「英語をマジで流暢に話せるようになりたい!」と思っているあなたへ聞きたい6つの質問

こんにちは、リョウです。「英語をマジで話せるようになりたい!」と思っているあなたへ記事を書いています。

では、これから聞く6つの質問に対して、どれだけ”Yes!”と言えたかで、あなたの本気度がわかります。

また、6つともパーフェクトなら、英語を流暢に話せるようになるマインドセットはすでにできています。

どれかかけているなら、どうやったらそのマインドセットを持てるか一度考えてみましょう。

あとは、学習方法さえ間違っていなければ、時間が経つにつれてどんどんうまくなっていきます。

 

それでは、まいりましょう。

 

 

1: セルフイメージを持っていますか?

まず1つ目は、セルフイメージを持っているかどうか。

本気で流暢に英語が話せるようになりたいのであれば、どのぐらいのレベルで英語が話せるようになりたいのか、まず明確にしましょう。

これは、リスニングスキルがどれくらいでとか、スピーキングレベルがとかではなくて、自分が見本にしたいイングリッシュスピーカーとか、自分の想像できる範囲で、どんな感じで英語を使いこなしたいかといったものです。

漠然としていてもいいです。

例えば、

  • アメリカに行って、バーで話しかけた外国人と話が盛り上がって簡単に友達になれる自分
  • 英語圏にある本社との会議で、余裕で英語で議論し合える自分
  • 周りにあっと驚かれるような、ネイティブ発音を身につけている自分

こんな感じです。

 

こんなこと言ったら笑われそうですが、僕は英語を学習し始めたときから、ブラットピットやトムクルーズといったハリウッド俳優のようにかっこよく英語を話したいという、セルフイメージがありました。

そういった自分が目指すべきところがあるので、それに到達するまでの好奇心や学習意欲は飽きません。

さらに、実現する可能性を高めるために、紙にそのセルフイメージを書き出して、いつも見えるところに貼っておくと効果的です

僕は、ボートを買ってそこに自分のセルフイメージを書いた紙を貼っています。

それを時間があるときに見て、イメージするようにしています。

もし、まだセルフイメージがない方は、これを機会に是非作ってみましょう。

 

  • 参考にした本

 

 

2: 「話すこと」を生活の一部にできますか?

2つ目は、「話すこと」を生活の一部にしているか、です。

本気で流暢に英語を話せるようになりたいのであれば、話すことを生活の一部、別の言葉でいうと、習慣にする必要があります。

これは「マスト」です。

習慣にもなっていないのに、流暢に話せるようになれる方は、おそらく天才的な能力の持ち主だと思います。

習慣になるまでの時間はだいたい1ヶ月から3ヶ月程度と言われています。

なので、もし「話すこと」をまだ生活の一部にできていないのであれば、この習慣にすることがファーストステップです

「話すこと」といっても必ずしもレッスンでなければいけない必要はありません。

今は、お手頃な値段でオンラインでレッスンを受けられるようになりましたが、僕の学生時代は、オンラインスクールもまだそこまで認知されていないときで、存在すら知りませんでしたし、最寄りの英会話スクールに行くほどお金がありませんでした。

何をやったかというと、アルクのCD付リーディング教材を使って、「一人スピーキング」をやりました。

いわゆる、「シャドーイング」です。

音声を聞きながら、それを真似して、ひたすら音読する作業です。

1日ノルマを決めて、2年間続けました。

2年後にはかなりネイティブに近い発音になっていました。

実際に周りからもなんでそんなに発音がネイティブみたいなのか、どうやって習得したのか聞かれました。

そうやって、日々の中に自然に英語を取り入れていることは、とても重要です。

英語を話す機会がないと気持ち悪いぐらいになれば、もうこっちの勝ちです。

やり方は、様々だと思います。

オンラインスクールの力を借りてやるのもいいと思いますし、僕がやったような一人スピーキングでもいいと思います。

なので、一番あなたにあった形を探しましょう。

 

 

  • 読んでおきたい関連記事

お金をかけずに上達できる!効果のあった一人スピーキングの練習方法!

2016.07.12

 

 

3: 劣等感と向き合う覚悟はありますか?

3つ目は、劣等感と向き合えるかどうかです。

なぜ「劣等感」なのか。

英語で人と話し始めると、やっぱり自分より上手い人と会う機会が必ず出てきます。

英語サークルや、留学先、ワーキングホリー、そして海外勤務先など、と場所は様々です。

そういうところで、自分より英語をスラスラ話す方は必ずいるものです。

僕も、以前通訳の仕事をしていたときに、インターナショナルスクールに通っていて、さらに英語圏に長年住んだことがある女性の方と一緒に働きました。

もちろん、もうネイティブレベルです。そんな人と同等で毎日仕事をするので、最初はたまったもんじゃあーりませんでした。

劣等感を毎日感じました。でも、上には上がいます。

英語に限らず、人生において劣等感からは逃げることができません。

また、そういった感情がわくのは普通です。

大事なのは、そういう劣等感としっかりと向き合って、その感情をうまく自分の中で利用できるかどうかです。

なぜなら、劣等感を感じたときこそ、英語がまた飛躍的に伸びるチャンスです

劣等感と向き合っていると、最初は心地が悪いですが、時間が経つにつれて考え方がクリエイティブになってきます。

そのとき、何をすればその人たちのようになれるのか、どうすれば今より上達できるのか、というのが見えてきます。

こういったプロセスを体感して前進していけるか、いけないかで今後の上達は大きく変わっていきます。

 

  • 読んでおきたい関連記事

他人と比較してしまったときこそ英語力を伸ばす絶好チャンス!マイナスからプラスの方向へ転換する方法

2016.04.29

 

 

4: 怖れや不安と向き合う覚悟はありますか?

4つ目は、恐れと不安と向き合えるか。英語を流暢に話せるようになるためには、会話において、何千回という「間違え」をしないと到達できません。

そういう間違えをする中で感じる恐れや不安としっかりと向き合う覚悟もありますか?

ここでいう「間違え」というのは文法的なミスや不自然な言い回しや文のことをいいます。

よく、インプットをしっかりしてから、英会話をスタートするほうがいいという方はいますが、僕はそうは思いません。

なぜなら、しっかりインプットをしていてもしていなくても、話せばわかりますが、絶対に間違えます。わかっていても間違えます。

これは、長年英会話をやっている方をたくさん見てきて、また自分も含めて事実として断言できます。

なので、インプットしながらどんどん話していったほうが一番効率的なのです

話が脱線しましたが、英語を話す中で、間違えることへの恐れや不安と向き合うことがでいないと、流暢に英語を話せるようにはなりません。

話すのが慣れてくると、だんだん間違うことに対して肯定的になれます。

肯定的になってきたら、間違えることが楽しくなってきます。

なぜなら、まだ伸びるチャンスがそこにはあるからです

それを埋めていけば、どんどんうまくなっていきます。

なので、恐れや不安としっかりと向き合って、それをうまく利用できるかが流暢に話せるようになるための鍵でもあります。

 

  • 読んでおきたい関連記事

英語学習を始める前に知っておきたい、不安や恐れと向き合う方法!

2016.04.10

 

 

5: あなたの「ワクワク」はなんですか?

「英語」と「ワクワク」って関係あんの?とツッコミが飛んできそうですが、僕はあえて関係性をもたせたほうが、英語に対してのモチベーションは維持しやすいと思っています。

なぜなら、心のそこから感じる「ワクワク」と英語を組み合わせたほうが英語は伸びやすいからです。

あなたの「ワクワク」はなんですか?

一度今までの人生を振り返って探してみるのもありです。

どんなことをしているときに「ワクワク」や「楽しさ」を感じやすいか。

それと英語をできるだけ組み合わせてください。

そこに英語を話すことの大きな可能性が秘めています。

僕の場合は、自分の「ワクワク」をすべてリストで洗い出し、全部英語と結びつけました。

  • 映画を見ること→英語字幕で洋画を見る
  • Youtubeを見ること→英語圏で活躍するYoutuberの動画を見る
  • 旅行をすること→海外旅行や勤務、滞在してみる
  • スマホをいじること→言語を英語にする
  • 音楽を聞くこと→洋楽を聞いたり、英語の歌詞をみてギターを引いてみる
  • 体を鍛えること→英語圏の人の鍛え方を紹介した動画を見る
  • 女性と話すこと→英語圏の女性とお付き合いをしてみる

 

こんな感じで、最後のは不適切だったかもしれませんが(笑)、ワクワクと英語を結びつけるとかなりモチベーションを維持できます。

あなたも一度洗い出して、どれだけ英語と結び付けられるか試してみませんか?

きっと楽しい日や展開がまっています。

 

  • 参考になった本

 

 

6: 自分の目標や夢を最後まで信じれますか?

6つ目は、自分の目標や夢を最後まで信じれるかです。

別の言葉でいうと、最後まで諦めずにできるかどうかです。

途中で、「ダメだな」と落ち込んだり、「私には英語なんて話せない」と悲観的になったりすることはあります。

僕も、正直何度もそこにぶつかってきました。

でもその度に、しっかりと向き合って、自分の目標やセルフイメージを思い浮かべました。

そして、自分を信じました。

僕は人生において、まだ大きなことを成し遂げたことはないですが、英語を流暢に話すことに関しては、あの野球界のレジェンドであるイチローさんと同じことが言えます。

 

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

 

今日、英語に少し触れてみること、そして明日も少し触れてみること。

その積み重ねがいずれは大きな成果へとつながっていきます。

僕自身も、1000円の英語のリーディング教材をまず1枚めくって一文を読むところから始まりました。

なので、積み重ねの中で、自分を信じてやれるか、これもとても重要な要素の一つとなります。

 

 

最後に

いかがでしたか?

少し長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの今後の英語学習に是非この6つのマインドセットを活かして、素晴らしい可能性を実現していただくことを心より祈っています。

それでは、See you around!

 

 


 

 

英語が上手に流暢に話せる人の5つの共通点

2018.03.26

知らないと損する!英語学習の目標設定をする前に、まずセルフイメージをチェック

2016.06.22

英会話学習を成功させる7つのマインドセット!

2016.04.28

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中