スッキリ!be動詞直後に来るoverは形容詞それとも副詞?

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はbe動詞直後のoverは形容詞それとも副詞?についてお話します。overと聞くとcome overやover the mountainのように副詞や前置詞のイメージが強いですが、be動詞の直後にくるoverはなんかしっくりこない感覚を覚えないでしょうか。この記事を読めば、英語の文法力がさらにアップしていきます。それではまいりましょう。

 

 

overについて軽く使い方を説明しよう

何について話していたのか聞かれて…

ウィル
We talked about the next meeting over the phone.
電話で次のミーティングについて話したよ。

 

こちらはoverの直後に名詞が来ているので、前置詞として考えられますね。このoverをonや(by) usingと置き換えるとさらに明確に前置詞として理解できると思います。このように前置詞としてのoverにはその他にもduringやmore thanと置き換えれる意味が存在し非常に便利な単語です。

昨日の夜は何をしていたのか聞かれて…

ナオミ
I invited some friends over for dinner.
友人たちを夕食に招待したよ。

 

副詞は形容詞(例: very tall)、副詞(例: too quickly)、動詞(例: run fast)の意味をさらに特定する役割を持ちますね。overにはあるところからどこかへ向かっていくコアイメージがあります。だからこのようにoverにはto your home(副詞句)という意味でinvite(動詞)に場所を特定して意味をプラスしている副詞ということが理解できます。

 

 

is overのoverは副詞なの?

同僚にチャットで…

ウィル
The meeting will be over soon.
会議はもうすぐ終わるよ。

 

取り掛かっている仕事の期限が迫っていて…

スタローン
I wanna get this job over as soon as possible.
この仕事をなるべく早く終わらせたいんだ。

 

やっと本題に入りますが、結論から言うとsomething is overのoverは副詞ではなく形容詞です。もしくは形容詞的に使われる過去分詞として考えてもよいです。なぜならfinishedやcompeltedという形容詞と置き換えることが可能だからです。will be finishedやwill be completed、またget this job doneとするとわかりやすいですね。ちなみに形容詞とは名詞(例文の場合は主語や目的語にあたる)の性質や状態を説明するものですね。会議の状況は「終わった状態」であると理解するとわかりやすいです。

ただし、日本語のいくつかの英語学習サイトを調べるとis overのoverを副詞として捉えて補語にもなると紹介しているのを拝見しますが、アメリカやイギリスなどの英語本場の辞書では、is overのoverは形容詞として紹介されています。どちらも正しい捉え方なのかもしれませんが、つまりは形容詞として考えたほうがスッキリするでしょう。

over /ˈoʊvɚ/ adjective
Learner’s definition of OVER
not used before a noun

: having reached the end : finished

 

ちなみに補語というのは「主語」についての情報を説明する部分です。例えばShe is a doctorというとdoctorはsheについての情報です。だから日本の英文法ではよく主語と補語はイコールの関係だと言われています。そしてこの補語には形容詞(前置詞句、過去分詞、現在分詞を含む)や名詞(代名詞、不定詞、動名詞含む)、そして副詞、節を持ってくることができます。

 

 

まとめ

形で覚えて終えばよい話ではありますが、このように文法をしっかりと理解して学習を進めることで、文章構成力も養われます。結果的により英語を話せるスキルが付くので、文法を理解した上でアウトプットすることをお勧めいます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

副詞に関連する記事

hardとhardlyの違いとその使い方【hardの副詞ではありません】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がスッキリ!be動詞直後に来るoverは形容詞それとも副詞?でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出