3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ネイティブ発音を身に着けるなら必ず知っておきたいリエゾン記事3選

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. 業界No.1の圧倒的なアウトプット量
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題と改善策の具体化、目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。自然な英語を話すために必ず身につけておきたいネイティブ発音が3つあります。僕が今まで英語を話してきてまずこの3つは、本当によく使います。英会話初心者の方にも知ってもらって実際に使ってほしいと思っています。それでは一つずつ記事を紹介していますので、下記リンクよりご覧ください。

 

 

Youtubeで見る

 

 

無料トライアル実施中

“want to”の発音

「〜したい」という意味の”want to”。本場の英語圏では”want to”とそのまま発音することはほとんどありません。ネイティブ発音定番中の定番である”want to”のネイティブ発音をマスターしましょう。

 

 

“going to”の発音

未来の予定を表す意味の”be going to”知っていますよね。”I’m going to work.”や”Are you going to sleep?”など、実際の日常会話では、”going to”とは発音しないことがほとんどです。本場の英語では、下の記事で紹介する音で発音するのがとても一般的です。是非マスターしましょう。

 

 

“have got to”の発音

私たち日本人は、学校で「〜しなければならない」と言う時に”have to 〜”を習いましたが。しかし、実際の日常会話では”have to 〜”の代わりに、下の記事で紹介する”gotta”を頻繁に使います。こちらも是非押さえておきましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?RYO英会話では、他にもたくさんのネイティブ発音を紹介していますので、是非ご覧ください。それでは、See you next time!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・アウトプット特化の実践トレーニング
・レッスン内で発言内容の見える化と添削
・課題と改善策の具体化、目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム