短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

英会話を始めるのに年齢は関係はない?海外で9年間英語を使ってきた僕が感じたこと

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は、英語を始めるのに年齢は関係があるのかについて少し話したいと思います。特に「今から英語なんて遅い。」を考えている方に向けてこの記事を書きました。それでは一つずつ見て行きましょう。

 

 

今から英語を始めるには遅すぎるの?

小さな積み重ねを楽しめることが大事

大人になって、英語を始めたいと思っているけど、今から英語を始めるには遅すぎると思っていませんか?結論から言うと、英語を話せるようになるのに、年齢は関係ありません。私自身、22歳までまったく英語を話せませんでした。始めた当初は中学レベルの文法をある程度把握していたくらいでした。

でもそこから少しずつ自分ができることを少しずつ継続的にやっていきました。例えば、最初は文法書を見直し、その後、リーディングで音読を毎日10分ノルマにして、その後、短期留学に行って、さらに長期留学、そしてワーホリのように英語に触れる時間を徐々に増やしていきました。

そして結果、今ではスクールを運営するまでに至りました。それも小さな積み重ねを楽しんでやることができたからだと思っています。私の母も、50歳からイタリア語を初めて、今(60歳)では、日常会話は問題なく話すことができます。なぜなら諦めることなく継続的に楽しんでやっているからです。

なので少しでも良いので、まずは自分のためになる英語の学び方を始めてください。

 

 

今では日本語と同じように話せる

22歳から英語を始めて、だいたい2年くらいで間違いはありながらも自分の言いたいことはある程度伝えられるようになりました。

今では、それから8年経ちましたが、日本語と同じような回路で、いわゆる英語脳を使って同じように何不自由なく話せるようになりました。第二言語として英語を話す方は、この英語脳を手に入れる方法を知る必要があります。なぜなら英語脳を作るには方法があるからです。

ここで説明するととても長くなってしまうので、別記事の英語脳を作る!スピーキング力が倍にアップする正しい音読のやり方と隠された4つの効果をご覧ください。

 

 

年齢が関係ない科学的根拠がある

英語はスポーツです。つまり、英語を話すためには、鍛える必要があるとうことです。なぜならスピーキング力を強化するのは運動記憶と呼ばれる記憶を強化する必要があるからです。例えば40歳や50歳になっても、新しいスポーツを始めて、うまくなることはできますよね?スピーキングを鍛えるのもそれと同じです。

ただし一つ知っておきたいのは、年齢によって上達の速度が違うことは明らかです。スポーツも同じです。20歳で野球を練習するのと、50歳になってからそれを練習するのでは、上達速度は違うはずです。英語も同じで、ある程度年齢が若い頃にスピーキングを鍛えたほうが伸びやすいのは確かです。

実際にスクールの生徒様のデータから見ても年齢が若いほどレベルの伸び幅は高くなってきます。

 

 

ある生徒さんとの出会いで年齢と場所は関係ないと知った

55歳から英語をスタート

私の場合、22歳からのスタートでしたが、今まで会った生徒さんの中には、55歳になってから英語を始めた方がいました。その方もゼロの状態で英語を始めて、約4年間である程度話せるようになったとおっしゃっていました。今では何の不自由なく英語を話すことができます。

 

 

海外旅行の経験もない?

あまりにもペラペラと英語を話すので、てっきり海外留学の経験があると思っていました。しかし、その方はまだ海外旅行にすら行ったことがないそうです。それなのに、どうしてそんなに英語が上達したのか尋ねると「楽しんで継続してやっているから。」と言いました。やはり継続は力なりですね。

 

 

目標があるのも上達の鍵

彼女の将来の夢(老後)は、セブ島でゆったりと暮らすことだそうです。そのような考えるだけで、ワクワクするような目標を持っていると、苦を感じずに継続できるのだと思います。

 

 

まずは小さな一歩から

確かに年を重ねるにつれて、新しいことを学ぶのが難しくなってくるかもしれません。でも年齢を理由にして新しく何かを学ぶことを避けていたら何も始まりません。最終的には「学びたい」という気持ちが一番重要になってきます。

英語を始めたいと思ったとき、年齢のことは考えずにまずは小さな一歩を踏み出しましょう。どれだけ小さな目標でも大きな目標でもそれを成し遂げるには、まず小さな一歩が必要です。その一歩がなければ何も変化は起きません。

 

 

後は習慣化するだけ

例えば

  • 1日1単語目に触れる
  • 英会話フレーズやイディオムを紹介したブログに1日1回は見る
  • 1日10分間だけ英語の文章を読む
  • オンライン英会話を始めてみる
  • 携帯の言語を英語にする
  • 洋画を1週間に1回見る
  • 面白そうな英語のYoutubeを定期的に見る
  • 1日5回英語の文章を音読する

などなどできることはたくさんあります。英語を話せるようになるために必要な無理のない小さな一歩から始めてみましょう。そうすれば、英語学習においてだけではなく、人生そのものに対しても前向きになれると思いませんか。

 

 

まとめ

では最後にお伝えした内容を簡単にまとめておきます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

学習に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?少しでもあなたのプラスになるメッセージであれば嬉しいです。それでは、また会いましょう。

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース