確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「Suppose」と「Think」の違いをマスターしよう!日常英会話で役立つ表現

こんにちはRYO英会話ジムです。日常会話やビジネスシーンでよく耳にする英語表現に「suppose」と「think」があります。これらはいずれも意見や考えを表す際に使われる単語ですが、使い方には微妙な違いがあります。この記事では、これらの違いと使い分け方をわかりやすく解説します。

 

 

違い

Suppose

「Suppose」は、仮定や想定を表す際に用いられる言葉です。これは、ある状況や条件が真であると想像する時や、柔らかい口調で提案をする時に便利です。また、相手の提案やアイデアに対して、自分の意見を控えめに、または推測の形で述べたい時にも使用されます。

  • 例文: Suppose we go to the beach this weekend.
  • 和訳: 今週末、ビーチに行くとしましょう。

この文では、「Suppose」を使って、ビーチに行くという提案を仮定の形でやんわりと提案しています。この使い方は、話し手が相手の意見や反応を尊重しつつ、自分のアイデアを提出していることを示しています。

Think

一方、「Think」は、自分の意見や考えをより直接的に表現する際に使われます。これは、自信を持っている意見や、確信に近い考えを述べる場合に適しています。個人の思考や信念を明確に伝えたいときに用いられることが多いです。

  • 例文: I think we should wait for better weather before we plan a trip.
  • 和訳: もっと良い天気を待ってから旅行を計画すべきだと思います。

この場合、「Think」を使用することで、話し手は自分の意見に自信を持っており、計画を立てる前にもっと良い天気を待つべきだという確信に近い考えを直接的に表現しています。

結論

「Suppose」を使う場合、話し手は柔らかい提案をしており、相手に選択の余地を与えています。これは、話し手が提案に対して相手の同意を求めているというよりも、一緒に考える過程を重視していることを示しています。一方で、「Think」の使用は、話し手が自分の意見により自信を持っているか、またはその意見を強く信じていることを示しています。

このように、「Suppose」と「Think」はそれぞれ異なる文脈やニュアンスで使用され、自分の意見や考えを伝える際の姿勢や確信の度合いを反映しています。

使用頻度の高い言い回し

  • Suppose:
    1. I suppose we could try that.(それを試してみるのもいいかもしれないね。)
    2. Suppose you’re right…(もしあなたが正しいとしたら…)
  • Think:
    1. I think this is the best option.(これが最良の選択だと思う。)
    2. What do you think?(どう思う?)

 

 

無料トライアル実施中

例文

少し雨が降りそうな雰囲気で…

アイヴァン
I think it’s going to rain. 
雨降るかもね。

 

 

新しい同僚についてどう思うか聞かれて…

ウィル
I think she is nice.
いい子だと思うよ。

 

 

同僚のウィルが出社時間になっても来てなくて…

マイク
I suppose he overslept. haha
寝坊したんじゃない(笑)

 

 

明日の会議は何時にあるか聞かれて…

ナオミ
I suppose our meeting tomorrow is at 3 pm.
明日の3時に会議があると思う。

 

 

その他例文

  1. Suppose: I suppose it might rain later.(後で雨が降るかもしれないと思う。)
  2. Think: I think I left my keys at home.(家に鍵を忘れたと思う。)
  3. Think: Do you think you’ll go to the party?(パーティーに行くと思う?)

確信度で使い分ける!

結論から言います。supposeとthinkは確信度の違いです。どちらの表現も100%確信しているわけではありません。I am sureの言い回しの確信度が100%とすれば、thinkは50%〜60%と言ってよいでしょう。そしてsupposeは20%〜30%程度です。guessと同じだと思っていただいてよいですが、supposeのほうがよりフォーマルな言い回しになります。つまりどれだけ証拠や事実、そして信頼できる情報を持っているかとう度合いでthinkもしくはsupposeを使い分けることになります。

thinkはこう使う!

例文1も2もthinkを使っていますが、事実、空を見て曇っている様子見て、100%確信は持てないけど、降る確率は高いだろうと思っていることになりますね。さらに例文2はある程度話していい子だと感じたけれども、知り合ったばかりなので100%本当によい子なのか確信が持てないということを意味しますね。

supposeはこう使う!

一方でsupposeはthinkより確信度が低いわけですから推測になりますね。例文3の場合だとsupposeを使っているのでウィルは普段遅刻しないけど、その日に限って来ていないというような状況、もしくは何の証拠もないのにただ予想しているだけということが考えられます。thinkを代わりに使うこともできますが、もう少し確かな情報がある場合にthinkを使います。例えば、すでにその同僚が何度か遅刻していた場合はthinkがピッタリです。

例文2では他の同僚から聞いただけなので、情報量が少ない分確信度が低いことになります。なのでthinkよりsupposeがピッタリです。

 

 

似たような表現

Believe

自分の信念や確信を表します。より強い信念を示す際に使います。

I believe we can win this game.

(この試合に勝てると信じている。)

Assume

何かを前提として考える場合に使います。証拠がなくても何かを当然のこととして受け入れる意味合いがあります。

Let’s assume everything goes as planned.

(全てが計画通りに進むと仮定しよう。)

Feel

感情や直感に基づく意見を表します。

I feel like we’ve met before.

(前に会ったことがあるような気がする。)

 

 

関連する語彙

Opinion

自分の見解や評価を示す際に使います。

In my opinion, it’s not worth the risk.

(私の意見としては、リスクを冒す価値はない。)

Suggest

提案や助言をする際に用いられます。

I suggest taking a break.

(休憩を取ることを提案します。)

 

 

押さえておきたいポイント

  • 「Suppose」は、仮定や柔らかい提案をする際に。「Think」は、自分の意見や確信を表現する際に使いましょう。
  • 状況に応じて「believe」、「assume」、「feel」などの類似表現も適切に使い分けて、豊かな表現力を身につけましょう。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

確信に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。英語には同じような意味を持つ単語が多く存在しますが、それぞれ微妙なニュアンスの違いがあります。「Suppose」と「Think」もその一例です。日常会話やビジネスシーンでのコミュニケーションをよりスムーズにするために、これらの違いを理解し、適切に使い分けることが重要です。この記事があなたの英語学習の一助となれば幸いです。以上が簡単に使い分けれる!supposeとthinkの違いとその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム