今日からできる!ムダなく効率的に英語の会話力をあげる3つのスキル

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。それでは、今日は今日からすぐにできる英語の会話力をあげる3つのコツをご紹介します。実際に英語を第二言語として話している方は、これらをしっかりと使いこなしていますので、まだやったことがない人は、ぜひこの機会に試してみましょう。

 

 

1. 質問する

まず一つ目が「質問する」ことです。別の言い方で言うと相手の話に対してどんどん深堀をしていくということです。英語を習い始めた方によくあるのが、質問されたら、返答で終わらせてしまうことです。例えば、こんな感じ

ナオミ
What did you eat for lunch?
お昼に何を食べたの?
マイク
I had a hamberger.
ハンバーガーを食べたよ。

 

そうではなく、質問されたら必ず質問し返すことを習慣にしてみましょう。聞き返すだけでも、会話が続きます。

ナオミ
What did you eat for lunch?
お昼に何を食べたの?
マイク
I had a hamberger. How about you?
ハンバーガーを食べたよ。君は?

 

では、次は自分から質問する場合、どんな風に深堀をしていけばよいか見ていきましょう。

リョウ
Hi, how are you?
やあ、元気?
マイク
I’m good.
調子いいよ。
リョウ
What did you do today?
今日は何したの?
マイク
I just came from work.
ちょうど仕事から帰ってきたとこだよ。
リョウ
Do you leave on time?
時間通りに退社するの?
マイク
It depends.
場合によるかな。

 

こんな感じで、返答に対して、さらに情報を深堀していくと結構簡単に会話力をあげることができます。質問するときのコツは、”Do you”や”Is he”などで始まる質問と”WH”を使った質問をうまく使い分けるとよいです。

 

 

2. 感想を言う

2つ目が相手の話の内容に対して「感想を言う」です。英会話ビギナーの方はとくに、この「感想を言う」ことを結構おろそかにしています。”okay”や”oh”といった簡単なあいづち表現で済ましてしまいがちです。軽く感想を言うだけでも、相手は話していて気持ちいい気分になりますし、会話が盛り上がる可能性があります。なので相手の意見や話に対して、できるだけ感想をそえるようにしましょう。では「質問をする」ことに加えて、相手の発言に対して「感想」を入れていきますね。

マイク
I wanna visit Japan this year.
今年日本に行きたいな。
リョウ
That sounds like a good plan. Where in Japan do you wanna visit?
いいプランだね。日本のどこに行きたいの?
マイク
I’m thinking of visiting Osaka and Kyoto.
大阪と京都に行こうと思ってるんだ。
リョウ
That’s good. They are both popular sightseeing spots in Japan.
いいね。両方とも日本で人気の観光地だね。

 

いかがでしょうか。相手が発言したことに対して、感想と質問を加えるだけでこんなに会話が濃厚になります。

 

 

3. 関連する話につなげる

3つ目は「関連する話につなげる」です。もう少し厳密にいうと関連する話または質問です。相手の話を深堀していくにしても、一つの内容に関してずっと質問するのも難しくなってきたり、相手からどこまで深堀してくんねん、って思われる可能性もあります。ある程度話を深堀したら関連する話やまた質問へ切り替えましょう。「質問する」章で出た会話を関連する話につなげる流れでご紹介します。

リョウ
What did you do today?
今日は何したの?
マイク
I just came from work.
ちょうど仕事から帰ってきたとこだよ。
リョウ
Do you leave on time?
時間通りに退社するの?
マイク
It depends.
場合によるかな。
リョウ
I see. By the way, I heard that you started working in a new company.
そうなんだ。ところで、君が新しい会社で働き始めたってきいたよ。
マイク
Yeah, It’s been a month now.
うん、今で1ヶ月になるかな。
リョウ
That sounds exciting. How do you like it?
楽しそうだね。どう?

 

“by the way”「ところで」を使って、簡単に関連話に切り替えることができます。そのあとは、また相手の返答に対して、1と2で紹介した「質問する」と「感想を言う」を繰り返していきましょう。

 

 

最後に

いかがでしたか?「質問する」と「感想を言う」、そして最後に「関連話につなげる」ことを意識すれば、会話力が上がるというお話でした。ただ、英会話ビギナーの方は、瞬発的にこれらのことがすぐにできるかといえば、できないと思うので、まずはトライ&エラーを繰り返しながら、うまくなっていきましょう。うまく言えなかった文や言いたかったけど、言えなかったことをメモしながらどんどん会話の引き出しをあげられるようにするといいです。また、質問フレーズや感想フレーズなどを覚えて、いつでも会話を広げられる準備をしておきましょう。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

「会話力」に関連する記事

【完全版】英語のコミュニケーションがアップする6つのコツ

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が会話力を簡単にあげる3つのコツでした。それではSee you around!

アウトプット専門オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で効率的に伸ばせます。お気軽に無料トライアルからお試しください

こんな方へ
・教材の読み合わせ授業に飽きた
・他の英会話スクールでは成長感がない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・会議で瞬時に思ったことを言えない
・言いたいことがなかなか伝わらない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・発言内容の見える化x添削
・寄り添うパーソナルコーチング
・豊富な48種類の実践トレーニング

今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)ご提供中!

最短で英語が話せる
スピーキング短期集中プラン

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・英語の伸び悩みを感じている
・TOEICは高得点でも話せない
・仕事でどうしても使う必要がある
・仕事で思うように英語が使えない
・独学の学習では限界を感じている

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクール
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出

/公式SNS/
 Youtube   Instagram   Twitter