”They say 〜”の意味とその使い方【説得力があがる】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”They say 〜”の意味とその使い方【説得力があがる】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それでは、まいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”They say 〜”の意味とその使い方【説得力があがる】

友人が4時間しか寝ないと言っていて…

マイク
They say it’s important to get 8 hours of sleep a night. 
一晩に8時間の睡眠を取るのは大事だって言われてるよ。

 

同僚が今年も景気よくならないと言っていて…

アイヴァン
Maybe. But they say it will improve a little.
たぶんね。でも少し改善するって言われてるよ。

 

今日の天気はどうかと聞かれて…

マイク
They say it’s going to be cloudy.
曇りらしいよ。

 

いかがでしたでしょうか。”They say (that) 〜.”は「〜と言われている」や「〜らしいです」という意味で、一般的にそれが本当かどうかは別として、人が言っていること、または信じていることを相手に伝えるときに使われる英語表現です。また自分が同意している、していないに関わらず相手を説得するときに使えるということも押さえておきましょう。ここでのtheyはある特定の人たちを指しているわけではなくてsome peopleと不特定の人たちと考えるとよいです。つまりどこの誰が言っているのかというのはあまり重要でないことになります。以下同じ意味の表現をご紹介しておきます。

同じ意味の表現
  • They think 〜.
  • Some people say 〜.
  • It is said that 〜.
  • It is rumored 〜.

 

 

They saidとThey sayの違いは?

学習者の間では過去形saidにすることがありますが、saidの場合は過去に1回言ったことに使い、一方で現在形sayの場合は昨日も今日も、そして明日も言っていること、つまり連続して言われていることに対して使います。だからこのフレーズの場合They saidではなくThey sayが正しいということになりますね。

 

 

sayに関連する記事

“Let’s say 〜”の意味と2つの使い方【関連表現2選もご紹介】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”They say 〜”の意味とその使い方【説得力があがる】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出