短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

「うんざり」を英語で表現!「I’m sick of it」の意味と使い方

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。日常生活の中で、何かに対してうんざりしている気持ちを表現したい時、英語ではどう言えばいいのでしょうか?その答えの一つが「I’m sick of it」です。このフレーズを通して、感情を表現する方法を見ていきましょう。それではまいりましょう。

 

 

「I’m sick of it」の意味と使う場面

「I’m sick of it」という表現は、日常会話において非常に便利で、その心情を的確に表現できるフレーズです。文字通りに訳すと、「それに病んでいる」や「それに飽き飽きしている」という意味になりますが、英語でのニュアンスは「もう耐えられない」「全くのうんざりだ」と強い不満や嫌悪感を表します。ここでは、このフレーズの意味をさらに深く理解し、具体的な使用場面について詳しく見ていきましょう。

意味の深堀り

  • 強い不満の表現:「I’m sick of it」は、単に好ましくないと感じる程度を超えて、何かが繰り返し起こるか、長期間にわたって持続することにより、強い不満や苛立ちを感じている状態を表します。
  • 心理的な飽和点の表明:このフレーズを使うことで、話し手が何らかの事態や状況に対して心理的な飽和点に達したことを明示しています。つまり、これ以上同じ状況に耐えることが難しいという強い意志を示しているのです。

使用場面

  1. 反復する事象に対して:例えば、ずっと同じ問題に直面し続けている場合(「I’m sick of these constant computer errors.」コンピューターのエラーが絶えず起きるのにはうんざりだ)や、毎日同じようなネガティブなニュースを聞くこと(「I’m sick of hearing nothing but bad news.」悪いニュースばかり聞くのにはうんざりだ)に使われます。
  2. 人間関係の疲れやストレス:人間関係における繰り返しのトラブルや、解決しない対立(「I’m sick of our constant arguing.」私たちの絶え間ない口論にはうんざりだ)に対しても使用されます。
  3. 日々のルーチンや義務に対する不満:日常の単調なルーチンや、嫌々ながら続けている義務(「I’m sick of doing the same thing every day.」毎日同じことをするのにはうんざりだ)に対する不満を表すのにも適しています。

この表現は、感情を強く表現するため、聞き手によっては否定的に受け取られる可能性があることを念頭に置く必要があります。したがって、親しい友人や家族など、理解を示してくれる相手に対して使うのが適切です。また、職場などのフォーマルな環境では、感情を穏やかに表現する他の言い回しを選んだ方が良いでしょう。

 

 

使い方のコツやヒント

感情を効果的に表現するには、自分の感じていることを正直に伝えることが重要です。ただし、文脈を考え、相手の感情を尊重する言い方を心がけましょう。

 

 

例文

旦那との口論がなかなか終わらなくて…

ナオミ
I’m sick of it. I want to stop arguing.
もううんざりだわ。口論を終わらせたいわ。

 

 

彼氏へ…

アイヴァン
Why are you acting so mean? I’m sick of it.
なんでそんな意地悪言うの?うんざり。

 

 

“I’m sick of it.”は、すでに話題に上がっているものに対して「うんざりする」という意味で、頻繁に起こることで好きでなくなるまたはそれに疲れたときに使われるカジュアルな英語表現です。さらに強調したいときは、下記例文のように”tired”も一緒に加えます。

面白くない業務を延々とやり続けた挙句…

マイク
I’m sick and tired of this.
まじでこれにはうんざりだわ。

 

まだ話題に上がっていない場合

相手との間にまだ話題に上がっていない場合は、前置詞ofの後に-ing(動名詞)を置いてあげます。

ノマド生活に憧れていて…

リョウ
I’m sick of going to the office everyday.
毎日事務所に行くのはウンザリやわ。

 

 

旦那の帰りを待ってばかりいる妻が…

ナオミ
I’m sick of waiting for him.
彼を待つのは飽き飽きよ。

 

 

その他例文

  1. “I’m sick of this weather. It’s been raining for weeks.”
    • この天気にはうんざりだ。何週間も雨が降り続いている。
  2. “She said she’s sick of her job and is looking for a new one.”
    • 彼女は仕事にうんざりしていて、新しい仕事を探していると言っていた。
  3. “I’m sick of hearing the same excuses every time.”
    • 毎回同じ言い訳を聞くのにはうんざりだ。

 

 

実践的な練習問題

あなたがうんざりしていることについて、「I’m sick of …」を使って文を作りましょう。たとえば、オンラインミーティング、交通渋滞、あるいは特定の食べ物などです。

“I’m sick of constantly having online meetings that could have been emails instead. It feels like a waste of time when we could be working on our tasks more efficiently.”

(メールで済むようなことをオンラインミーティングで何度も話し合うのにうんざりしています。もっと効率的に作業できるのに時間を無駄に感じます。)

 

 

よくある間違いや注意点

「I’m sick of it」を使う時、文脈が大切です。否定的な感情を表すため、相手に不快感を与えないように注意が必要です。また、「it」の代わりに具体的な名詞を用いて、何に対してうんざりしているのかを明確にすることも大切です。

 

 

質問に対する返答のバリエーション

  • “Yes, I completely understand. I’ve been there too.”
    • はい、完全に理解しています。
  • “Really? What exactly is bothering you?”
    • 私もそこにいたことがあります。 本当ですか?
  • “Have you thought about ways to make it better?”
    • 具体的に何が悩みですか? それをより良くする方法について考えたことはありますか?

 

 

tired ofとsick ofの違い

Tired of

  • 「Tired of」は、ある状況や活動に対して飽きたり、興味を失ったり、それによって疲れを感じている状態を示します。
  • この表現は、繰り返される日常的な事柄や長引く状況に対する疲労や倦怠感を伝えるのに使われます。
  • 「Tired of」は、比較的穏やかな不満や飽きを表すのに使われることが多いです。

Sick of

  • 「Sick of」は、ある状況や物事に対して非常に強い不満や嫌悪感を持っていることを示します。
  • このフレーズは、単に疲れたり飽きたりする以上の感情、つまり何かに深くうんざりしているか、それに対して強い反感を持っている場合に使用されます。
  • 「Sick of」はより強い感情的な反応や、ある事柄に対する忍耐の限界を示すのに適しています。

例文での違い

  • Tired of: “I’m tired of eating the same lunch every day.”(毎日同じ昼食を食べるのに飽きました。)
  • Sick of: “I’m sick of all the lies and deception in politics.”(政治の嘘や欺瞞には本当にうんざりです。)

「Tired of」がある程度の疲れや飽きを示すのに対し、「sick of」はそれ以上に強い不満や反感を表現する点で違いがあります。どちらの表現も、個人の感情を強く示すために有効ですが、使う状況に応じて適切な方を選ぶことが大切です。

 

 

似たような表現

英語には、不満や飽き飽きしている気持ちを表現するさまざまなフレーズがあります。「I’m sick of it」の他にも、以下のような表現がよく使われます。これらのフレーズを理解し、適切なコンテキストで使い分けることができれば、より豊かな表現力を身につけることができるでしょう。

1. Fed up with

  • 英語: “I’m fed up with these delays.”
  • 和訳: これらの遅延にはうんざりだ。
  • 解説: 「Fed up with」は、「I’m sick of it」と非常に似ており、「〜に極端な不満を感じている」「〜に完全にうんざりしている」という意味です。この表現は、長期間にわたる不満や繰り返される問題に対する強い感情を示す際に使われます。

2. Tired of

  • 英語: “She’s tired of the constant noise.”
  • 和訳: 彼女は絶え間ない騒音に疲れている。
  • 解説: 「Tired of」は文字通り「〜に疲れている」という意味ですが、ここでの「疲れ」は肉体的なものではなく、精神的な飽きや不満を指します。何かが繰り返し起こることによる精神的な疲労や、長引く状況に対する忍耐力の低下を表現する時に使います。

3. Had enough of

  • 英語: “We’ve had enough of the poor service.”
  • 和訳: 私たちはひどいサービスにはもう我慢できない。
  • 解説: 「Had enough of」は、「もう十分だ」「これ以上耐えられない」という意味で、特定の状況や行動に対する忍耐が限界に達したことを示します。このフレーズは、不満の積み重ねがピークに達し、変化を求める強い意志がある時に使用されます。

 

 

関連する語彙

これらの表現や語彙を理解し、状況に応じて適切に使い分けることで、英語でのコミュニケーションがより効果的になります。不満やうんざりしている気持ちを表す際には、これらの表現を参考にしてみてください。

Disgruntled

  • 英語: “The disgruntled customer complained about the service.”
  • 和訳: 不満を持つ顧客がサービスについて文句を言った。
  • 解説: 「Disgruntled」は「不満を持った」「不機嫌な」という意味の形容詞で、期待に応えられなかったサービスや状況に対する一般的な不満を表します。この単語は、特に顧客サービスの文脈でよく使用されます。

Irritated

  • 英語: “He was irritated by the constant interruptions.”
  • 和訳: 彼は絶え間ない邪魔にいらいらしていた。
  • 解説: 「Irritated」は「いらいらする」「苛立つ」という意味で、小さなことが積み重なって大きな不快感を引き起こす状況を指します。この単語は、特定の出来事や行動が原因で起こる一時的な感情的な反応を示す場合に使われます。

 

 

押さえておきたいポイント

「I’m sick of it」は、感情を強く表現するフレーズです。使用する際は、相手に対する配慮を忘れずに。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

sickに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「I’m sick of it」という表現を使って、日常生活でのフラストレーションを上手に表現してみましょう。ただし、文脈を理解し、相手の感情を尊重することが重要です。この表現を使いこなせば、英語でのコミュニケーションがより豊かになるでしょう。以上が、”I’m sick of it”の意味とその使い方でした。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース