短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

英語記事作成方針

人間とAIのハイブリット作成

2023年1月から、当社の代表兼著者である横田涼は、英語情報に関する記事を作成する際にAIを活用しています。横田涼はこれまでの編集スキルと英語の知識を活かし、AIの文章生成能力と組み合わせることで、人間だけが作成するよりも、AIだけが作成するよりも優れたコンテンツ、つまり読者にとってより有益で役に立つコンテンツを提供できると信じています。

 

 

AIが有用であると考える理由

AIが有用であると考える理由は、作成スピードの速さ、そして誤字脱字から脱却です。仕事の生産性の向上のためにAIは有用だと判断しました。人間だとどうしても誤字脱字を起こしてしまいます。そして作成スピードに関しては言うまでもありません。

 

 

人間の知識や編集スキルが必要

しかし、もう一方でAIだけでは優れたコンテンツを作成するのは難しいです。必ず英語に精通した人間が必要です。なぜなら、AIは正しくない情報を正しいものと誤認識することがあるためです。その判断を正確に行うために、英語に熟達し、長年の経験を持つ著者横田涼のような専門家が必要です。

実際、AIによって作成されたコンテンツには誤りが含まれることがあります。その場合、人間が再調査を行い、正確な情報でAIに再編集を指示します。また、追加の有用な情報を人間の判断に基づいて組み入れることもできますが、この過程でもAIに指示を与えることで誤字脱字やわかりにくい表現を克服できます。

さらに、AIが抽出した表現がタイトルと一致しない場合もあります。このような場合、最終的に英語に熟練した人間が編集や修正を加えることができる必要があります。

さらに、コンテンツの構成をわかりやすく表示するためには、人間の編集スキルも不可欠です。この理由から、私たちは2023年から人間とAIのハイブリッドアプローチを採用しています。

 

 

それぞれの役割

著者

  • テーマの選定
  • 文章構成の作成(見出し)
  • タイトルと内容と正確性の確認
  • 編集(記事の内容または追加の情報)

AI

  • 文章作成