英語学習の目標設定よりセルフイメージの持ち方がかなり重要な件

こんにちは、リョウです。

今日は、英語学習の目標設定よりセルフイメージの持ち方がかなり重要な件についてお話します。

この記事を読めば、あなたの今後の英語レベルを最大限引き出してくれます。

それでは、まいりましょう。

 

 

今のセルフイメージを知る

あなたはどんなセルフイメージを持って、英語学習をしていますか?

セルフイメージとは、「なりたい自分のあり方」です。

このセルフイメージをどう持つかであなたが英語を話せるか話せないかは、もうすでに決まっていると思ってもいいと思います。

 

限界は自分で作っている?

自己啓発家で有名なナポレオン・ヒルもこんな言葉を残しています。

心の中に限界を設けない限り、人生に限界なんか存在しない。

 

これを読んでくださっているあなたは、もちろん英語を話したいと思っているかと思いますが、英語を通じてどんなセルフイメージを持っているのか一度確認してみてください。

 

もし私が

リョウ
僕は、英語で間違えながらも、ある程度のコミュニケーションができる

 

と考えれば、それ以下にはなることはありますがそれ以上にはなりません。

セルフイメージはこういう形で自分の限界値を決めてしまうことでもあります。

 

可能、不可能は別にしてワクワクする人生をイメージ

なので、セルフイメージを変えてみましょう。

リョウ
僕は将来ネイティブと同様に英語が話せるようになる。

 

常日頃から、こう考えて行動しておけば着実にそれに近づいていきます。

「ネイティブのように英語を話すなんて、無理でしょ。」と思う人はもちろんいるでしょう。

しかし、そう考えているあなたのセルフイメージがそうなので、実現することは不可能なのでしょう。

人生は一度限りです。

どうせなら高いセルフイメージを持って英語学習に挑んでみましょう。

 

 

ゴール設定はセルフイメージで決まる

英語学習をする上で特に目標がないという方や、なかなか目標が思ったように達成できないという人は、まずセルフイメージを見直してみるのをお勧めします。

なかなか目標が思ったように達成できない場合

スタローン
TOEIC600点を目標にしているけど、なかなかその点に到達しないんだよな。
リョウ
一旦自分の600点というセルフイメージを壊して、「私はTOEIC850点に到達している」というセルフイメージを持ってみましょう。

 

というようなアドバスができます。

そうすれば、それに向けてのゴール設定が始まり出します。

それを達成するための期限やどんな対策をすべきかなどをあなたは調べだすことでしょう。

仮にも850点という数字には到達しなかったとしても、600点という数字には前より簡単に到達しやすくなるでしょう。

また特に目標がないという方は、英語を通じて「どんな自分になりたいのか」を一度時間を作ってイメージしてみましょう。

例えば、こんな感じで。

ナオミ
海外旅行に行って英語で現地の人たちと話すことができる。
マイク
大好きな読書を英語で読めるようになっている。
リョウ
英語を通じて多国籍の友達を作っている。

 

やらなければいけない目標ではなく、考えるだけでワクワクするようなことを積極的にイメージしてみましょう。なぜならそれがあなたのやりたいことだからです。

心の中で宣言する際は、「すでに実現している前提」でイメージしてみましょう。

 

 

いつ達成するか決める

自分のセルフイメージがはっきりしたら、今度はその実現に向けていつ頃達成できそうなのか期限を決めましょう。

 

ナオミ
2016年8月に行くアメリカ旅行までに英語を使って現地の人たちと話しをすることができる

 

このように具体的な日付と実際に起こりうるイベントを設定しましょう。

そうすることでそれに向けてする必要のあることが動き出していきます。

しかし宣言しなければ何も動きませんし、もちろん変化もありません。

 

 

視覚化する習慣をつける

宣言した内容を紙やポストイットに書き出して、それをボードに貼ってみましょう。

それに関連する写真があると更によいです。そうして書き出した目標をできるだけ時間のあるときに読み返してイメージしてみましょう。

 

セルフイメージのチェックで実現する確率が高まる

私も自分が将来実現したいことはすべてボードに書き出して、何度も読み返す習慣をつけています。

全て達成できてはいませんが、今のところ70~80%の確立で達成できています。

僕の場合、毎日見ることはありませんが、1週間に1回程度、仕事に行く前に見てイメージするようにしています。

英語学習に直結するものではありませんが、目標の1つに、「2018年に語学学校を設立」という紙を貼っているのですが、こちら少しずつ話が進んでおります。

宣言した当初はただの夢に過ぎなかったのですが、不思議と出資してくれる人が見つかり、今色々と話しあっているところです。

 

 

「本当に自分が実現したいこと」なのか定期チェック

たくさんボードに自分が書いたものの、結局やらなかったり、全然達成できていないものもあります。

そういうものは、再度「自分が本当にしたいこと」または、「達成したいこと」なのか自分に聞いてみましょう。

こういう場合は、なんとなくで書いていた可能性が高いので、外して捨てちゃいましょう。

そうすると本当にやりたいことや、達成したいことだけがボードに残り、常に自分のセルフイメージが明確な状態になります。

 

 

最後に

こうして英語をやってみたいと思ったのも何か縁があったからです。

その気持ちを大事にして、心から来る自分の衝動に従ってセルフイメージや目標を作ってみましょう。

きっとワクワクするような出来事があなたを待っているでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、英語学習の目標設定よりセルフイメージの持ち方がかなり重要な件でした。

定期的に自分のセルフイメージをチェックしながら、上手に英語力を伸ばしていきましょう。

それでは、See you next time!

 

 

ついに公開します!僕が英語を流暢に話せるまでにやった8つの全トレーニング

2018年12月27日

【初級〜中級向け】オーバーラッピングの効果的やり方

2018年8月21日

短期で習得したい人必見!英語を話せる近道は「試合」と「自主練」を積み重ねること

2018年8月11日

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中