3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

シチュエーション別に学ぶ「大丈夫」の英語フレーズ40選

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

この記事の目的と概要

こんにちは!英語を学んでいる皆さんにとって、「大丈夫」という表現は日常会話でよく使われる大切なフレーズですよね。このブログ記事では、さまざまなシチュエーションで使える「大丈夫」の英語表現を目的別に40個ご紹介します。

普段の会話の中で「大丈夫」と言いたい時、どんな表現が適切か悩んだことはありませんか?例えば、友達に心配しないでと言いたい時、同僚に「問題ないよ」と伝えたい時、または自分自身の気持ちを安心させたい時など、様々なシチュエーションがありますよね。このブログ記事を読めば、そんな時に使える表現をマスターできるので、自信を持って英語で「大丈夫」と言えるようになります。

「大丈夫」の意味と重要性

「大丈夫」という日本語は非常に多用途な言葉で、様々な意味やニュアンスを持っています。「心配しないで」「問題ないよ」「私は大丈夫」「それでいいよ」など、シチュエーションによって意味が変わることもあります。この多様性が「大丈夫」を表現するための英語フレーズを学ぶ際のポイントとなります。

英語では「大丈夫」に該当する単一の言葉は存在しません。そのため、具体的なシチュエーションやニュアンスに合わせた表現を使うことが求められます。適切なフレーズを使うことで、相手に安心感を与えたり、トラブルを円滑に解決したりすることができます。

この記事を通じて、シチュエーション別に適した「大丈夫」の英語表現を学ぶことで、日常会話やビジネスシーンでのコミュニケーション力を向上させましょう。さあ、これから一緒に「大丈夫」をマスターしていきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

一般的な「大丈夫」の表現

“It’s okay.”

“大丈夫です。”という意味で最も一般的な表現の一つです。軽いトラブルや小さな心配ごとに対して使うことができます。

例文: “Don’t worry about the mistake. It’s okay.”

 

解説: 「そのミスについて心配しないで。大丈夫だよ。」という意味です。誰かがミスをして謝った時に、相手を安心させるために使えます。

“No problem.”

「問題ないよ。」という意味で、相手が何かを心配している時や、何かをお願いされた時に使います。カジュアルな場面でよく使われます。

例文: “Can you help me with this task?” “Sure, no problem.”

 

解説: 「この仕事を手伝ってくれる?」 「もちろん、問題ないよ。」という意味です。助けを求められた時に、快く応じる際に使います。

“I’m fine.”

「私は大丈夫です。」という意味で、特に自分の体調や気分について話す時に使います。

例文: “Are you feeling okay?” “Yes, I’m fine. Thanks for asking.”

 

解説: 「体調は大丈夫?」 「うん、大丈夫だよ。聞いてくれてありがとう。」という意味です。自分の体調や気分が問題ないことを伝える時に使います。

これらの表現は、日常会話で頻繁に使われるため、覚えておくととても便利です。様々な状況で適切に使い分けることで、自然なコミュニケーションが取れるようになります。

 

 

健康に関する「大丈夫」

“I’m feeling good.”

「私は調子がいいです。」という意味で、自分の体調や気分が良いことを伝える時に使います。一般的な健康状態を表す表現です。

例文: “How are you today?” “I’m feeling good, thank you.”

 

解説: 「今日はどうですか?」 「調子いいです、ありがとう。」という意味です。挨拶として使うことも多く、相手に自分の健康状態を伝える時に使います。

“I’m all right.”

「私は大丈夫です。」という意味で、特に心配されている時に使います。軽い病気やけがをした時に、相手に心配させないための表現です。

例文: “You look a bit pale. Are you okay?” “Yes, I’m all right. Just a bit tired.”

 

解説: 「ちょっと顔色が悪いけど、大丈夫?」 「うん、大丈夫。ちょっと疲れてるだけ。」という意味です。軽い体調不良について説明する時に使います。

“No need to worry.”

「心配しないでください。」という意味で、相手の心配を軽減するために使います。特に相手が自分の健康状態を心配している時に安心させる表現です。

例文: “I heard you were sick. Are you sure you’re okay?” “Yes, no need to worry. I’m recovering well.”

 

解説: 「病気だったと聞いたけど、本当に大丈夫?」 「うん、心配しないで。順調に回復しているよ。」という意味です。病気やけがからの回復を伝える時に使います。

これらの表現は、自分の健康状態を伝える際に非常に役立ちます。相手を安心させるために、適切な表現を使うことで、円滑なコミュニケーションが図れます。

 

 

心配しないでという意味の「大丈夫」

“Don’t worry.”

「心配しないで。」という意味で、相手が何かについて心配している時に使います。シンプルでよく使われる表現です。

例文: “I’m so sorry for being late.” “Don’t worry. It’s okay.”

 

解説: 「遅れてごめんなさい。」 「心配しないで。大丈夫だよ。」という意味です。誰かが遅刻したり、小さなミスをした時に、相手を安心させるために使います。

“Everything’s fine.”

「すべて大丈夫です。」という意味で、状況が全て問題ないことを伝えたい時に使います。相手に安心感を与える表現です。

例文: “Is everything okay with the project?” “Yes, everything’s fine. We’re on schedule.”

 

解説: 「プロジェクトは大丈夫ですか?」 「はい、すべて大丈夫です。予定通り進んでいます。」という意味です。仕事やプロジェクトの進捗状況について話す時に使います。

“There’s nothing to worry about.”

「心配することは何もないです。」という意味で、相手の不安を解消するために使います。詳細な説明が必要な時に使われることが多いです。

例文: “I heard about the incident. Is everyone okay?” “Yes, there’s nothing to worry about. Everyone is safe.”

 

解説: 「その事故のことを聞いたけど、みんな大丈夫?」 「はい、心配することは何もないです。みんな無事です。」という意味です。事故やトラブルが発生した時に、相手を安心させるために使います。

これらの表現は、相手の不安を和らげるために非常に役立ちます。心配している相手に対して、適切な表現を使って安心感を与えることで、信頼関係を築くことができます。

 

 

励ましの「大丈夫」

“You can do it.”

「あなたならできるよ。」という意味で、誰かが困難に直面している時や挑戦に立ち向かっている時に使います。応援の気持ちを伝える表現です。

例文: “I’m nervous about the presentation tomorrow.” “Don’t worry, you can do it!”

 

解説: 「明日のプレゼンが不安だよ。」 「心配しないで、あなたならできるよ!」という意味です。プレゼンテーションや試験など、大きなイベントの前に使います。

“Stay strong.”

「強くいてね。」という意味で、困難な状況に直面している人を励ますために使います。困難に立ち向かうための勇気を与える表現です。

例文: “I know this is a tough time, but stay strong. We’re all here for you.”

 

解説: 「大変な時期だと思うけど、強くいてね。私たちみんながあなたのそばにいるよ。」という意味です。家族や友人が困難に直面している時に使います。

“Keep going.”

「頑張り続けて。」という意味で、挑戦や困難に対して諦めずに続けるように励ます表現です。前進を促すポジティブな言葉です。

例文: “I’ve been working on this project for months, but it’s still not finished.” “Don’t give up. Keep going, you’re doing great.”

 

解説: 「何ヶ月もこのプロジェクトに取り組んでいるけど、まだ終わっていない。」 「諦めないで。頑張り続けて、あなたは素晴らしいことをしているよ。」という意味です。長期のプロジェクトや挑戦に対して使います。

これらの表現は、困難に直面している人に勇気や安心感を与えるために非常に役立ちます。励ましの言葉を使うことで、相手に前向きな気持ちを持たせ、困難を乗り越える力を引き出すことができます。

 

 

トラブルに対する「大丈夫」

“We’ll handle it.”

「私たちが対処します。」という意味で、問題やトラブルに対して責任を持って対応することを伝える表現です。安心感を与えるために使われます。

例文: “There’s a problem with the software update.” “Don’t worry, we’ll handle it.”

 

解説: 「ソフトウェアのアップデートに問題があります。」 「心配しないで、私たちが対処します。」という意味です。技術的な問題や緊急事態に対して使います。

“It’s under control.”

「問題は収まっています。」という意味で、現在の状況が管理下にあることを伝える表現です。トラブルが解決に向かっていることを示します。

例文: “Is everything okay with the project?” “Yes, it’s under control. We had some issues, but they’re being resolved.”

 

解説: 「プロジェクトは大丈夫ですか?」 「はい、問題は収まっています。いくつかの問題がありましたが、解決に向かっています。」という意味です。プロジェクトや作業の進捗について話す時に使います。

“We’ll figure it out.”

「私たちが解決します。」という意味で、まだ解決策が見つかっていない問題に対して、これから対応することを約束する表現です。

例文: “We don’t have enough materials for the project.” “Don’t worry, we’ll figure it out.”

 

解説: 「プロジェクトのための材料が足りない。」 「心配しないで、私たちが解決します。」という意味です。未解決の問題や予期しないトラブルに対して使います。

これらの表現は、トラブルや問題に直面した際に、相手に安心感を与えるために非常に役立ちます。適切な言葉を使うことで、状況が管理下にあり、解決に向かっていることを示すことができます。

 

 

謝罪に対する「大丈夫」

“It’s all right.”

「大丈夫です。」という意味で、誰かが謝罪した時に、その謝罪を受け入れる際に使います。相手に安心感を与え、許していることを伝える表現です。

例文: “I’m sorry for the mistake I made.” “It’s all right. Mistakes happen.”

 

解説: 「ミスをしてしまってごめんなさい。」 「大丈夫です。ミスは誰にでもあります。」という意味です。相手がミスをした時に、そのことを受け入れていることを伝えるために使います。

“No worries.”

「心配しないで。」という意味で、誰かが謝罪した時に、そのことを大した問題ではないと示すために使います。カジュアルな場面でよく使われます。

例文: “Sorry I couldn’t make it to the meeting.” “No worries, we can catch up later.”

 

解説: 「会議に出席できなくてごめんなさい。」 「心配しないで、後で話しましょう。」という意味です。小さなミスや予定変更に対して使います。

“Don’t mention it.”

「そのことについては気にしないで。」という意味で、誰かが謝罪した時に、その謝罪を受け入れ、感謝の気持ちも伝える表現です。親しみやすいニュアンスがあります。

例文: “Thank you for helping me with my project.” “Don’t mention it. I’m always here to help.”

 

解説: 「プロジェクトを手伝ってくれてありがとう。」 「気にしないで。いつでも手伝うよ。」という意味です。謝罪や感謝に対して、相手に負担を感じさせないために使います。

これらの表現は、誰かが謝罪した時に、相手を安心させ、問題がないことを伝えるために非常に役立ちます。適切な言葉を使うことで、謝罪を受け入れる姿勢を示し、良好な関係を維持することができます。

 

 

提案やお願いに対する「大丈夫」

“That’s fine with me.”

「それで大丈夫です。」という意味で、提案やお願いに対して同意する際に使います。相手の提案やお願いを受け入れることを示す表現です。

例文: “Can we meet at 3 PM instead of 2 PM?” “That’s fine with me.”

 

解説: 「2時ではなく、3時に会うのはどうですか?」 「それで大丈夫です。」という意味です。予定の変更や提案に同意する際に使います。

“I’m okay with that.”

「それで問題ないです。」という意味で、提案やお願いに対して肯定的に応じる際に使います。相手の提案やお願いが自分にとって問題ないことを示します。

例文: “Would you mind if we moved the meeting to tomorrow?” “I’m okay with that.”

 

解説: 「会議を明日に移してもよろしいですか?」 「それで問題ないです。」という意味です。予定変更や新しい提案に対して使います。

“Sure thing.”

「もちろん。」という意味で、提案やお願いに対して快く承諾する際に使います。カジュアルで親しみやすい表現です。

例文: “Can you send me the report by end of day?” “Sure thing.”

 

解説: 「今日中にレポートを送ってもらえますか?」 「もちろん。」という意味です。お願い事や依頼に対して、快く引き受ける際に使います。

これらの表現は、提案やお願いに対して肯定的に応じるために非常に役立ちます。適切な言葉を使うことで、相手に安心感を与え、スムーズなコミュニケーションを促進することができます。

 

 

状況や状態に対する「大丈夫」

“Everything is okay.”

「すべて大丈夫です。」という意味で、全体的な状況や状態が問題ないことを伝える表現です。安心感を与えるためによく使われます。

例文: “Is everything okay with the new project?” “Yes, everything is okay. We’re making good progress.”

 

解説: 「新しいプロジェクトはすべて順調ですか?」 「はい、すべて大丈夫です。順調に進んでいます。」という意味です。プロジェクトや仕事の進捗について話す時に使います。

“All is well.”

「すべて順調です。」という意味で、状況が問題ないことを伝えるもう一つの表現です。フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使えます。

例文: “I heard about the incident at work. Is everything under control?” “Yes, all is well. The situation is handled.”

 

解説: 「仕事での出来事を聞いたけど、すべて順調ですか?」 「はい、すべて順調です。状況は対処済みです。」という意味です。仕事や問題が解決したことを伝える際に使います。

“Nothing to worry about.”

「心配することは何もありません。」という意味で、相手の不安を解消するために使います。トラブルや問題がないことを強調する表現です。

例文: “Is the flight on time? Any delays?” “No, there’s nothing to worry about. Everything is on schedule.”

 

解説: 「フライトは時間通りですか?遅れはありますか?」 「いいえ、心配することは何もありません。すべて予定通りです。」という意味です。旅行やスケジュールについての心配を解消する際に使います。

これらの表現は、全体的な状況や状態が問題ないことを伝えるために非常に役立ちます。相手に安心感を与え、信頼を築くために適切な言葉を使うことで、円滑なコミュニケーションを図ることができます。

 

 

困難やチャレンジに対する「大丈夫」

“We’ll get through this.”

「私たちはこれを乗り越えます。」という意味で、困難な状況やチャレンジに直面している時に使います。共に困難を乗り越えるという連帯感を伝える表現です。

例文: “This project is tougher than we expected.” “I know, but we’ll get through this together.”

 

解説: 「このプロジェクトは思ったより大変だね。」 「そうだね、でも一緒に乗り越えよう。」という意味です。難しいプロジェクトや状況に直面している時に使います。

“It’s going to be fine.”

「大丈夫になります。」という意味で、現在の困難が解決されることを示す表現です。未来に対する安心感を与えます。

例文: “I’m really stressed about the upcoming exams.” “Don’t worry, it’s going to be fine. Just do your best.”

 

解説: 「もうすぐ試験があって本当にストレスを感じている。」 「心配しないで、大丈夫になるよ。頑張ってね。」という意味です。試験や大きなイベントに対しての不安を和らげるために使います。

“We can manage.”

「私たちは対処できます。」という意味で、困難な状況に対して自信を持って対応できることを示す表現です。解決策があることを示します。

例文: “The workload is quite heavy this month.” “Yes, but we can manage if we work together.”

 

解説: 「今月の仕事量はかなり多いですね。」 「はい、でも一緒に働けば対処できます。」という意味です。チームでの協力を促す際に使います。

これらの表現は、困難やチャレンジに直面している時に、相手に安心感と希望を与えるために非常に役立ちます。適切な言葉を使うことで、困難な状況を乗り越えるための勇気と自信を相手に与えることができます。

 

 

心の安定を表す「大丈夫」

“I’m at peace.”

「私は心が落ち着いています。」という意味で、心の安定や安心感を表現する際に使います。内面的な平穏を伝える表現です。

例文: “After resolving the issue, how are you feeling now?” “I’m at peace, thank you for asking.”

 

解説: 「問題が解決した後、今の気分はどうですか?」 「私は心が落ち着いています。聞いてくれてありがとう。」という意味です。大きな問題や悩みが解決した後の気持ちを伝える際に使います。

“I’m calm.”

「私は落ち着いています。」という意味で、緊張や不安がないことを伝える表現です。特にストレスの多い状況や緊急時に使われます。

例文: “You seem very composed despite the situation.” “Yes, I’m calm and ready to handle it.”

 

解説: 「この状況にもかかわらず、とても落ち着いて見えますね。」 「はい、私は落ち着いていて、それに対処する準備ができています。」という意味です。緊張を感じる場面で、自分の落ち着きを示す際に使います。

“Everything is under control.”

「すべてが管理下にあります。」という意味で、状況が問題なく進んでいることを伝える表現です。特に複雑な状況で安心感を与えたい時に使います。

例文: “How’s the crisis management going?” “Don’t worry, everything is under control.”

 

解説: 「危機管理はどう進んでいますか?」 「心配しないで、すべてが管理下にあります。」という意味です。緊急事態や困難な状況で、問題が解決に向かっていることを示す際に使います。

これらの表現は、心の安定を伝えるために非常に役立ちます。適切な言葉を使うことで、自分自身や他人に安心感を与え、ストレスや不安を和らげることができます。

 

 

未来に対する安心感を表す「大丈夫」

“The future looks bright.”

「未来は明るいです。」という意味で、将来に対するポジティブな見通しを示す表現です。希望や期待感を伝えます。

例文: “Despite the recent challenges, I’m confident about our business.” “Yes, the future looks bright.”

 

解説: 「最近の課題にもかかわらず、私は私たちのビジネスに自信があります。」 「はい、未来は明るいです。」という意味です。困難を乗り越えた後の前向きな展望を伝える際に使います。

“We’ll be okay.”

「私たちは大丈夫です。」という意味で、困難な時期を乗り越えた後の安心感を表現します。共に困難を克服する連帯感を含みます。

例文: “Things are tough right now, but we’ll be okay.” “I believe in us. We’ll get through this.”

 

解説: 「今は厳しい状況だけど、私たちは大丈夫です。」 「私たちを信じています。これを乗り越えましょう。」という意味です。困難な状況でも未来に希望を持っていることを伝える際に使います。

“Better days are ahead.”

「より良い日々が待っています。」という意味で、未来に対する希望と楽観的な見通しを表す表現です。現在の困難を乗り越える力を与えます。

例文: “We’ve been through a lot this year, but better days are ahead.” “Absolutely, let’s keep moving forward.”

 

解説: 「今年はいろいろなことがありましたが、より良い日々が待っています。」 「その通り、前に進み続けましょう。」という意味です。困難を経験した後、前向きな未来に目を向ける際に使います。

これらの表現は、未来に対する安心感や希望を伝えるために非常に役立ちます。適切な言葉を使うことで、困難な状況にある相手に前向きな気持ちを持たせ、励ましと希望を与えることができます。

 

 

まとめ

「大丈夫」を使いこなすためのポイント

この記事では、さまざまな状況に応じた「大丈夫」の英語表現を紹介しました。これらの表現を使いこなすためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

シチュエーションに応じた表現を選ぶ

「大丈夫」は多くの異なる意味を持ちます。心の安定を伝えたい時、健康状態を表す時、困難に立ち向かう時など、それぞれのシチュエーションに適した表現を使うことで、相手に正確なメッセージを伝えることができます。

相手の感情や状況を考慮する

相手がどのような感情を抱いているか、どのような状況に置かれているかを考え、それに合わせた表現を選ぶことが重要です。例えば、相手が緊張している場合は「I’m calm.」などの安心感を与える表現を使うと効果的です。

自然な英語表現を使う

日常会話でよく使われる自然な表現を覚えておくと、よりスムーズなコミュニケーションが可能になります。カジュアルな場面では「No worries.」、フォーマルな場面では「Everything is under control.」など、場面に応じた言葉を使い分けましょう。

自分の状況に合った表現を選ぶ重要性

「大丈夫」を英語で表現する際には、自分の状況や相手の状況に合った適切なフレーズを選ぶことが非常に重要です。適切な表現を選ぶことで、相手に安心感や信頼感を与えることができ、円滑なコミュニケーションを促進します。

例えば、仕事の場面でのトラブル対応には「We’ll handle it.」や「It’s under control.」を使うと効果的です。また、友人や家族との会話で励ましたい時には「You can do it.」や「Better days are ahead.」を使うと良いでしょう。

この記事で紹介した40の「大丈夫」の英語表現を活用し、自分の状況に最適なフレーズを選びましょう。これにより、英語でのコミュニケーションがより自然で効果的になります。

最後に

「大丈夫」という表現は、シンプルでありながら非常に多様な場面で使われます。この記事を参考にして、自分に合った英語表現を見つけ、日常生活やビジネスシーンで自信を持って使ってください。英語でのコミュニケーションがさらに豊かになることを願っています。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム