レストランで使える”Will that be all?”の意味とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はレストランで使える”Will that be all?”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

レストランで使える”Will that be all?”の意味とその使い方

お客さんのオーダーを取って…

ウィル
Will that be all?
以上でよろしいでしょうか。

 

お客さんから…

スタローン
I’d like a cheeseburger to go.
お持ち帰りにチーズバーガーをください。
アイヴァン
Will that be all?
以上でよろしいでしょうか。
スタローン
And I’ll have a coke please.
あとコーラを1つもらいます。

 

いかがでしたでしょうか。Will that be all?は「以上でよろしかったでしょうか。」という意味で、レストランで注文を聞いたあとによく使われる英語表現です。Will that be all?は丁寧な言い方となりますが、カジュアルなレストランでは通常現在形が使われやすいです。以下例文をみてみましょう。

地元のカフェで…

アイヴァン
I’ll have an Americano.
アメリカンを一つもらいます。
ウィル
Is that all?
以上ですか?

 

またallの代わりに代名詞itを使ってIs that it?と聞くこともできますよ。

 

 

電話でも使える

カスタマーサポートなどである用件が終わったあとに確認として聞くこともできます。

質問したいことが解決して…

アイヴァン
Will that be all?
以上でよろしかったでしょうか。

 

 

注文に関連する記事

注文で使える「〜がついてくる」の英語表現とその使い方【シンプルに表現できます】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がレストランで使える”Will that be all?”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出