確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「Out of Proportion」の意味とは?使い方を徹底解説!

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。本日は、「out of proportion」というフレーズの意味と使い方を詳しく解説いたします。この表現は日常会話で頻繁に用いられるため、ぜひマスターしていただきたいと思います。この記事を通じて、あなたの語彙力をさらに向上させることができるでしょう。それでは、さっそく学んでいきましょう。

 

 

意味

「out of proportion」というフレーズには、「不釣り合いなサイズや量」という意味があります。しかし、日常会話ではこの表現はしばしば「blow something out of proportion」と「get something out of proportion」という形で使われます。

これらのイディオムは、「物事を必要以上に大げさに捉える」や「問題を過剰に重く見る」といった意味合いで用いられます。もっと簡潔に表現すると、「実際よりも事柄を深刻に扱う」ということになります。

 

 

無料トライアル実施中

由来

「out of proportion」という表現の由来は、数学的な概念と美術の分野から来ています。元々、比例(proportion)は数学において関連する数値間の一定の関係を指します。美術においても、この比例は作品における形、サイズ、量の調和とバランスを示すために使用されます。

この背景から、「out of proportion」という表現が生まれました。このフレーズは、もともとの意味が「比例していない」、つまり「バランスが取れていない」や「不釣り合いである」という意味で使われていました。時間が経つにつれて、この表現は比喩的な意味を帯びるようになり、「事態を必要以上に大げさにする」や「問題を過剰に重く見る」といった心理的、感情的な反応を指すようになったのです。

 

 

よく使う言い回し

「out of proportion」という表現は、様々な文脈で使われることがありますが、以下は特に一般的な使い方の例です:

Blow something out of proportion

何かを不必要に大げさにする、または過剰に反応することを意味します。特に、小さな出来事や問題が、話されるうちに大きく誇張される場合に使われます。

例:(He just made a joke, but she blew it out of proportion.)「彼はただの冗談を言っただけなのに、彼女はそれを大げさに受け取り、事態を吹き飛ばしてしまった。」

Get something out of proportion

何かを誤って過大評価したり、誤解したりすることを指します。このフレーズは、物事の重要性を不適切に評価する様子を表現します。

例:(He misinterpreted the meaning of the comment and got it completely out of proportion.)「彼はそのコメントの意味を誤解し、完全に誇張してしまった。」

Out of proportion to

何かが他のものに比べて不均衡または不釣り合いであることを示す際に使用します。これは通常、何かが期待や一般的な標準に対して過剰または不足している場面で使われます。

例:(His reaction was completely out of proportion to the actual event.)「彼の反応は、実際の出来事に比べて全く釣り合わないものだった。」

これらの表現は、日常会話や書き言葉でよく使用され、感情的な反応や評価の誤りを表す際に役立ちます。

 

 

例文

会議で同じ問題を何度も議論している内に…

ウィル
I feel the issue is getting out of proportion.
この問題大きくなりすぎている気がする。

 

 

コロナのニュースでやたら危機感を煽っていて…

ナオミ
As usual, the media blows things out of proportion.
いつも通り、メディアは騒ぎすぎなんだ。

 

 

いつのまにか大きな喧嘩になっていて…

ナオミ
You’re blowing the whole thing out of proportion!
君はことを大きくしすぎなんだよ。

 

 

また物のサイズに対してもこのout of proportinoは使うことができます。

母が花瓶をテーブルに飾り…

リョウ
This vase looks out of proportion on this small table.
この花瓶はこの小さいテーブルのサイズに合ってないよ。

 

 

 

ロールプレイのシナリオ: オフィスでの誤解

英語の会話

  • Person A: “Did you hear that Jake accidentally deleted the old project files?”
  • Person B: “Yes, but everyone is blowing it out of proportion. He recovered most of them, and the rest can be easily redone.”
  • Person A: “That’s true. It’s not as bad as some are making it out to be.”

和訳

  • 人物A: 「ジェイクが古いプロジェクトファイルを誤って削除したって聞いた?」
  • 人物B: 「うん、でもみんなそれを大げさにしているよ。彼はほとんどのファイルを復旧できたし、残りのファイルも簡単に作り直せるんだ。」
  • 人物A: 「確かに。一部の人が言うほど悪い状況じゃないね。」

このロールプレイでは、「out of proportion」の表現が効果的に使われており、小さなミスが過剰に大きな問題として扱われていることを示しています。

音声

 

 

似た英語表現

Make a mountain out of a molehill

英語の例文: “He’s just late by a few minutes, don’t make a mountain out of a molehill.”

和訳: 「彼は数分遅れただけだよ、大げさにしないで。」

解説: この表現は「小さな問題を大問題にする」という意味で、「out of proportion」と同じように過剰反応を指摘する際に使われます。文字通りには「モグラの穴から山を作る」という意味です。

Blow out of all proportion

英語の例文: “She blew his comment out of all proportion, causing unnecessary drama.”

和訳: 「彼女は彼のコメントを不必要に大げさにして、余計な騒動を引き起こした。」

解説: この表現も「out of proportion」と同様に、何かを必要以上に大げさにすることを意味しますが、「全ての割合を超えて」という点でさらに強調されています。

Exaggerate

英語の例文: “You’re exaggerating the difficulty of the task; it’s not that hard.”

和訳: 「その仕事の難しさを誇張してるよ;それほど難しくないよ。」

解説: 「exaggerate」は「誇張する」という意味で、事実以上に事柄を大きく見せることを表します。これも「out of proportion」と同じく、実際の事実よりも大きな影響や価値を与えてしまう行為を指します。

これらの表現はいずれも、現実よりも大きな問題を作り出してしまう心理的な反応を示すために使われることが多いです。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。

さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

out of proportionに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がout of proportionの意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム