“appreciate”や”approach”の発音を一瞬でネイティブっぽくする方法!

“appreciate”を一瞬でネイティブ発音にするには、先頭”a”の音に注目してみましょう。

マイクとリョウの会話を少し聞いてみましょう。

リョウ
Thank you for helping out. I appreciate it.
手伝ってくれてありがとう。感謝してるよ。
マイク
Don’t mention it.
どういたしまして。

 

 

マイク
Ryo, the deadline of the project is approaching. How’s it?
リョウ、企画の期限が近づいてるね。進捗はどう?
リョウ
Well, it’s running behind the schedule. I gotta come to work this weekend.
まぁ、予定より遅れてるね。今週末は出社しなくちゃ。

 

 

 

「プリシエイト」、「プローチ」になる

“appreciate”は日本語カタカナ発音だと、「アプリシエイト」となり、「ア」をしっかりと声に出すかと思います。しかし、ネイティブが普通に発音すると、”a”の音はほとんど消えて、聞こえない状態になります。

“approach”も同じく、”a”の発音が弱まり、「プローチ」となります。

ただ完全に”a”の音が消えるわけではないので、発音するときは、先頭に一瞬の間があることを意識してください。「ァプリエイト」や「ァプローチ」のような発音になります。

 

 

その他の例文も音読しよう

その他の例文も紹介するので、実際に口に出して、ネイティブ発音の練習をしてみよう!

 

リョウ
I really appreciate your help.
手伝ってくれて本当にありがとう。

 

 

リョウ
I’d appreciate if you could help me with my homework.
宿題を手伝っていただけますか。

 

 

リョウ
An old man approached.
老人が近づいてきたんだ。

 

 

リョウ
Don’t approach the dog.
その犬に近づかないで。

 

 

 


 

以上が、”appreciate”と”approach”を一瞬でネイティブ発音にする方法でした。それでは、See you around!

 

 

ネイティブ発音のコツが分かる、RYO英会話教室のリエゾントップ記事6選!

2017.05.13

ネイティブ発音を身に着けるなら、必ず知っておきたいリエゾン3選!

2017.05.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。