3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

日常会話で大活躍!”something like that”の意味と使い方をマスターしよう

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

イントロダクション

こんにちは、皆さん!今日も英語の学びを楽しんでいますか?

“something like that”ってどういう意味?

英語のフレーズの中でも、”something like that”は特に日常会話でよく耳にする表現の一つです。このフレーズは直訳すると「そんな感じのもの」となりますが、実際には「そんな感じ」「それに似たもの」などの意味で使われます。シンプルで使いやすいので、覚えておくと便利です。

本記事の目的

このブログ記事では、”something like that”の基本的な意味と使い方について詳しく解説します。さらに、具体的な例文を通して、どのような場面で使えるのかをわかりやすく説明します。この記事を読めば、日常会話やビジネスシーンで自然に”something like that”を使いこなせるようになること間違いなしです!どうぞ最後までお楽しみください。

 

 

無料トライアル実施中

基本の意味と使い方

“something like that”の直訳と意味

“something like that”を直訳すると「そんな感じのもの」や「それに似たもの」となります。この表現は、何かを具体的に説明するのが難しい時や、少し曖昧な表現をしたい時に便利です。要するに、完璧に一致するものではないけれど、大体そんな感じ、という意味で使います。

“something like that”は、カジュアルな会話からビジネスシーンまで幅広く使える表現です。以下に、具体的な使い方をいくつか例文と共に紹介します。

カジュアルな会話での使い方

友達との会話や日常のちょっとしたやり取りでよく使われます。

ビジネスシーンでの使い方

ビジネスの場でも、少し柔らかい表現をしたい時に使えます。

これらの例文を参考にして、”something like that”の使い方をしっかりと身につけてください。日常の会話でもビジネスの場面でも、適切に使えるようになると、英語のコミュニケーションが一段とスムーズになりますよ!

 

 

具体例で覚えよう!

カジュアルな会話での使い方

日常会話で「something like that」を使うと、話の流れがスムーズになり、柔らかい印象を与えることができます。友達や家族とのリラックスした会話でよく使われる場面を見てみましょう。

  • 例文1:
    • 英語: “I’m thinking about going to the beach this weekend. Maybe we can have a barbecue or something like that.”
    • 日本語: 「今週末ビーチに行こうと思ってるんだ。バーベキューとか、そんな感じのことができるかも。」
  • 例文2:
    • 英語: “I need to buy a new jacket, maybe something casual or something like that.”
    • 日本語: 「新しいジャケットが必要なんだ。カジュアルな感じのものとか、そんな感じのものがいいかな。」
  • 例文3:
    • 英語: “Let’s watch a movie tonight. Something funny or something like that.”
    • 日本語: 「今夜映画を見ようよ。面白い感じのものとか、そんな感じのものがいいね。」

ビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンでも、「something like that」を使うと、相手に柔らかい印象を与えつつ、提案や意見を述べることができます。会議やメールなどでの使い方を見てみましょう。

  • 例文4:
    • 英語: “We need to come up with a new marketing campaign. Something innovative or something like that.”
    • 日本語: 「新しいマーケティングキャンペーンを考える必要があります。革新的な感じのものとか、そんな感じのことがいいでしょう。」
  • 例文5:
    • 英語: “Our sales target for next quarter should be around $1 million, or something like that.”
    • 日本語: 「次の四半期の売上目標は100万ドルくらいにしましょう、それかそんな感じの数字で。」
  • 例文6:
    • 英語: “Let’s schedule a follow-up meeting next week, maybe Wednesday or something like that.”
    • 日本語: 「来週フォローアップの会議を予定しましょう。水曜日とか、そんな感じの日程で。」

これらの具体例を通して、日常会話やビジネスシーンで「something like that」を自然に使えるように練習してみてください。柔らかい表現を使うことで、コミュニケーションがより円滑になりますよ。

 

 

“something like that”を使うときの注意点

使いすぎに注意!

“something like that”は便利な表現ですが、使いすぎると少し曖昧で自信のない印象を与えてしまうことがあります。特にビジネスシーンでは、具体的で明確な言葉を使う方が信頼感を高めることができます。

  • 注意点1:
    • カジュアルな会話では:
      友達との会話などでは気軽に使えますが、何度も同じ表現を繰り返すと、話が曖昧になりがちです。時々具体的な言葉を使って、話の内容をはっきりさせましょう。
  • 注意点2:
    • ビジネスシーンでは:
      会議やプレゼンテーションで多用すると、意図が不明瞭に感じられることがあります。大事な場面では具体的な提案やデータを使って説明するよう心がけましょう。

曖昧さを避けるポイント

“something like that”は便利ですが、曖昧さを避けるためには使い方に工夫が必要です。以下のポイントを押さえて、適切に使いましょう。

  • ポイント1:
    • 具体例を挙げる: “something like that”を使う前後に具体的な例を挙げると、相手により明確に伝わります。
    • 例文: “We need a new marketing strategy, like social media campaigns or something like that.”
    • 日本語: 「新しいマーケティング戦略が必要です。例えば、ソーシャルメディアキャンペーンとか、そんな感じのものです。」
  • ポイント2:
    • フォローアップの説明をする: 曖昧さを避けるために、”something like that”を使った後に具体的な説明を加えると効果的です。
    • 例文: “We could have a team-building activity, like a workshop or something like that. For example, a leadership skills workshop would be great.”
    • 日本語: 「チームビルディングの活動ができるといいですね。例えばワークショップとか、そんな感じのものです。例えば、リーダーシップスキルのワークショップが良いでしょう。」

これらの注意点を守りながら「something like that」を使うと、相手に曖昧な印象を与えず、効果的にコミュニケーションを取ることができます。適切に使い分けて、よりスムーズな会話を楽しみましょう!

 

 

まとめ

振り返り

今日は、英会話でよく使われるフレーズ「something like that」について学びました。このフレーズは、何かを具体的に言うのが難しいときや、少し曖昧な表現をしたいときにとても便利です。基本の意味は「そんな感じのもの」「それに似たもの」という意味で、日常会話からビジネスシーンまで幅広く使うことができます。

ポイントを振り返りましょう:
  1. 基本の意味と使い方:直訳は「そんな感じのもの」で、使い方の例文をいくつか紹介しました。
  2. 具体例で覚えよう:カジュアルな会話とビジネスシーンでの使い方を具体的に説明しました。
  3. 使うときの注意点:使いすぎに注意し、具体的な例を挙げたり、フォローアップの説明を加えることで曖昧さを避けるポイントを紹介しました。

読者への感謝

最後までお読みいただき、ありがとうございました!皆さんが「something like that」を使いこなせるようになることで、英会話がさらに楽しく、スムーズになることを願っています。もしこの記事が役に立ったと思ったら、ぜひお友達にもシェアしてくださいね。また、他にも知りたい英語表現やフレーズがあれば、ぜひコメントで教えてください。

これからも一緒に英語を楽しみながら学びましょう!次回の記事もお楽しみに!

 

 

クイズで復習!

最後に、今日学んだ内容をクイズで復習しましょう。簡単なクイズで理解度をチェックしてみてください!

クイズ1: “something like that”の基本的な意味は何ですか?

  1. 完全に具体的なもの
  2. それに似たもの
  3. 全く異なるもの

クイズ2: 次の文の中で”something like that”を正しく使っているのはどれですか?

  1. “I want to buy a car or something like that.”
  2. “I need to go to the grocery store or something like that.”
  3. “I have to finish this project by tomorrow or something like that.”

クイズ3: ビジネスシーンで”something like that”を使う時に気を付けるべきことは何ですか?

  1. 具体的な例を挙げる
  2. できるだけ頻繁に使う
  3. 重要な場面では使わない

クイズ4: 次の文を完成させてください。

“We should plan a team-building activity, like a workshop or __________.”

答え合わせ

  1. 正解:2. それに似たもの
  2. 正解:1. “I want to buy a car or something like that.”
  3. 正解:1. 具体的な例を挙げる
  4. 正解:”something like that”

いかがでしたか?クイズを通じて「something like that」の使い方がさらに理解できたと思います。ぜひ、日常会話やビジネスシーンで積極的に使ってみてくださいね!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム