”could have + 過去分詞”の意味とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。今日は”could have + 過去分詞”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”could have + 過去分詞”の意味とその使い方

なんでパーティーに参加しなかったのか聞かれて…

アイヴァン
I could have gone to the party, but I was tired. 
パーティーには行けたんだけど、疲れてたんだ。

 

なぜ期限に間に合わなかったのか聞かれて…

リョウ
I could have finished it yesterday, but I had a family emergency.
昨日終わらせることはできたのですが、急な家庭の事情で…

 

その本をどこで買ったのか聞かれて…

ナオミ
I could have bought this book, but I borrowed it from library instead.
この本を買えたんだけど、代わりに図書館で借りたよ。

 

TOEICの点数結果が悪くて…

リョウ
I could have studied more.
もっと勉強できたのにな。

 

”could have + 過去分詞”は、「〜できただろう」という意味で、過去にあることをすることができたけどしなかった場合によく使う英語表現です。文法的な形になりますが、canの過去形couldの直後に現在完了形がきています。例文のようにある相手に事情を説明するときや、最後の例文のように後悔の念を伝えるときに使います。“could have”の発音については、早くなると「クデゥブ」のようになります。詳しくは別記事今日からネイティブ発音!”could have”と”would have”が聞き取れないわけにてご覧ください。

 

相手に忠告するときにも使える

テストの結果が悪くて父から…

マイク
You could have studied harder.
もっと勉強できたんじゃないか。

 

このようになんらかの理由で過去に相手ができたけどしなかったときに忠告の意を込めて使うこともできます。

 

推測するときにも使える

同僚が遅刻していて…

マイク
He could have overslept.
寝過ごしたんでしょ。

 

過去のことに対して推測するときにも使えます。意味は「〜しただろう」です。現在形のcanでも推測する意味があって有名なのでいうと否定形で”It can’t be true”「本当なはずがない」という意味で使うことがよくあります。

 

 

couldに関連する記事のご紹介

それでは、最後にcouldに関連する記事をご紹介しておきます。是非今後の英語学習に役に立ててください。

今日から聞き取れる!ネイティブの”can’t”や”couldn’t”を発音する簡単な方法

2017年4月27日

中学では学べない!”was able to”と”could”の違いと使い方

2017年4月22日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”could have + 過去分詞”の意味とその使い方でした。それではまいりましょう。

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。