”beat around the bush”の意味とその使い方【遠回し】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”beat around the bush”の意味とその使い方【遠回し】についてお話します。この記事を読めば英語表現がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

“beat around the bush”の意味とその使い方

女の子との2ショット写真がバレて…

ナオミ
Are you cheating on me? Who’s she?
浮気してるでしょ?この子誰よ?
マイク
We are kind of friends and she invited me to her birthday party last time.
友達みたいか感じで前回は彼女の誕生日パーティーに招待してもらったんだ。
ナオミ
Stop beating around the bush. Answer with yes or no.
はっきり言ってよ。「はい」か「いいえ」で答えて。

 

“beat around the bush”は話の大事な部分は避けて遠回しに伝えるときや、真実をなかなか伝えないときに使えるイディオム表現で、「遠回しにいう」という意味です。アメリカ英語では”around”を使いますがイギリス英語の場合は”beat about the bush”と言いますよ。例文のように”stop”と一緒に使うことが多く、その直後に”Answer with yes or no.”や”Answer my question.”そして、”Tell me the truth.”などの命令文がくることも多いです。

 

 

じゃあ「はっきり言う」は英語で何て言うの?

では、「はっきり言う」を英語で言うはどうなのって気になると思いますが、その場合に2つよく使われる表現がありますので、覚えておきましょう。

“cut to the chase”

遠回して話してくる相手に…

マイク
What are you trying to say? Cut to the chase.
何を言おうとしてるの?はっきり言って。

 

 

“get straight to the point”

友人へ…

リョウ
Let me get straight to the point. I don’t think he is the one for you.
はっきり言わせてもらうわ。あいつはおまえの運命の人やない。

 

 

“straight”はつけてもつけなくてもよいです。

 

 

「伝える」に関連する記事

共感に使える”Tell me about it”の意味とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”beat around the bush”の意味とその使い方【遠回し】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出