今なら無料コンサルテーションも実施中

appreciateやapproachの発音を一瞬でネイティブっぽくする方法!

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”appreciate”や”approach”のネイティブ発音についてお話します。この記事を読めば、ネイティブが発音する”appreciate”や”approach”が簡単に聞き取れるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

“appreciate”を一瞬でネイティブ発音にするには、先頭”a”の音に注目してみましょう。マイクとリョウの会話を少し聞いてみましょう。

引っ越しが終わり…

リョウ
Thank you for helping out. I appreciate it.
手伝ってくれてありがとう。感謝してるよ。
マイク
Don’t mention it.
どういたしまして。

 

 

同僚へ…

マイク
Ryo, the deadline of the project is approaching. How’s it?
リョウ、企画の期限が近づいてるね。進捗はどう?
リョウ
Well, it’s running behind the schedule. I gotta come to work this weekend.
まぁ、予定より遅れてるね。今週末は出社しなくちゃ。

 

 

 

「プリシエイト」、「プローチ」になる

“appreciate”は日本語カタカナ発音だと「アプリシエイト」となり、「ア」をしっかりと声に出すかと思います。しかしネイティブが普通に発音すると”a”の音はほとんど消えて聞こえない状態になります。

“approach”も同じく”a”の発音が弱まり「プローチ」となります。ただ完全に”a”の音が消えるわけではないので発音するときは、先頭に一瞬の間があることを意識してください。「ァプリエイト」や「ァプローチ」のような発音になります。

 

 

その他の例文も音読しよう

その他の例文も紹介するので、実際に口に出して、ネイティブ発音の練習をしてみよう!

仕事を手伝ってくれて…

リョウ
I really appreciate your help.
手伝ってくれて本当にありがとう。

 

 

塾の先生に…

リョウ
I’d appreciate if you could help me with my homework.
宿題を手伝っていただけますか。

 

 

友人にある日のことを話していて…

リョウ
An old man approached.
老人が近づいてきたんだ。

 

 

友人へ…

リョウ
Don’t approach the dog.
その犬に近づかないで。

 

 

 

「感謝」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”appreciate”と”approach”を一瞬でネイティブ発音にする方法でした。それではSee you around!

アウトプット専門スクールNo.1
無料体験実施中!

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・教材の読み合わせに飽きてしまった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・2倍速進化!発言内容の見える化x添削
・課題と目標が見える実践コース
・選びに選び抜いた講師陣
・目標まで伴走するコーチング

99%の人が知らない「成功法則」で通常の2〜3倍効率的に英語力を伸ばすことが可能です。今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)実施中!まずはお気軽にご相談ください!

スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語を話せるようにならない
・TOEICは高得点でもうまく話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・2倍速進化!発言内容の見える化 X 添削
・安心の専属の講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・伴走する定期的なコンサルテーション

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします!

確認メッセージがメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックして初めて配信可能となります。

4件のコメント

こんにちは。いつも拝見しており、英語学習に活用させていただいております。
一つ質問がありまして、例えば最後の “Don’t approach the dog”の “Don’t”が「ドント」ではなく「ドヌト」のように聞こえ、また”Can’t”についても同様の印象があるのですが、ネイティブの方は実際どうように発音されているのでしょうか。ご教示いただけますと幸いです。

クリス様

コメントいただきありがとうございます。

“don’t”も”can’t”も基本的には普通の速さでも”t”の音は落ちることが多いです。
例えば、”Don’t do that.”の場合、「ドン ドゥ ダッ」のような音になり”t”の音が抜けます。

“can’t”に関しても”I can’t do this.”の場合、「アイ キャーン ドゥ ディス」のような音となり、こちらも”t”の音をほとんど発音しません。さらにキャンではなくキャーンと少し長めに語尾を下げるように言います。

ただ”can”と聞き分けることが難しくなることもあり特に第二言語として話す私たちの場合は、”t”をしっかりと発音するかもしくは”cannnot”と言ってあげたほうがよいでしょう。

そのほかにもご不明な点ございましたら、どうぞお気軽にコメントください。

RYO

ご返信ありがとうございました。
ほかのトピックでも拝見しましたが、やたらと”t”が消えるのですね。参考になりました。

ご返信ありがとうございます。そうですね、特にアメリカ英語はやたらとtが消えますね。

また何かあればどうぞお気軽にコメントください。

それでは、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出