20代で海外で働いてよかったと思う5つの理由【これから日本をリードする若者に読んでもらいたい!】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は20代で海外で働いてよかったと思う5つの理由【レールから外れた人生は最高だった】についてお話させていただきます。この記事を読めばブローバル人材のマインドがさらにアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

レールから外れたら自分のやりたいことだけに意識が向いた

1つ目の理由はレールから外れると自分のやりたいことだけに意識が向いたことです。今ではいろんな働き方がある程度認知されてきましたが、当時(13年前ほど)は「レールから外れる」とはいわゆる偏差値の良い高校→偏差値の良い大学→就職活動→大手企業就職というレールですね。人によってはそんなの意識したことなかったと言う方はいると思います。少なくとも僕の環境下ではそういった雰囲気やレールを中学生の頃から感じ始めていました。

当然僕も就職活動を始めて、当時から英語にはとても興味があったので貿易会社や語学スクールの面接を受けていました。しかし、自分の中でなぜかしっくりこない、心が生き生きしないのを感じていました。なぜなら、それも大学時代に2年間ほど休学してオーストラリアで働いたりフィリピンで語学留学をして、ストレートで卒業する同期よりは世間を見る目が変化していたからだと思います。具体的には日本で一生懸命働いて会社を辞めた年上の先輩と留学先で出会い、たくさんのこと教えてもらったり、オーストラリアでは現地のお店でアメリカ人とオーストラリア人と一緒に働いたりして、レールの外の世界をすでに見ていたからだと思います。

そんな時、父に就職活動での気持ちを相談すると、「海外で働きたいから海外に住んだり、勉強したり、働いてたんじゃないのか?」と聞かれました。その時気づかされたように心の中から熱いものを感じて「それだ!」と悟ったのを今でも忘れません。レールに沿って生きていかないとダメだというメンタルブロックから解き放たれた瞬間でした。また親からまだ気づいていなかった自分の本当の目的に背中を押されたのは大変勇気をもらいました。

それから僕はとても早かったです。1ヶ月後にはもうマニラで就職活動をして、その2ヶ月後の卒業時の4月には海外就職が決まっていました。当時新卒で海外で就職するという形をとったのは僕が通っていた大学にも知り合いや同期にもいませんでした。ある種、パイオニアかななんて思ったりしています。

レールから外れた僕は毎日ワクワクしていました。それから語学に興味があったので翻訳と通訳の仕事をしたり、また教材開発の仕事をしたり、講師、カンセリング、研修のオーガナイザーなど自分のスキルの可能性を広げられる仕事は全てしました。また若いということもありたくさんの仕事のチャンスをいただき多くを経験させてもらったのは大きいと思います。

 

 

日本の同期よりたくさんの仕事を経験できた

2つ目の理由は日本の同期よりたくさんの仕事を経験できたことです。

今では日系企業が以前より増え、特にIT企業などは若い人材を海外に出す傾向があるので、20代の日本人男性をフィリピンマニラでも多く見かけるようになりましたが、先ほども言いましたが、20代前半でマニラで働く日本人というのは当時かなり珍しかったです。ある種若い力を必要としている日系企業は多かったりしました。さらに最初に入った会社はまだベンチャー企業だったこともあり、20代前半でマニラ現地法人の教材開発部署の部長を任されアメリカ人とインド人の部下が付いたり、副社長になって毎日たくさんの資料のサインをしたり、実際の器とは見合わないもののエネルギーだけで、たくさんの仕事と責任を任していただきました。

これも市場価値だと思います。日本だと自分の年齢の人はもちろん会社にたくさんいますし、さらに学歴で比較され、仕事の出来で比較され、上司がいて、管理される立場です。しかし、いざ海外に出ると、特にフィリピンマニラでのその市場価値はいっぺんしました。ある程度英語が話せる日本人は少なかったですし、上からも頼りにされました。そして若い大卒というところでも僕だけでしたし、日本人にしかできない仕事があるという現地スタッフとの差別化もありました。いわゆる場所をずらすことで価値が大きく変わったのです。

その結果、日本で働いていた同期よりかなりたくさんの仕事や責任を経験することができました。

 

 

考え方が柔軟だったので様々な考えを吸収できた

3つ目の理由は考え方が柔軟だったので様々な考えを吸収できたことです。

当時、外個人と働き方の違いに対して認識が薄かったように思います。なぜなら日本企業でガッツリと働いた経験がなく、新卒で入ったからです。オーストラリアでもアメリカ人やオーストラリア人と働いていたので、ある意味外国人の働き方が自分の中での基準っぽくなっていたのを覚えています。さらにフィリピンマニラでも自分と同じくらいの年のスタッフと普通に働いていたので、まったく違和感がありませんでした。

30代や40代になってからだと日本での働き方が頭や体に定着しているので、外国人の働き方の癖に対してストレスを感じることはあったでしょう。実際に40代になってからマニラで勤務スタートした方は働き方の違いにかなりストレスを感じていました。詳しくはマニラ勤務で気づいちゃった!フィリピン人の働き方の7つの特徴よりご覧ください。最終的には日本の働き方が自分にフィットしていくわけですが、若さゆえ、外国人の働き方に対してとても柔軟に対応することができたように思います。

また考え方に関しても同様です。当時積極的に現地スタッフと話したり、食事に行ったり、飲みに行ったり、また外国人とお付き合いしたり、そんな中で世界には様々な考え方をする人がいて、日本だとありえない考え方や、非常識的な行動も外国では受け入れられたりしますし、またありとされます。例えば、上司から残業を命令されても家族を優先したいからと帰宅する同僚や、仕事中に彼氏を連れてきたり、自分より年下の同僚が上司にどんどん発言してたり、プレゼンがめちゃくちゃううまかったりなどポジティブにもネガティブにもたくさんありました。

日本ではダメという枠の外を見たことで相手の考え方に対してとても柔軟になって行ったのを覚えています。ある程度年齢を重ねると、やはり考え方も固まってきやすいので、若い頃にそういった環境に身を置く方が柔軟な考え方を身につけやすいと思います。

結果的には僕は国際結婚をするまでにいたりましたが、日本の常識もわきまえつつその外からも物事を受容できるようになりました。

 

 

英語を身に着けることができた

4つ目は、英語を身に着けることができたことです。

若さの特権の一つに吸収力が高いというのをすでに述べてきましたが、語学に置いても影響するところはあります。もちろん年齢を重ねてからでも語学をマスターすることはできますが、集中力やエネルギーの面でやはり若さが有利になりやすいです。

また英語に興味があったので無我夢中でした。どんなチャンスも掴んでやると言う気持ちで常に前のめりだった気がします。その積極性から英語を通じてたくさんの仕事を経験して友人関係も広げることもできました。結果的に10年以上海外で暮らすことにはなるのですが、5年目あたりで英語を話す上で苦痛や苛立ちはほとんど感じないようになっていました。これも若さゆえにできたスピード感と吸収力だったかなと今では思います。

 

 

結果キャリアの選択が増えた

海外に出る前は、一般的に海外で働くと日本ではどこかよそ者として見られて、キャリアの幅が狭くなるのではと感じていました。しかし海外で働き、英語を身につけ、さらにはグローバルなマインドを身につけたことで、自分が働ける場所が日本だけでなく、世界が対象になり、それに伴って応募できる仕事の数が増えたことです。また日本で働くにしても、グローバル社会の風当たりが増す現在、日本の働き方ができて、海外でも働ける人材は今となっては有利だということです。

最終的には自分でビジネスを立ち上げるとう道を選びましたが、若くして海外を出て働いたことで、30代からのキャリアの幅は広がったと感じました。それが30代から海外に出ていたら、ある程度キャリアが定まっている状態なので同じような結果にはなっていなかったと思います。

 

 

最後に

最後になりましたが、僕は海外に出るまで甘ったれた人間でした。親がいつも助けてくれるのは当たり前、毎日3食食べられるのもあたり前、学校に通えるのも当たり前、仕事ができるのも当たり前、安全な環境に住めるのも当たり前、このようにすべてを当たり前だと思っていました。

でも海外に出てみるとそれらは大きな間違いであることに気付きました。日本とまったく違う環境で暮らす人がいて、片親の人が多かったり、一日1食しか食べれない人が多かったり、仕事がまともに見つからない人がいたり、そもそも治安が悪いところにしか住めなかったり、学校にも十分に通えない人がいたり、日本の当たり前がすべて当たり前でない世界を見せつけられました。それは知識としてはもちろん知っていましたが、実際に目で見て経験するのは別次元でした。その時、僕は今までいかに自分が恵まれた世界にいたのかを強く認識しましたし、日本って本当にすごいと感じることも多くなりました。

だから、恵まれているからこそ、自分ができるすべてのことを一生懸命やりたいと思うようになりました。そして自分ができることを通じてもっと世の中を良くしたり、守ったりしたいと強く思うようにもなりました。さらに、自分のやりたいことがあること、素晴らしい親がいること、支えてくれる人がいること、そういった当たり前を当たり前でないと感謝するようになりました。もちろん愚痴ることも当たり前にありますが、根底はそこで、変わりません。

それは海外に出たことで得た僕の永遠の人生のメリットです。

 

 

「英語、海外」に関連する記事

ゼロから英会話をマスターできると人生での成功率が上がる3つの理由

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。20代で海外で働いてよかったと思う5つの理由【これから日本をリードする若者に読んでもらいたい!】でした。それではSee you around!

コーチング型ジム系オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で英語力が2倍速進化します。まずは気軽に無料トライアルからお試いただけます

こんな方へ
・講師からのフィードバックが適当
・取り組むべき課題がわからない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・不自然な英語になってしまう
・話すと文法がめちゃくちゃ
・TOEICは高得点だけど話せない
・仕事で使える英語力がほしい

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界トップのアウトプット
・発言内容は見える化
・発言内容を添削とフィードバック
・脳科学を活用したメソッドで記憶定着
・場数をこなす豊富な実践トレーニング
・寄り添うパーソナルコーチング

コンサルテーションでは課題と目標をご相談してあなたのニーズにあった体験レッスン(評価とフィードバック付き)をご提供中!

最速進化して気持ちまで自由に
短期集中プラン【人気No.1】

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・周りと圧倒的な差をつけたい
・周りが認める英語力がほしい
・近々海外で働く予定がある
・会社で英語を使う必要がある
・昇進に英語力がどうしても必要

妥協を許さない集中プラン
・最高102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出