「each other」と「us」や「ourselves」は異なる文脈で使用されるため、直接的な置き換えは適切ではありません。「each other」を「us」や「ourselves」と置き換えることは、これらの単語が示す意味が根本的に異なるため、文の意味を変えてしまいます。相互作用を示したい場合は「each other」を、話し手を含むグループ全体を指したい場合は「us」を、自己参照の行動を示したい場合は「ourselves」を適切に使用することが重要です。これらの代名詞が持つ意味の違いを理解することが重要です。

「each other」

  • 「each other」は二人以上の主体が互いに対して行う行動や感情を示す際に使用されます。この表現は相互作用や相互関係を強調します。
  • 例: They help each other. (彼らはお互いに助け合います。)

「us」

  • 「us」は第一人称複数の代名詞であり、話し手を含むグループ全体を指します。これは一方向の行動や、話し手が含まれるグループ全体への行動を示す際に用いられます。
  • 例: He gave us a gift. (彼は私たちに贈り物をくれました。)

「ourselves」

  • 「ourselves」は反射代名詞で、第一人称複数の主体が自分自身に対して何かをする際に使用します。これは自己参照の行動や状態を示すために用います。
  • 例: We prepared ourselves for the trip. (私たちはその旅行の準備を自分たちでしました。)

 

 

同じ意味で”one another”も使うよ

パーティーで…

ロバート
Do you guys know one another?
自分らお互いのこと知ってるんかい?

 

 

その他例文

  1. The members of the team support one another.
    • チームのメンバーはお互いを支え合っています。

    この例文では、「one another」がチームメンバー間での支援や助け合いを表しています。

  2. They listened to one another’s opinions.
    • 彼らはお互いの意見に耳を傾けました。

    ここでは、「one another’s」を使って、グループ内の各個人が互いの意見に注意を払っている様子を示しています。

「one another」は、「each other」と同様に、相互作用や相互関係を示す英語の表現です。このフレーズは、二人以上の人々やグループ間で行われる行動や感情が互いに向けられていることを示すために用います。直訳すると「お互いに」となります。

使用法と意味

「one another」は主に三人以上の人々間の相互作用を示す際に使われることが多いですが、実際には二人の場合にも使用することができます。この表現を用いることで、グループ内の各個人が他の個人とどのように関わっているかを示すことができます。

「each other」との違い

「each other」と「one another」は非常に似ており、多くの場合、互換性があります。しかし、伝統的には「each other」は二人の間の相互作用を、「one another」は三人以上の間の相互作用を示すために使われるとされてきました。現代英語では、この区別は厳密には適用されず、どちらの表現も二人以上の相互関係を示すのに広く使われています。

まとめ

「one another」は、人々間の相互作用や関係性を表す便利なフレーズです。この表現を理解し、適切に使い分けることで、英語でのコミュニケーションがより豊かになります。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が、副詞?名詞?みんなが知らない”each other”の正しい使い方でした。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース