今日から使い分簡単!”You should 〜”と”You must 〜”の違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は教えて!”You should 〜”と”You must 〜”の違いとその使い方についてお話します。英語を学習していたら誰もが知っている基本中の助動詞shouldとmustって意味が似ていて実際どう使い分けてよいかわからないときってないですか?mustのほうがどこか強そうと感じる方も多いと思いますが、そのあたりを深堀して明確に使い分けられるようにしていきます。この記事を読めばさらに文法力がアップします。それではまいりましょう。

 

 

You should 〜は相手にアドバイスをするときに使う

ある同僚にいつもきつくあたるマイクに…

ウィル
You should be kinder to him.
彼にもっとやさしくしたら。

 

眠そうな同僚に…

ナオミ
You should take a nap on your lunch break.
お昼休憩のときに仮眠したほうがいいよ。

 

すぐに食べ物を飲み込んでしまう息子に…

リョウ
You should chew your food properly.
しっかり食べ物を噛んだほうがいいよ。

 

You should 〜.は相手にとってすると良いことをおすすめする場合に使う表現です。なので意味は「〜したほうがいいよ」となります。つまり相手にアドバイスをするときに使いますね。ought to 〜と似た意味と考えてよいでしょう。例文1のように、いつもある同僚にきつくあたるマイクにアドバイスをしています。例文2と3も同様にまた食べものをしっかりと噛まない息子に、眠そうな同僚にアドバイスをしていますね。だからshouldを使います。

 

 

You must 〜.は相手に警告するときに使う

最終電車が近づいているのにのんびりしている同僚へ…

アイヴァン
You must hurry if you have to catch the last train.
最終電車に乗るなら急がないとダメだよ。

 

明日朝一に大事なクライアントとのミーティング上司からあって…

ウィル
You must arrive in time.
時間通りに到着しないとダメだよ。

 

You must 〜.は義務のニュアンスを含みます。have to 〜と同じですね。なので相手に言わば何かを強制させたいときに使います。特にそれをしないと相手に悪い事態を引き起こす可能性があることに対して使います。例文1のように、ホテルに宿泊することはできますが、最終電車を逃すと今日は帰宅できないという最悪の事態を引き起こしてしまいます。また例文2も大事なミーティングに遅刻すれば、お客さんを失うという最悪の事態になるかもしれません。だから相手に忠告や警告をしないといけないのでmustを使います。

 

 

まとめ

相手にソフトな提案程度であればshouldを使い、一方で悪い事態が起きないように相手に警告する場合はmustを使います。インプットできたでしょうか。次はレッスンや実践の場でどんどんアウトプットしていきましょう。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

mustに関連する記事

”must be”の意味とその使い方【may beやcould beとの違いもわかる】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が教えて!”You should 〜”と”You must 〜”の違いとその使い方でした。それではSee you around!

コーチング型ジム系オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で英語力が2倍速進化します。まずは気軽に無料トライアルからお試いただけます

こんな方へ
・講師からのフィードバックが適当
・取り組むべき課題がわからない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・不自然な英語になってしまう
・話すと文法がめちゃくちゃ
・TOEICは高得点だけど話せない
・仕事で使える英語力がほしい

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界トップのアウトプット
・発言内容はすべて見える化
・発言内容の添削とフィードバック
・時間のかかる予習は不要
・話せる成功法則に沿ったレッスンフロー
・とことん寄り添うパーソナルコーチング

コンサルテーションでは課題と目標をご相談してあなたのニーズにあった体験レッスン(評価とフィードバック付き)をご提供中!

最速進化して気持ちまで自由に
短期集中プラン【人気No.1】

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・周りと圧倒的な差をつけたい
・周りが認める英語力がほしい
・近々海外で働く予定がある
・会社で英語を使う必要がある
・昇進に英語力がどうしても必要

妥協を許さない集中プラン
・最高102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・心強い定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出