3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ビジネスマン必見!「したい」と伝える英語表現ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。ビジネスの場面で何かを「したい」と表現したい時、ただ単に”I want to”と言うだけでは、時には直接的すぎるかもしれません。この記事では、ビジネスシーンでの「したい」というニュアンスを柔らかく、かつ効果的に伝えるための英語表現をいくつか紹介します。それでは一つずつ見ていきましょう。

 

 

仮定法の”would”のニュアンスを知ろう

まず、5つの表現を紹介する前に、”would”について触れる必要があります。なぜかというと、この”would”がビジネスで使う「したい」というニュアンス理解のカギを握っています。”would”は”will”の過去形です。過去形には3つの使い方があります。下記の3つを見てみましょう。

wouldの用法
  1. 時間的な距離、つまり過去の話の「〜した」
  2. 現実的な距離、つまり非現実的な話の「〜だろう」
  3. 心理的な距離、つまり上司や目上の人への言葉使い

ビジネスシーンで使われる”would”は3つの過去形を使っています。今回紹介するフレーズの5つのうち3つは”would”が使われています。

 

 

無料トライアル実施中

1. 積極的に伝える”would love to 〜”

”love”「大好きである」を”would”の後ろに持ってくることで、積極性を表して「ぜひ〜したいです。」という意味になります。カジュアルな表現でいうと、”I really want to 〜.”や”Let’s 〜.”に当たります。相手の誘いに同意するときや、丁寧に断るときによく使います。

  • 誘いに同意

同僚へ…

マイク
Would you like to go for a drink after work?
仕事の後に一杯でもどうですか?
リョウ
I’d love to.
ぜひ。

※to不定詞の後にくる動詞が明確であれば、省略するのが普通です。

 

 

 

  • 誘いを断る
ナオミ
Are you coming to the year-end party?
忘年会にはくるの?
アイヴァン
I’d love to go, but I can’t.
ぜひ行きたいんだけど、参加できないわ。

 

 

 

2. 控えめに”would like to 〜”

“want to 〜”はカジュアルで直接的な希望や願望になりますが、”like to 〜”の直前に”would”をつけることによって、「(できれば)〜したいのですが。」と表現することができます。ちなみに、こちらも誘いを同意するときやその断りを入れるときに使えます。

  • 電話で

予約をしたくて…

スタローン
How may I help you?
ご用件をお伺いします。
マイク
I’d like to book a double room for Saturday.
土曜日にダブルルームを予約したいのですが。

 

 

上司に…

リョウ
Excuse me, sir. I would like to confirm the date of our next meeting.
すみません。次のミーティングの日程を確認したいのですが。
スタローン
Sure, let me check my schedule.
もちろん、スケジュールを確認させて。

 

 

 

3. さらに控えめに”would be glad to 〜”/”hope to 〜”

“I would like to 〜.”よりさらに控えめに伝えるなら”would be glad to 〜”とhope to 〜”を使いましょう。

面接後に…

マイク
I would be glad to hear from you soon.
すぐにお返事いただけるとうれしいです。

 

 

お客さんへ…

マイク
I hope to see you again.
またお会いできるとうれしいです。

 

 

 

4. 遠回しに”be interested in 〜.”

こちらは、英語をやっていたら一度は聞いたことのフレーズかと思います。実は、こちらは「したい」という遠回しな表現として使うことができます。「〜に興味を持っている」ということは、「したい」ということへつながります。副詞”very”や”very much”をつければ、興味を持っていることを強調されて、「ぜひ〜したいです。」という意味としても使うこともできます。

電話で…

マイク
I’m very much interested in your products.
御社の商品をぜひ拝見したいのですが。

 

 

 

5. 熱心さを伝えるI’m keen to…

マイク
I’m keen to learn more about this technology.
この技術についてもっと学びたいと熱心に思っています。

 

  • 意味:~を熱心にしたい
  • 特に英国英語でよく使われ、何かに対する強い意欲や熱意を表す時に使われます。

 

 

似たような表現

I aspire to…

意味:~を切望しています

より強い意志や長期的な目標を示す時に使います。

I am aiming to…

意味:~を目指しています

何かを成し遂げたい時、その目標に向かっていることを示します。

I desire to…

意味:~を望んでいます

‘want’よりも強い願望を表すのに使われることがありますが、ビジネス文脈ではややフォーマルまたは古風な響きがあります。

 

 

押さえておきたいポイント

  • 文脈を理解する: 表現は文脈によって異なる影響を持つため、相手との関係や状況を考慮して選びましょう。
  • 丁寧な表現を使う: 特にビジネス環境では、敬意を表すためにも丁寧な言い回しを心がけましょう。
  • 明確さを保つ: 自分の意図や希望を明確に伝え、誤解の余地を減らすよう努めましょう。

 

 

 

 

「したい」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「したい」と一言で言うのではなく、これらの表現を使ってビジネスシーンでのコミュニケーションをより洗練されたものにしましょう。正しい文脈と表現で、より効果的に意思を伝え、成功への道を切り開いてください。以上がビジネスシーンで使える「したい」のフレーズ5選でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム