”find”と”find out”の違いとその使い方【もの、それとも情報】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”find”と”find out”の違いとその使い方【もの、それとも情報】についてお話します。この記事を読めば今日よりさらに英語力が少しアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

findは「もの」や「人」に使う

同僚とランチをしていて…

アイヴァン
I found a good Japanese restaurant yesterday. Let’s go there next time.
昨日素敵な日本食レストラン見つけたんだ。今度そこへ行こうよ。

 

夫がうろうろしていて…

ウィル
I can’t find my glasses. Have you seen them?
メガネが見つからないんだ。見た?

 

まずfind「見つける」は物質的なものに対して使われます。例文を見てもわかるようにfind直後には存在するものが置かれています。使われる場面としては、何かをなくしてしまって、後で見つかるときや、またあるものを探すときに使います。もちろん、ものだけでなく人に対して使うことができます。

 

 

find outは「情報」に使う

友人が電話で…

アイヴァン
I found out that my boyfriend was cheating on me.
彼氏が浮気してたの(を見つけたんだ)。

 

ホテルの近くにあるレストランがまだ開いているか聞くと…

リョウ
I’m not sure. I’ll find out.
わかりません。調べますね。

 

一方でfind outは「見つける」や「調べる」という意味で物理的なものに対してではなく、目に見えないもの、つまり「情報」に対して使われます。例文を見ても分かる通り、浮気をしていたという情報、そしてレストランが開いているかという情報、どちらも情報に対して使われていますね。find outがよく使われる形については、find out that + 文「〜というのを見つける」やfind out + wh節が一般的でしょう。後者に関しては例えば、Can you find out why he stopped the project?「彼がなぜあの企画をやめたのか調べてくれる?」のように使うことができます。それ以外にもhowやwhatで応用できますね。

find outの目的語の位置

目的語に代名詞が来る場合は、必ずfind it outのように真ん中へ置くのが原則です。名詞であればfind out her email addressでもfind her email address outでもどちらでもよいです。

 

find outに関連する記事

”I can’t figure out 〜”の意味とその使い方【解決できないときに使える】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”find”と”find out”の違いとその使い方【もの、それとも情報】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出