英語を勉強しても記憶に残らない方へ!強い記憶を残す2つの方法

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は英語を勉強しても記憶に残らない方へ!強い記憶を残すため2つの方法についてお話します。今からお伝えする2つの方法を組み合わせることであなたの記憶力を強化することができます。

もし記憶力が悪いと思っている方は、おそらくこれら2つの方法をやっていないかと思いますのでこれを機会にぜひ試してみてください。この記事を読んで実行に移していけば、英語がさらに効率的に上達していきます。それでは、まいりましょう。

 

 

1. 感情を引き起こそう

1つ目は英語を勉強する際、感情を引き起こすことで記憶に残りやすいと科学的に言われています。もう少しわかりやすくいうと、経験を通じて英語を学習し感情を揺さぶることです。

例えば、英語の小説や映画、そして音楽を聞いたりすることで感情が揺さぶられるのでそこで耳にしたり聞いた単語や表現というのは覚えやすい傾向があります。

RYO英会話メソッドのエピソード記憶の部分にあたりますが、実践形式にしているのは、実は経験や考えを話したり、物語を作ったりすることで感情を揺さぶり学習効率を高めるためでもあります。

 

小さな「失敗」と「成功」を利用しよう

さらに強い感情を起こせば、記憶に残りやすいと科学的に言われます。英語学習の場合だと、さらに効率的に記憶を残すには小さな「失敗」と「成功」を積み重ねることです。

例えば、レッスンでただ読んだり聞いたりしていては、その情報というのは正直左から右へ流れていくだけになってしまっています。

そうではなくて、実践の場面で話して間違えてたくさん恥をかいたり、頑張って覚えたフレーズが伝わってめちゃくちゃうれしい気持ちになったりすることで、使った言葉への意識が高まり記憶に残る一歩を踏むのです。そういった小さな「失敗」と「成功」を英語学習の中でも繰り返しましょう。

RYO英会話で実践形式で常に添削を入れるのは、「恥」や「悔しさ」、「うれしさ」などの感情を引き起こして学習効率を上げるためです。

※悪意はありませんのでどうぞお許しください(笑)

 

 

2. 反復を繰り返す

2つ目は、反復を繰り返すことで記憶に残りやすいと科学的に言われています。なぜ反復練習を繰り返すことが強い記憶を作りやすいかというと、記憶には感覚、短期、長期記憶と3段階のレベルがあります。

最後の「長期記憶」のところへ持っていくには、1で述べたこともそうですが、反復練習が大変効率的です。この記憶メカニズムついては別記事でまとめていますのでお時間のございますときにどうぞご覧ください。

記憶力アップのために知っておくべき記憶の3段階と実践トレーニングの活用法

2018年6月14日

なので、一度学んだものやレッスンでやったものをそのまま放置しておくのではなく、反復することを習慣にしましょう。

 

長期記憶に入れることを目標にしよう

英会話に近道があるとすれば、やったものを定期的にコツコツ反復練習してこの「長期記憶」に入れることです。

そうしないと、いつまでたっても記憶に残らず時間とお金だけがどんどん減っていってしまうという状態にもなりかねません。だからRYO英会話のレッスンでやった内容に関しては、定期的な「音読」を強くオススメしているのはこのためです。

ちなみに音読は「リスニング力」と「流暢性」を高める効果があるので、まさに一石二鳥でスピーキングには大変効率的です。音読の方法に関しては、別記事で書いているのでよかったらどうぞご覧ください。

英語脳を作る!スピーキング力が倍にアップする正しい音読のやり方と隠された4つの効果

2018年5月22日

 

セルフイメージを決めて習慣化する

反復練習をスタートする上で、必ずやっておきたいのが「セルフイメージを決める」ことです。何事も決めないと動き出しません。このセルフイメージについては、別記事でまとめているのでよかったらどうぞご覧ください。

英語学習の目標設定よりセルフイメージの持ち方がかなり重要な件

2016年6月22日

だから、まず自分が英語を通じてどういった目標や夢を実現したいのかを明確にできれば、紙に書いて見えるところに貼っておいたり、友人や家族に宣言してみるのもアリです。

そうすることで、やらないとヤバイという意識や責任が生まれてさらに効率的な目標達成が可能になると思っています。一旦セルフイメージを決めたら、そこから必要な学習をやっていくことになりますが気をつけておきたいのは大きな変化を加えないことです。

急に毎日1時間音読をやるといった場合、負荷がかかりすぎて挫折してしまう可能性を自ら高くしてしまっているので、1日 最低5分は音読するなどできる限り小さなノルマを自分にかしましょう。

一般的に習慣になるまで2ヶ月ほどかかると言われていますので、まずはそこを目標にして反復練習をしてみましょう。ぜひ試してみてください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が英語を勉強しても記憶に残らない方へ!強い記憶を残す2つの方法でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。