”in abroad”「海外で」は間違ってる?abroadの意味と正しい使い方

こんにちはRYO英会話ジムです。今日は”in abroad”「海外で」は間違ってる?abroadの意味と正しい使い方についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”in abroad”「海外で」は間違ってる?abroadの意味と正しい使い方

海外旅行へ頻繁に行く友人へ…

ウィル
Do you like to live abroad?
海外で住んでみたい?

 

英語を流暢に話す同僚へ…

マイク
Have you worked abroad?
海外で働いたことあるの?

 

お客さんからロバートと話したいと言われて…

ウィル
Sorry, he is currently abroad on business.
申し訳ありません、現在彼は海外出張中です。

 

いかがでしたでしょうか。「海外で」はin abroadではなくabroadのみが正解です。なぜならabroadは品詞でいうと副詞に分類され、前置詞inの意味がすでにabroadにすでに含まれているからです。つまりabroadを他の英語で置き換えるとin a foreign countryとなります。馴染みのある表現で考えるとわかりやすいと思いますが、go homeはgo to homeとは言いませんね。なぜならhomeは「家へ」という意味ですでに前置詞の意味も含まれているからです。

学習者の方はin abroadと連発していますので、この辺りを理解しながら正しく使っていきましょう。よく使われる形ですが、例文でもご紹介しているようにgoやwork、travelそしてstudyを組み合わせて使われることが多いです。またbe動詞と一緒に「海外にいる」ことを表現することもできます。結構使い回しがきく単語なのです。

 

 

名詞としても使える

またabroadは名詞として使うこともできます。その場合「海外」という意味になります。

アイヴァン
he came from abroad.
彼は海外から来たのよ。

 

 

発音についてポイント

学習者は「アブロウド」と発音してしまうことがありますが、これ間違いです。正しくは「アブロード」と「ウ」の音はなく「ロ」を伸ばす形です。以下発音を聞いて練習してみましょう。

 

 

overseasとの違いは?

Google Ngram

よくabroadとoverseaとの違いを聞かれることがありますが、結論から言うとどちらも入れ替え可能です。ただし上の図からわかるようにoverseasよりabroadのほうがより一般的に使われています。厳密に何が違うかと言うとoverseasはその言葉の通りsea「海」over「越えて」なので、要は海を越えていく場合はgo overseasのほうがより自然ということになります。一方でabroadは特に海を越えようが越えまいが関係はありません。例えばアメリカからカナダへ行く場合海を越えなくてもいいわけです。なのでその場合はgo abroadがより自然と言えるでしょう。

 

 

abroadに関連する記事

20代で海外で働いてよかったと思う5つの理由【これから日本をリードする若者に読んでもらいたい!】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”in abroad”「海外で」は間違ってる?abroadの意味と正しい使い方でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出