未来の話に使える”down the road”の意味とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は未来の話に使える”down the road”の意味とその使い方についてお話します。未来の話をする際に使えるイディオム表現です。この記事を読むことで、上級者に一歩近づきますしさらに表現力がアップするでしょう。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

未来の話に使える”down the road”の意味とその使い方

何かやりたいことはあるか聞かれて聞かれて…

アイヴァン
Down the road, I’d like to study abroad.
将来、留学をしたいです。

 

大学を卒業して友人へ…

ウィル
I will be a successful business person 5 years down the road
5年後の将来、成功したビジネスパーソンになってやるよ。

 

旅行先で知り合った外国人の友人へ…

スタローン
I hope to see you somewhere down the road.
将来いつかまたお会いできるのを楽しみにしてます。

 

いかがでしたでしょうか。down the roadは「将来(に)」という意味で、さらに最終的にはこうなるだろうというニュアンスも含まれています。簡単な英語で表現するとin the futureですね。かっこよく表現したい場合には今回のフレーズはピッタリです。例文について少し触れると、2つ目に関してはdown the roadの直前に年数を入れることで「〜年後の将来」という意味で表現することができます。さらに3つ目に関しては、somewhere「どこかで」がありますが、これは場所についてではなくsomewhere down the roadで「将来いつか」という意味になります。

 

 

そのままの意味になることもある

紹介しているdown the roadはイディオムですが、一方でそのままの意味で使われることもたびたびあります。その場合は「道の向こうで」という意味になります。

ガソリンスタンドはどこにあるか聞かれて…

ナオミ
There is a gas station down the road.
道路の向こうにガソリンスタンドがありますよ。

 

友人と会って、お昼にランチをしようという話になって…

リョウ
There is a nice restaurant down the road. Why don’t we go there?
道の向こうに素敵なレストランがあるんだ。行かない?

 

このようにdown the roadはそのままの意味で使うこともできます。

 

 

まとめ

down the roadをそのままの意味で使うことはできるかもしれませんが、さらに上級のスピーカーになるためにはイデォム表現を使いこなせるようにならないといけません。今回のフレーズもその一つです。実践やレッスンで是非試しに使ってみてください。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が未来の話に使える”down the road”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出