”〜 work”と”〜 doesn’t work”の3つの意味とその使い方【「働く」ではありません】

こんにちはリョウです。今日は”〜 work”と”〜 doesn’t work”の意味とその使い方【「働く」ではありません】についてお話します。この記事を読めば英語力が今日より少しアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”〜 work”と”〜 doesn’t work”の意味とその使い方

スマホを取り出して…

ウィル
My phone is not working. How come?
俺のスマホが動かない。なんで?

 

友人の家にブラン管テレビが置いてあって…

ナオミ
Does it still work?
これまだ使えるの?
リョウ
It still works well.
まだぜんぜん使えるよ。

 

あるスマホアプリについて話していて…

アイヴァン
This application doesn’t work sometimes.
このアプリたまに起動しないんだよね。

 

いかがでしたでしょうか。〜 worksや〜 doesn’t workのコアイメージはあるものが機能する/機能しないです。だからこの場合にworkは私たちが知っている「働く」という意味ではなくて、このworkは「〜が動く」や「〜が起動する」、「〜は使える」などという意味になります。もちろん否定形でも疑問文で使うこともできます。そのほかにもフィットする意味はあると思いますが上記3つがもっともフィットする意味かと思います。

 

 

「効く」や「都合が良い」という意味もある

ご紹介している意味以外に実は「効く」や「都合がよい」という意味もあります。どちらも会話でよく使われる意味なので合わせて覚えておくとよいでしょう。以下例文をみてみましょう。

スタローン
Miso soup works for me to cure a hangover.
二日酔いを治すのに味噌汁が効くんだよね。

 

同僚から明日の3時にミーティングはどうか聞かれて…

リョウ
Yes, that works for me.
うん、大丈夫だよ(都合がつくよ)

 

このようにコアイメージ「何かが機能する」というところから考えると「効く」や「都合がよい」という意味になるのもなんとなく納得できるのではないでしょうか。

 

 

workに関連する記事

ビジネスシーンでメチャ役立つ!”I’m working on it.”の意味と使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”〜 work”と”〜 doesn’t work”の意味とその使い方【「働く」ではありません】でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。