3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

Meet、Meet with、Meet up: 日常英会話で使いこなすための微妙な違いと使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。英会話でよく使われる言葉の中には、似ているけれど微妙に異なるニュアンスを持つものがあります。今回はその中でも「meet」という単語を中心に、「meet with」と「meet up」の使い方に焦点を当ててみましょう。

 

 

meet + 人

友人、家族、新しい人など、どんな人との出会いや再会

同僚へ…

マイク
I want to meet new people.
新しい人たちに会いたいな。

 

 

旅行から帰ってきて…

マイク
I met interesting people on my trip.
旅で面白い人たちに会ったよ。

 

 

 

「meet + 人」という表現は、英語の「meet someone」と直訳されたもので、日本語での意味は「誰かに会う」や「誰かと出会う」という意味になります。この表現は、友人、家族、新しい人など、どんな人との出会いや再会にも使用できます。文脈によって、初めて会う場合も、久しぶりに再会する場合も含まれます。

その他例文

  1. 英文: “I will meet my friend at the cafe at 3 PM.”
    • 和訳: 「私は午後3時にカフェで友達に会います。」
  2. 英文: “She met her brother at the airport after a long time.”
    • 和訳: 「彼女は長い時間ぶりに空港で兄に会った。」
  3. 英文: “We met some interesting people during our vacation.”
    • 和訳: 「私たちは休暇中にいくつかの興味深い人々に出会いました。」
  4. 英文: “He is excited to meet his new classmates tomorrow.”
    • 和訳: 「彼は明日、新しいクラスメートに会うことにわくわくしています。」
  5. 英文: “They have arranged to meet their business partners at the conference.”
    • 和訳: 「彼らは会議でビジネスパートナーに会うための手配をしました。」

これらの例文は、友人、家族、新しい人々、ビジネスパートナーなど、さまざまなシチュエーションで「meet + 人」という表現の使い方を示しています。

時間または場所にで会う

電話で…

リョウ
Why don’t we meet at 7 o’clock?
7時に会おうよ。

 

 

電話で…

リョウ
I’ll meet you at Starbucks.
スタバで会おう。

 

 

チャットで…

リョウ
I’ll meet you there at 11 o’clock.
そこで11時に会おう。

 

 

「meet + 人」の表現は、特定の人との約束された時間や場所での会合を伝えるのに適しています。この表現は、日常的な社会生活やビジネスの文脈でよく使用され、事前に計画された出会いや再会を指します。特に、時間や場所を明確に指定することで、予定の確実性を伝えることができます。以下に、その使用例を挙げます。

  1. 例文: “Let’s meet at the library at 2 PM to discuss our group project.”
    • 具体的な説明: この例文では、「図書館で午後2時に会いましょう」と時間と場所を具体的に指定しており、グループプロジェクトについて話し合う目的で会うことを示しています。このように、相手に対して具体的な会合の詳細を伝えることができます。
  2. 例文: “I will meet you at the coffee shop on Main Street tomorrow morning.”
    • 具体的な説明: この文では、「明日の朝、メインストリートのコーヒーショップで会いましょう」として、会う場所と時間を明確にしています。この情報により、相手は予定を正確に理解し、準備することができます。
  3. 例文: “We are planning to meet our clients at the downtown office at 10 AM on Monday.”
    • 具体的な説明: ここでの「月曜日の午前10時にダウンタウンのオフィスでクライアントに会う予定です」という文は、ビジネスミーティングの具体的な日時と場所を指しています。この表現を使うことで、プロフェッショナルな環境での計画された会議の詳細を効果的に伝えることが可能です。

これらの例文は、「meet + 人」を使用して、特定の時間や場所での会合を明確に伝える方法を示しています。このように具体的な情報を提供することで、相手とのスムーズなコミュニケーションが可能になります。

 

 

無料トライアル実施中

meet with 人

フォーマルな会合

同僚へ…

ナオミ
I’ll meet with my boss later.
あとで上司に会うんだ。

 

 

部下へ…

ナオミ
I’m planning to meet with an investor next Wednesday.
来週の水曜日にある投資家とあう予定なんだ。

 

 

「meet with 人」という表現は、特定の人やグループと会うこと、特に何らかの目的や議論、協議を行うために会うことを意味します。この表現は、単に社交的な出会いや偶然の出会いを意味する「meet 人」とは異なり、よりフォーマルな会合、ビジネスミーティング、計画された面談、または重要な話し合いを含むことが多いです。

たとえば、ビジネスの文脈では、プロジェクトについて話し合うためにクライアントやチームメンバーと「meet with」することがあります。教育の文脈では、教師が生徒の保護者と面談するために「meet with」を使用することがあります。このように、「meet with」は、特定の目的を持って人と会う際に使われる表現です。

 

 

meet up with 人

友人や知り合いと遊ぶ

同僚へ…

マイク
What did you do after work yesterday?
昨日仕事終わりに何したの?
リョウ
I met up with my friend.
友人と会ったよ。

 

 

メールで…

マイク
Let’s meet up at 7 o’clock.
7時に会おう。

 

 

「meet up with 人」という表現は、友人や知り合いとのカジュアルな集まりや活動に参加する際によく使用されます。この表現には、事前に計画されたかどうかにかかわらず、楽しい時を共に過ごすために人々が集まるというニュアンスが含まれています。より具体的に言えば、このフレーズは、友人同士での食事、映画鑑賞、散歩、ショッピング、または特定の趣味や活動を共に楽しむ際に用いられます。以下の例文では、この表現の使用方法をさらに具体的に説明しています。

  1. 例文: “Let’s meet up with Tom and Sarah at the park this Saturday to have a picnic.”
    • 具体的な説明: この文は、土曜日に公園でトムとサラと一緒にピクニックをする計画を提案しています。この「meet up with」の使用は、リラックスした雰囲気の中で友人たちと時間を過ごすことを示唆しており、特に何か楽しい活動を共にすることを意図しています。
  2. 例文: “We’re planning to meet up with the group at the new coffee shop to catch up.”
    • 具体的な説明: この例では、新しいコーヒーショップでグループと会う予定があることを述べており、その目的はお互いの最近の出来事について話すことにあります。ここでの「meet up with」は、友達や知り合いとの気軽な再会や交流を意味しています。
  3. 例文: “Are you free to meet up with us for a movie night on Friday?”
    • 具体的な説明: この質問は、金曜日の映画の夜に参加するために、誰かに時間が空いているかどうかを尋ねています。この文脈での「meet up with us」は、共有された娯楽活動のために一緒に集まることを指し、友情を深める機会を提供します。

これらの例文からわかるように、「meet up with 人」は、友達や知り合いと一緒に何か楽しい活動をするために集まる際に使用される表現です。このフレーズは、集まりが非公式であること、そしてその目的が単に楽しむことにあることを強調しています。

 

 

似た意味の表現

get together (with 人)

複数の友人へ…

アイヴァン
Let’s get together for some drinks.
飲み会しよう。

 

 

夏の予定を聞かれて…

アイヴァン
I’m gonna get together with my cousins this summer.
この夏に従兄弟と会う予定なんだ。

 

 

「get together with 人」という表現は、友人、家族、同僚などの人々との社交的な集まりや会合を指す際に使われます。このフレーズは、フォーマルな会議やビジネスミーティングよりも、リラックスした雰囲気やカジュアルな出会いを暗示しています。何か特別なイベントを祝う場合や、単に時間を共有して楽しむために人々が集まる時に適しています。

 

catch up

友人へ…

ナオミ
I caught up with Ivan last weekend. She told me that she just got married.
先週末にアイヴァンと会ったんだ。ちょうど結婚したばかりなんだって。
マイク
Wow, I didn’t expect to hear that. I’m happy for her.
わぁ、 そうくるとは思わなかったな。よかったね。

 

 

電話で…

マイク
Hey, been a while. How have you been doing?
やぁ、久しぶりだね。最近どう?
ナオミ
I’m good. why don’t we catch up over coffee this Friday?
順調よ。この金曜日にお茶でもしない?

 

 

 

長らく会っていなかった人や久しぶりに会う友人や知人などに対して、「会う」という意味でよく使われます。この意味はあまり辞書には載っていなくて、本当にそんな使い方あんのって思ってしまうかもしれませんが、会話では普通に使います。元々は「〜に追いつく」という意味なのでお互いに近況報告をし合うというニュアンスが入ります。それでは、マイクとナオミの会話を見てみましょう。

 

 

関連する語彙

Encounter

予期せぬ出会いを表現します。

  • 例文:I had an interesting encounter on my way home yesterday.
  • 「昨日、家に帰る途中で興味深い出会いがありました。」

Assemble

多くの人やものが一堂に会する様子を表現します。

  • 例文:The students assembled in the auditorium for the school assembly.
  • 「生徒たちは学校の集会のために講堂に集まりました。」

Gather

人や物が集まることを指します。

  • 例文:Let’s gather all the necessary documents for the presentation.
  • 「プレゼンテーションのために必要な資料を集めましょう。」

 

 

押さえておくべきポイント

異なるニュアンスを理解する

Meet、Meet with、Meet upは微妙な違いがあります。使う文脈によって適切な表現を選びましょう。

フォーマルな場面での使い分け

Meetはカジュアルなシーンで使われることが多い一方で、Meet withはビジネスやフォーマルな会話で適しています。

友達や仲間とのアクティビティでMeet upを活用

カジュアルで気軽な集まりやイベントにはMeet upが適しています。

 

 

 

 

“meet”に関連した記事をご紹介

それでは、最後に”meet”に関連した記事をご紹介します。今後の英語学習にお役立てていただければと思います。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。これらの表現を上手に使いこなすことで、さまざまなシーンで自信を持ってコミュニケーションがとれるようになります。日常英会話において、適切な表現を選ぶことでより自然な会話が楽しめるでしょう。是非、これらの表現を実践してみてください!以上が”meet”と”meet with”、そして”meet up”の違いでした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム