”I’m getting 〜.”の意味とその使い方

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんちは、リョウです。

今日は、”I’m getting 〜.”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、さらに自然な英語表現ができるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

”I’m getting 〜.”の意味とその使い方

友人に…

マイク
I’m getting married.
結婚するんだ。

 

ジムで1時間半ほど運動した後に…

ナオミ
I’m getting tired.
疲れてきたわ。

 

3ヶ月の短期集中を終えて…

リョウ
I’m getting good at speaking.
話すのがうまくなってきたな。

 

子供がふざけていて…

アイヴァン
I’m getting mad.
怒るよ。

 

”I’m getting 〜”は、直後に形容詞を置いて「〜(の状態に)なってきている」という意味の英語表現です。ポイントは進行形で”get”「得る」するところまで行っておらずそこへ向かっている最中を表現しています。

もちろん、主語はI以外でもよいので次の例文のように表現できますよ。

午後6時を過ぎ….

マイク
It’s getting dark.
暗くなってきたね。

 

友人に好きな人ができて…

ナオミ
You’re getting crazy about the guy.
その男に夢中になってきてんじゃん。

 

 

名詞も置けるよ

また形容詞だけでなく、直後に名詞を置くこともできます。その場合、あるものを近いうちに獲得する予定であるイメージです。それでは、いくつか例文を見ていきましょう。

転職の調子はどうか聞かれて…

マイク
I’m getting a job offer.
仕事決まりそうだわ。

 

車を買う予定で…

ナオミ
I’m getting a new car.
新しい車を買うんだ。

 

そして病気にも使えますが、この場合は形容詞を直後にニュアンスと同じでその状態になりつつあるという時に使われます。

歯が少し痛くて…

マイク
I’m getting a tooth ache.
歯が痛くなってきた。

 

寒気がして…

アイヴァン
I’m getting a cold.
寒気がしてきたわ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”I’m getting 〜.”の意味とその使い方でした。

それでは、See you around

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。