3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

生活の中で役立つ「I’m getting…」の使い方ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. 業界No.1の圧倒的なアウトプット量
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題と改善策の具体化、目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

こんにちは、RYO英会話ジムです。英語圏で生活していると頻繁に耳にするフレーズ「I’m getting…」。日常会話の中でさまざまなシチュエーションで使われるこの表現は、直訳すると「私は…を得ている」ですが、実際の使い方はもっと多岐にわたります。この記事では、「I’m getting…」の意味と使い方を、わかりやすく解説します。それでは、まいりましょう。

 

 

「I’m getting…」の意味と使い方

基本的に「I’m getting…」は何かを「得る」「感じる」「始める」といった状態の変化を表します。以下は使用頻度の高い言い回しです。

  • I’m getting hungry: 「お腹が空いてきた」
  • I’m getting tired: 「疲れてきた」
  • I’m getting ready: 「準備をしている」

 

 

無料トライアル実施中

例文

友人に…

マイク
I’m getting married.
結婚するんだ。

 

 

ジムで1時間半ほど運動した後に…

ナオミ
I’m getting tired.
疲れてきたわ。

 

 

3ヶ月の短期集中を終えて…

リョウ
I’m getting good at speaking.
話すのがうまくなってきたな。

 

 

子供がふざけていて…

アイヴァン
I’m getting mad.
怒るよ。

 

 

主語を変えて使ってみよう

もちろん、主語はI以外でもよいので次の例文のように表現できますよ。

午後6時を過ぎ….

マイク
It’s getting dark.
暗くなってきたね。

 

 

友人に好きな人ができて…

ナオミ
You’re getting crazy about the guy.
その男に夢中になってきてんじゃん。

 

 

getの直後に名詞も置ける

また形容詞だけでなく直後に名詞を置くこともできます。その場合あるものを近いうちに獲得する予定であるイメージです。それではいくつか例文を見ていきましょう。

転職の調子はどうか聞かれて…

マイク
I’m getting a job offer.
仕事決まりそうだわ。

 

 

車を買う予定で…

ナオミ
I’m getting a new car.
新しい車を買うんだ。

 

 

病気についても表現できる

そして病気にも使えますがこの場合は名詞を直後においてその状態になりつつあるという時に使われます。

歯が少し痛くて…

マイク
I’m getting a tooth ache.
歯が痛くなってきた。

 

 

寒気がして…

アイヴァン
I’m getting a cold.
寒気がしてきたわ。

 

 

 

言い換え可能な表現

I am becoming…

「…になりつつある」

I start to feel…

「…を感じ始める」

It’s starting to…

「…し始める」

 

関連する語彙と例文

Acquire

「獲得する」

  • I’m acquiring a taste for coffee.
  • 「コーヒーの味が分かるようになってきています。」

Undergo

「経験する」

  • I’m undergoing a lot of changes this year
  • 「今年は多くの変化を経験しています。」

Commence

「始める」

  • I’m commencing my studies at university.
  • 「大学での勉強を始めています。」

 

 

押さえておくべきポイント

  • コンテキストによって意味が変わることが多いため、周囲の文脈をよく理解しましょう。
  • 継続中の状態や変化を示す時によく使われます。
  • 日常的な会話でよく用いられるため、耳を慣らしておくと理解が深まります。

 

 

 

 

getに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「I’m getting…」は日常英会話で非常によく使われるフレーズです。今回ご紹介した内容を参考にしながら、実際の会話の中で活用してみてください。自然な英語表現を身につける第一歩として、是非覚えておきましょう。以上が”I’m getting 〜.”の意味とその使い方【変化を伝える】でした。それでは、See you around

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・アウトプット特化の実践トレーニング
・レッスン内で発言内容の見える化と添削
・課題と改善策の具体化、目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム