短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

help yourselfの意味と使い方【招待客に使える】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「Help yourself.」というフレーズを耳にしたことはありますか?このシンプルで親しみやすい表現は、日常生活で頻繁に使われる英語の一つです。本記事では、「Help yourself.」の意味、使い方、注意点などをわかりやすく解説していきます。それではまいりましょう。

 

 

意味

「Help yourself.」の表現は、英語圏において非常にポピュラーで、日常生活の様々な場面で用いられます。このフレーズの直訳は「自分で助けて」となりますが、実際には「何でも好きなものを取ってください」「ご自由にお使いください」という意味で使われることが一般的です。この表現は、ホストがゲストに対して気軽に食事や飲み物を取るように、または自宅のあるアイテムを自由に使うように勧める際に特に役立ちます。

使う場面の詳細

  1. 食事会やパーティーでの食べ物や飲み物の提供時: ホストがゲストに対して、テーブル上に並べられた食べ物や飲み物を自由に楽しむように促すときに「Help yourself.」を使います。このフレーズは、ゲストに遠慮なく好きなものを取ってもらいたいというホストの意向を伝えるために用いられます。
  2. 自宅におけるゲストへの寛容さの示し方: 誰かが自宅を訪れた際、彼らにリラックスしてもらいたいと思うのは自然なことです。「Help yourself to any snacks in the kitchen.」や「Feel free to help yourself to the books on the shelf.」といった言い方で、ゲストが自宅の中で自由に行動できることを伝えることができます。
  3. オフィスや職場での利用: 職場でも、例えば共有の飲み物や文房具に対して「Help yourself.」を使うことがあります。これにより、同僚や部下に対して物資を自由に使うことを許可し、より快適で協力的な環境を促進します。

その他の関連場面

  • イベントやミーティングでの資料配布時: 会議やセミナーで資料やパンフレットを配る際に「Help yourself to the handouts.」と言うことで、参加者に自分で資料を取るよう促すことができます。
  • 友人や家族との非公式な集まり: 親しい人々が集まる際には、さらにカジュアルな形で「Grab whatever you like from the fridge.」や「Just help yourself to drinks.」という風に使うことができます。

このフレーズは、ゲストに対する思いやりと歓迎の気持ちを示す素晴らしい方法です。それは、ホストがゲストの快適さを第一に考え、彼らに自宅やイベントでの自由と自立を促す意志があることを示します。

 

 

例文

家に招待した友人と夕食を食べていて…

マイク
Can I have some more soup?
もう少しスープをもらってもいい?
リョウ
Sure, help yourself.
もちろん、ご自由にどうぞ。

 

 

会議で上司から…

マイク
Guys, if you like coffee or tea, please help yourselves.
みんな、もしコーヒーかお茶ほしいなら、ご自由にしてくださいね。

 

 

ホームパーティーを開いて…

スタローン
There’s plenty of food. Help yourselves.
たくさん食べ物がありますよ。ご自由にしてください。

 

 

家に遊びに来た友人が…

ナオミ
Can I have one of these cookies?
このキックー一つもらってもいい?
アイヴァン
Help yourself.
ご自由に。

 

 

 

その他例文

  1. “Help yourself to some cookies.” (クッキーをご自由にどうぞ。)
  2. “Feel free to help yourself to coffee.” (コーヒーはご自由にお取りください。)
  3. “If you’re hungry, help yourself to the snacks in the kitchen.” (お腹が空いたら、キッチンのスナックを自由に食べてください。)

疑問文でも使える

また命令形ではなく疑問文で使うこともあります。以下例文を見てみましょう。

友人からもう少しカレーを食べていいか聞かれて…

ナオミ
Can you help yourself? I’ll bring some beer for us.
自由に取ってもらえる?ビールをいくつか持ってくるよ。

 

 

このように自分は何か用事があって、相手にある種勝手にやってもらいたいときに疑問文で使うこともできます。

食べ物や飲み物以外でも使える

訪れた旅行代理店で…

マイク
Do you mind if I take a brochure?
パンフレットをもらってもよろしいですか?
ナオミ
Sure, help yourself.
もちろん、ご自由にどうぞ。

 

 

このように飲食だけでなくある物に対しても相手に許可なく自由にしてもらいたいときに使えます。

 

 

注意点

  1. 文脈の適切性:「Help yourself.」は友人や家族など、親しい関係の中で最も自然に響きます。しかし、ビジネスミーティング、公式なレセプション、または上司や重要なクライアントとの食事会など、よりフォーマルな場面では適切でない可能性があります。このような状況では、相手に対する敬意を示すためにもっと礼儀正しい表現を選ぶことが重要です。
  2. 代替表現の使用: 公式の場や、相手との関係性がフォーマルである場合、「Please feel free to…」や「I invite you to…」といった表現がより適切です。たとえば、「Please feel free to help yourself to refreshments.」や「I invite you to enjoy the buffet at your convenience.」という言い回しが考えられます。これらの表現はより礼儀正しく、公式な状況にマッチします。
  3. 誤解を避ける: カジュアルな状況でさえ、「Help yourself.」と言う際には、対象が明確であることを確認してください。たとえば、特定の食べ物や飲み物、アイテムに対してこのフレーズを使う場合、それが何であるかを具体的に指示することが重要です。曖昧さは誤解を招く可能性があるため、対象を明確にすることで、ゲストが何を自由に使ってよいのかを理解できるようにします。

実践的な例

  • カジュアルな例:「Help yourself to some snacks.」(スナックをご自由にどうぞ。)
  • フォーマルな例:「Please feel free to enjoy the selection of pastries we have prepared.」(ご用意したペイストリーの中からお好きなものをお召し上がりください。)

 

 

実践的な練習問題

あなたがホストで、ゲストに飲み物や食べ物を勧めたいとき、どのように「Help yourself.」を使いますか?状況を想像して、3つの異なる例文を作成してみましょう。

1. カジュアルなホームパーティー

例文: “We have a variety of pizzas and sodas in the kitchen. Help yourself and let me know if you need anything else!”

和訳: 「キッチンにはピザとソーダがいろいろあります。ご自由にどうぞ、他に何か必要なものがあれば教えてください!」

状況解説: このシナリオでは、ホストが自宅でカジュアルなパーティーを開催しており、ゲストに対してリラックスして食事を楽しんでもらいたいと考えています。提供されている食べ物と飲み物の種類を示し、さらにサポートが必要かどうかを尋ねることで、ゲストに気を使わせず、同時にホスピタリティを示しています。

2. 職場でのミーティング

例文: “There are coffee and pastries on the table for everyone. Please help yourself before we start the meeting.”

和訳: 「テーブルの上にコーヒーとペイストリーを用意しています。ミーティングを始める前に、どうぞご自由にお取りください。」

状況解説: このシナリオでは、ミーティングの前に参加者に飲み物や軽食を提供しています。このように「Please help yourself」と前置きすることで、フォーマルな環境でも礼儀正しく、かつ親しみやすくオファーをすることができます。また、ミーティングの開始前にリラックスした雰囲気を作り出すのに役立ちます。

3. 友人の家での映画の夜

例文: “I’ve set up a snack bar in the living room with popcorn, chips, and chocolates. Help yourself whenever you want during the movie!”

和訳: 「リビングルームにポップコーン、チップス、チョコレートのスナックバーを設置しました。映画を見ながら、いつでも自由にどうぞ!」

状況解説: このシナリオでは、映画鑑賞をより楽しむために、スナックを自由に楽しめるように準備しています。このフレーズを使うことで、映画を見ている最中でもゲストが自分の好きなタイミングで食べ物を取れるように促し、カジュアルでリラックスした雰囲気を作り出しています。

 

 

返答のバリエーション

「Help yourself.」というフレーズに対する返答は、その場の雰囲気や自分の感情を表現する絶好の機会を提供します。以下は、このフレーズに対する返答のバリエーションと、それぞれの使用時のニュアンスや適切な場面についての解説です。

1. “Don’t mind if I do.”(遠慮なくいただきます。)

この返答はカジュアルな状況で使用すると良いでしょう。自分が提供されたものを喜んで受け取る意欲を示すと同時に、軽いユーモアのセンスも感じさせます。このフレーズは、オファーを気軽に、そして楽しく受け入れる姿勢を示します。特に友人や家族といった親しい関係の中で、自分がリラックスしていることを伝えたいときに適しています。

2. “Thank you, I will.”(ありがとうございます、いただきます。)

よりシンプルで礼儀正しい返答です。この言葉は、提供されたものをありがたく受け入れるという意思を明確に示しつつ、感謝の気持ちを表します。カジュアルからセミフォーマルな場面まで幅広く使える万能な返答で、相手の好意に対して敬意を払うことを重視する場合に特に適しています。

3. “That’s very kind of you, thanks.”(親切にしていただき、ありがとうございます。)

この返答は、相手の好意や親切に対する深い感謝を表現します。相手の行為が自分にとって特別な意味を持っていることを示し、その親切に敬意を表します。よりフォーマルな場面や、相手の行為に対して特に感謝したいときに最適な返答です。このフレーズは、相手との関係を深めるためにも有効で、礼儀正しさと同時に親密さも伝えられます。

 

 

似たような表現

1. “Make yourself at home.”(ご自由にお過ごしください。)

例文: “Please, make yourself at home. The living room has plenty of books and games you can enjoy.” (どうぞ、ご自由にお過ごしください。リビングルームには楽しめる本やゲームがたくさんあります。)

和訳: 「どうぞおくつろぎください。リビングには本やゲームがたくさんありますので、お楽しみいただけます。」

解説: この表現は、自宅を訪れたゲストに対してリラックスしてもらいたいときや、自分の家が彼らの家のようであることを感じてほしいときに使用します。これは、ホスピタリティの高さを示す表現であり、ゲストに対して親しみやすい環境を提供する意向を伝えます。

2. “Feel free.”(どうぞご自由に。)

例文: “If you need to use the phone, feel free.” (電話を使う必要があれば、どうぞご自由に。)

和訳: 「もし電話を使う必要があれば、遠慮なくどうぞ。」

解説: 「Feel free.」は、相手に何かをする許可を与える際に使用します。この表現は非常に柔軟で、様々な状況に適応できるため、相手に行動の自由を与えたいときに便利です。このフレーズにより、相手に対する信頼と快適さを提供することができます。

3. “Serve yourself.”(自分で取ってください。)

例文: “Dinner is ready. Serve yourself to the buffet.” (夕食の準備ができました。ビュッフェから自分で取ってください。)

和訳: 「夕食が準備できました。ビュッフェからご自由にお取りください。」

解説: 「Serve yourself.」は、特に食事の場面で使用され、ゲストに自分で食べ物を取り分けるよう促します。この表現は、カジュアルな食事会やビュッフェスタイルのイベントで特に役立ち、ゲストに対して柔軟性と選択の自由を提供します。

 

 

関連する語彙

1. “Portion”(一人前)

例文: “Please take one portion of the cake.” (ケーキは一人前ずつ取ってください。)

和訳: 「ケーキは一人前ずつお取りください。」

解説: 「Portion」は、食べ物の分量や一人分の量を指す際に使用されます。この単語を使うことで、食べ物の配分を明確にし、各ゲストが等しく楽しめるようにします。

2. “Refill”(おかわり)

例文: “Help yourself to a refill of coffee.” (コーヒーのおかわりはご自由にどうぞ。)

和訳: 「コーヒーのおかわりは自由にどうぞ。」

解説: 「Refill」は、飲み物や食べ物の追加分を指す際に用いられます。この表現は、ゲストが自分のカップや皿を再度満たすことを奨励する際に便利で、ゲストが自分のペースで食事や飲み物を楽しむことができるようにします。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

help yourselfに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「Help yourself.」は、日常的に使える非常に便利なフレーズです。この記事を通して、その使い方やニュアンスを理解し、実生活で活用してみてください。おもてなしの心を表現する際に、このフレーズが役立つでしょう。以上が”help yourself”の意味と使い方【招待客に使える】でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース