ネイティブは使い分けている!”study”と”learn”の違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は意外と皆知らない”study”と”learn”の違いとその使い方についてお話します。studyもlearnも同じ意味で辞書には掲載されていますが、実はしっかりとした使い分けがあります。(今回の記事では「学ぶ」という動詞の意味にフォーカスしています)この記事を読めば、より自然な文で話すことができます。それではまいりましょう。

 

 

知識を身につける作業にはstudyを使う

友人から大学での専攻を聞かれて…

スタローン
I studied Economics in college.
大学では経済を勉強しましたよ。

 

同僚が休み時間に本を読んでいて…

ウィル
What are you reading?
何読んでるの?
マイク
I’m studying Japanese.
日本語の勉強をしてるんだ。

 

studyは「勉強する」や「学ぶ」という意味ですが、どんなときに使うかと言うと、シンプルに知識を身につける作業に対してstudyを使います。なのでまだその知識を身につけていないということになりますね。具体的には、何かを暗記するために、本や記事を読んだり、動画を見たり、また学校のレッスンに出席したりする場合です。つまり、まだその知識やスキルを身につけていない段階ではstudyを使うということになります。だから、1つ目の例文では、学校で授業を受けるのは、テストや試験のための知識を暗記する段階なのでstudyです。また、日本語の学習本を読むのは、平仮名や漢字、フレーズなどを暗記する、つまり知識を身につける段階なのでstudyになるんですね。

 

 

身につけたスキルや知識にはlearnを使う

英語を話す友人に….

ウィル
You speak English well.
英語が上手ですね。
ナオミ
Thanks. I learnt English in 3 years.
ありがとう。3年間英語を学んだんだ。

 

イタリア料理を上手に作る友人が…

アイヴァン
I learned how to cook Italian food from my mom.
お母さんからイタリア料理を学んだよ。

 

一方でlearnも「学ぶ」という意味がありますが、「(スキルや知識を)身につける」と理解したほうが正しく使い分けることができるかと思います。一つ目の例文に関しては、3年間英語を学んだことで、スキルとして英語が身についたということです。つまり知識を身につける段階にはstudyで、知識を身につけた状態にはlearnを使うということになります。他の言い方で言えば、完全に暗記した結果、自分のものにできている状態のことをlearnと言います。まだよく理解できない場合は、以下例文を見てみましょう。

大学時代にあまり興味のなかった学部に入った友人が…

スタローン
I studied but I didn’t learn anything.
勉強したけど、(知識は)何も身につかなかったな。

 

この例文が意味することは、学校の授業に出席して教授の話は聞いていたけど、結果的にその知識は最終的には身につかなかったということです。理由はおそらく授業をただ受けていただけか、興味がなかったからだと思います。

 

 

運動神経を使うスキルにはstudyの段階であってもlearnを使う

ただし例外もあります。知識を身につける段階ではなく、実践的なスキル(運動神経を使うもの)には、習得する前段階でもlearnを使います。

最近どうしてるのか聞かれて…

ナオミ
I’m learning how to drive these days.
最近車の運転の練習をしてるよ。

 

このように実践でしか培えない運転や野球、英会話、料理などのスキルに関しては、そのスキル(運動神経)を身につける段階であってもlearnを使います。ただし、本や動画などで野球や料理を研究する場合は、もちろんstudyを使います。なぜなら実践でのスキルではなく知識の暗記が対象となるからですね。

 

 

まとめ

studyは知識をつける前段階に、そしてlearnは知識やスキルを身につけた状態に使いますね。さらに実践でしか身につかないスキルに関しては、習得する前段階であってもlearnを使うでした。インプットできたら次はレッスンや実践でlearningしてみてくださいね。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

似た単語だけど使い方が違う関連記事

英語感覚がアップ!”teach”と”tell”、”show”の意味と使い分け

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上がネイティブは使い分けている!”study”と”learn”の違いとその使い方でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出