“play it by ear”の意味とその使い方

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”play it by ear”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“play it by ear”の意味とその使い方

次の会議の日程を部下に聞かれて…

マイク
I can’t make a decision yet. Let me play it by ear.
まだ決められないね。臨機応変に対応させて。

 

週末に遊ぶ約束をしている友人へ…

リョウ
Should we plan something for this Saturday or should we play it by ear?
今週の土曜日の予定は決めたほうがいい?それとも成り行きに任せる?

 

来週インタビューがある友人に準備しているか聞くと..

アイヴァン
Not at all. I’ll just play it by ear.
まったく。出たとこ勝負でいくわ。

 

“play it by ear”は、「臨機応変に対応する」や「成り行きにまかせる」、そして「出たとこ勝負でいく」という意味があり、事前に計画や準備をせずに、その場の状況に応じて行動したり発言したりするときに使われるイディオムです。

そもそもなぜこのような意味になったかというと、単語の意味を理解ながらイメージするとわかりやすいですが、”play it by ear”はミュージシャンが楽譜を見ないで演奏するというところからきています。歌手でもその場で感じたことを即興で歌うことがあるように、”play it by ear”は計画せずにその場の状況で行動するという意味に発展したのです。

 

 

同じ意味の他の表現

マイク
I forgot that I have a presentation tomorrow. Well, I’ll just wing it.
明日プレゼンあること忘れた。まぁ、場当たり勝負でいくか。
ロバート
Let’s do things as they come along.
状況に応じて対応しよう。

 

“wing”はカジュアルな表現になりますが、よく使われます。また2つ目の”as they come along”もそのまま表現した感じですが、よく使われるので一緒に覚えておきましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”play it by ear”の意味とその使い方でした。

それでは、See you around!

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。