英語力(瞬発力と流暢性)アップに効果的な音読の時間と回数、そして期間

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は英語力(瞬発力と流暢性)を効果的にアップさせる音読の時間と回数、そして期間についてお話します。

僕自身、2年間音読をほぼ毎日続けて飛躍的に瞬発力と流暢性を向上させることができたのである程度信憑性の高い記事になっていると思います。この記事を読めば、英語の瞬発力や流暢性を高める方法を知ることができます。それでは、まいりましょう。

 

 

対象

対象はこちら
  • 瞬発力がない
  • 話すときに間がたくさんできる
  • 英語でイメージが追いつかない
  • 文章を理解したり聞き取るのに時間がかかる
  • 話すトレーニングが足りない

音読は特に上記5つのお悩みがある方が対象になりますので、例えば瞬発力や流暢性がある程度ある方は、具体的に伝えるロジック力や関係構築力などグローバルで使える英語を実践でつけていきましょう。

具体的なレベルの内容については弊社のレベル表でインターミディエイトの部分で詳しく記載しているので参考にしてみてください。

 

 

効果的な音読方法と得られる5つの効果

3つのポイント
  1. 意味を理解した上でやる
  2. 見本となる音声ファイル付きの教材を用意する
  3. 発音やリズムを真似る
  4. 繰り返し読む
得られる5つの効果
  1. 英語を英語のまま理解できる
  2. 聞き取れる英語が増える
  3. 語順感覚が身につきスピーキング力がアップする
  4. 単語力や表現力が身につく
  5. 発音がよくなる

簡単に効果的な音読方法と得られる5つの効果についてご紹介しましたが、さらに詳しく知りたい方は下記カードをご覧ください。(カードでは4つの効果と書いていますが上記で紹介している効果と同じ内容ですのでご安心ください。)

【初級〜中級向け】オーバーラッピングの効果的なやり方とその3つのメリット

2018年8月21日

英語脳を作る!スピーキング力が倍にアップする正しい音読のやり方と隠された4つの効果

2018年5月22日

 

 

効果の出る音読の時間と回数、そして期間は?

効果的な時間と回数
  • 回数: 10セット/日
  • 時間: 10分/日
  • 期間: 1年〜2年

効果の出る音読の時間と回数そして期間については、様々な意見があるかと思いますが僕自身の経験からお伝えすると1日に10分間ある程度決まった量のフレーズや文または文章を10セットやってそれを最低でも1年〜2年は継続していやることをオススメします。

理由としては、継続しやすい数字であることと、最低10分だと忙しい等の言い訳ができないので自分の本気度が簡単に計れるからです。

1日1時間ぐらい音読をやるのがベストとおっしゃる方もいますが、個人的にはできるのであればやったほうがいいといった感じですが、仕事で忙しい日などはそこまで時間が取れない方もたくさんいると思うので実践的ではありません。

最終的には「継続と習慣化」が一番大事なので1時間もやって1、2ヶ月程度でやめてしまうよりは長期で1〜2年できたほうがそのあとの効果は断然後者のほうがよいです。

また数回の音読程度だけでやった気分になってしまうこともありえますがこれではほとんど効果ゼロです。

筋肉トレーニングをイメージしてもらうとわかりやすいですが、音読を数回やったけどあまり効果なかったというのは、筋トレを数回やったけど筋肉が全然つかなかったと言っているのと同じですw

また筋肉トレーニングだけでなくスポーツの成功法則とも同じだと思っていて、世界で大活躍した元サッカー選手の中田ヒデ選手も「繰り返しやること」についてこんなことを言っています。

足のどの部分で、どのくらいの力で蹴ると、どういうパスになるのか、頭の中にインプットしながら蹴らなきゃ駄目。イメージしたボールと同じボールが蹴れるまでパスを繰り返す。誰かに教わっても、自分の体が覚えなければ、すぐ忘れるだけだから

筋肉トレーニングやスポーツと同じような感覚で、音読も同じ内容のものは最低でも30回は繰り返し読みましょう。

同じ箇所を100回ぐらい読むとネイティブのような感覚でイメージ力がつき読むスピード、聞き取るスピードも上がっていきます。短期間で飛躍的にスピーキング力をあげたい方は心を決めて習慣化してみましょう。

 

 

英語脳になるところまで持っていく

英語脳への3段階
  1. 日本語訳や日本語の意味と結びつける
  2. 少しずつ英語の意味が結びついていく
  3. 英語を英語のまま理解できる

効果的な回数や時間についてお話しましたが、最終的には日本語の訳が瞬時に出てくる状態までか、もしくは英語でイメージできる状態で口から馴染むように出て来れば成功です。

そのための回数と時間だと思ってください。

残念ながら1ヶ月や2ヶ月程度で効果を実感できるトレーニングではありませんが、先ほどお伝えしたようにだいたい1年ぐらいすれば英語脳がある程度作られくるので文の構成がうまくできるようになったり、リスポンスや流暢性が高まっていたり、聞き取りがスムーズにできている自分にある瞬間気づくことができます。

こればかりは実感した人だけにしかわからないので、(成長するのは確実ですが)騙されたと思ってやってみてください。

 

 

時間や回数より大事なこと

一番大事なこと
  • 頑張らずに心地よく繰り返すこと

時間や回数より大事なことがあるのですが、それは頑張らずに心地よく繰り返すことです。

まずモチベーションや好奇心を高めて「頑張らずにやる」ために自分のレベルを考慮したものを前提に「実践で使いたい英語」にフォーカスして音読をするようにしましょう。

これから英語を実践で使いたいというのに大学受験でやったような内容を音読でやるのは正直絶対にダメですので、そのあたり注意して教材選びをしましょう。

そして「繰り返すこと」ですが、音読はスポーツと一緒でできるだけ継続して口を動かすことが一番大事で、回数や時間を意識しすぎて結局続かないよりも極端にいえば1日1回でも継続して音読で口を動かしていたほうが長期的に見るとよくて後者の方のほうが英語力はアップしている可能性は高いでしょう。

なので頑張らずに心地よく繰り返すことをもっとも大事にして音読に取り組んでくださいね。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が英語力(瞬発力と流暢性)を効果的にアップさせる音読の時間と回数でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。