”I didn’t mean that”の意味とその使い方【誤解されたときに】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”I didn’t mean that”の意味とその使い方【誤解されたときに】についてお話します。この記事を読めば今日よりさらに英語力が少しアップするでしょう。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”I didn’t mean that”の意味とその使い方【誤解されたときに】

友人の知人を紹介されて、背がとても高く…

マイク
You’re really big.
すごくでかいですね。
スタローン
Am I fat?
太ってますか?
マイク
I didn’t mean that. I meant you are tall.
そういう意味じゃないですよ。背が高いって言いたかったんです。

 

同僚から…

ウィル
Can you call me a taxi?
タクシーを呼んでくれる?
アイヴァン
Hi, Mr. Taxi.
やぁ、タクシーさん。
ウィル
I didn’t mean that. Stop cracking a joke.
そういう意味じゃないよ。冗談はやめてくれ。

 

上司から週末働けるか聞かれて…

ナオミ
Sorry, I can’t work every weekend. That is too tiring.
すみません、毎週末働くことはできません。すごく疲れますよ。
スタローン
I didn’t mean that. I meant this weekend.
そういう意味じゃないよ。今週末ってことだよ。

 

いかがでしたでしょうか。I didn’t mean thatは「そういう意味じゃない」という意味です。相手に誤解された時に言いたかったことを訂正する際に使える英語表現です。日本語訳は現在形になっていますが、例文のような状況では過去の発言内容を対象にするので英語は過去形のほうが自然です。2つ目の例文の冗談についてさらに詳しく知りたい方は「冗談だよ」の英語表現5選とその使い方よりご覧ください。さらに訂正する際に、「〜っていうことだよ」と言いたいときは例文のようにI meant 〜とmeanの過去形を使うとよいです。

 

 

同じ意味の表現も覚えておこう

I didn’t mean thatと同じ意味の表現もあります。以下を押させておくとよいです。

類似表現
  • I didn’t mean it (in) that way.
  • That’s not what I meant.
  • I didn’t mean it like that.

さらに詳しくは「そういう意味じゃない」の英語表現3選とその使い方よりご覧ください。

 

 

I didn’t mean to 〜も知っておこう

さらに望んでいたことと違う行動や発言をとってしまった場合に「〜するつもりじゃかった」と言いたいときもあります。今回のフレーズの少し応用編になりますがこちらも大変よく使います。詳しくは”I didn’t mean to + 動詞”の意味とその使い方よりご覧ください。

 

 

meanに関連する記事

「〜するつもりじゃなかった」の英語表現4選とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”I didn’t mean that”の意味とその使い方【誤解されたときに】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出