3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

知らないと損!効果的な英語の6つのインプットと5つのアウトプット方法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は効果的な英語の6つのインプットと5つのアウトプット方法についてお話します。この記事を読めばさらに効率的に英語力をアップさせることができるようになります。それではまいりましょう。

 

 

日本の英語教育はグローバル英語に追いついてない

今までのインプット
  • 暗記中心の受験英語のための勉強
  • 実践的でない教科書

効果的なインプットとアウトプットについてお話する前に、まずお伝えしておきたいのが日本の英語教育はグローバル英語に追いついていないことです。実践的な英語を学ばさせて、コミュニケーションさせて、英語で思考力を鍛えるというクリエイティブな発想はなく基本的に点数を取るための暗記作業中心のインプットです。ソフトバンクの孫正義さんも下記のように公言しています。

日本の教育は、7割が暗記重視で3割が思考。僕(孫)はそのバランスを逆にすべきと思います。暗記はよそがやっている事をマネする事、先進国に追いついて行く為には必要だった。

マネするだけで良かったのが高度成長期の手前からの状況。ある程度、日本の社会が成熟してきたらマネではなく生み出す事が必要。ビジネスモデルを新しく作る、テクノロジーを新しく発明する、生み出す方に行かないと先進国としてのポジションは保てない。アメリカの学校教育は思考重視、試験の時も辞書、教科書持ち込み自由、暗記で溶ける問題じゃない考えて解く問題だからです。

by 孫正義

英語も同じだと思っていて暗記作業から英語を実践で使っていき英語で考える授業をやっていかないと今後日本はグローバル人材を育てていけません。グローバル社会で求められる英語力を身につけるために必要な6つの要素で詳しくお伝えしていますが今までのようなインプット作業をしていてもまったく実践の英語力は身につかないので間違っても問題集を購入して穴埋めや暗記作業はやらないようにしてくださいね。

 

 

無料トライアル実施中

ある程度インプットしたらアウトプットを重視しよう

結論からいうと、TOEIC600点ほど取得できれば、もうアウトプットを7割ぐらいにしてあとは机で英語の勉強くらいがベストです。(参照:TOEICスコア別の必須単語数と英語を話すのに最低限必要な単語数を見比べよう)なぜならそのほうが効率的に伸びていくからです。RYO英会話のHPでも散々お伝していますが、話すトレーニングをしないと、いくら知識があっても英語は上手くなっていきません。

文法の知識が完璧な人でも、いざ話すとなると文法ミスをしてしまったり、逆に話すのに慣れていないので、話せなかったりします。だから、孫さんが言うようにある程度インプットしたらアウトプットで実践力を培っていきましょう。

 

 

自主トレーニングにおすすめのインプット6選

僕自身も英語をゼロから勉強してバイリンガルになる過程で試した全てのインプットをご紹介します。中には特に5や6に関しては今でも毎日のルーティンになっています。

おすすめインプット6選
  1. 文や文章から単語を覚える(英会話フレーズも含む)
  2. 中学英文法をマスターする
  3. オンライン英会話を受講する
  4. 英語の本を読む
  5. 映画やドラマを見る
  6. 音楽やPodcastsを聞く

1については下記カードを参考してみてください。

2については下記カードを参考にしてみてください。

3については格安でとにかく英語を学びたい方は大手の格安オンラインスクールをご紹介しておきます。ただし、オンライン英会話にも種類がいくつかあるので、現状のレベルによってどの種類の英会話を選ぶか慎重になりましょう。詳しくはRYO英会話ジムの他社との比較で詳しく説明しているのでご覧ください。英語を始めたばかり、もしくはTOEICの点数をあげたい方は英語のインプットを先にしたほうがいいので、以下3つのスクールを検討にいれるとよいです。

鉄板の大手格安スクール

5については下記カードを参考にしてみてください。

 

 

おすすめの効果的なアウトプット5選

おすすめアウトプット5選
  1. 英語を話すワークショックに参加する
  2. 英語を使うコミュニティーに入る
  3. アウトプット特化のオンライン英会話を受講する
  4. 英語で日記を書く
  5. 一人スピーキングをする

1に関しては、最寄りの国際交流センターや英会話カフェ等で話せる場所を見つけてみましょう。2については今後記事として紹介予定ですが、HelloTalk ハロートーク 英会話 – HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APPという言語交換アプリがオススメです。

実際にうちの生徒さんから教えていただいたアプリですが、自分が学びたい言語の国の人々とチャットができ仲良くなればスカイプなどで音声で話すことも可能でしょう。3に関しては、RYO英会話では業界初のアプトプット特化型のオンライン英会話を提供しているのでご興味があればホームページより見てみてください。

4については下記カードを参考にしてみてください。

5については下記カードを参考にしてみてください。

 

 

 

インプットもアウトプットもバランスよくやること

インプットもアウトプットもどちらかに偏りすぎるのはよくなくて、バランスよくやることが大事です。アウトプットが大事だからといってただ単にフリートークばかりしていてもそこに学びと改善がない限り効率的に伸びていきません。

業界一のアウトプットを誇るオンラインスクールRYO英会話ジムで最も推奨しているアプローチ方法ですが、ある程度知識がついているのであれば、英語をペラペラ話すにはインプットとアウトプットの割合を理解するのが大切でもお伝えしていますが、アウトプットから足りていないところをインプットする方法のほうが比較的に早く英語力がアップすることは実体験から言うと間違いないです。

 

 

 

 

アウトプットに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が効果的な英語の6つのインプットと5つのアウトプット方法でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム