キッパリ否定できない!「〜というわけではない」の英語表現とその関連フレーズ

こんにちは、リョウです。

今日は、「〜というわけではない」の英語表現についてお話します。

はっきり否定できない、したくないっていうときに便利なフレーズです。

これを使えば、さらに細かく自分の気持ちを伝えられるようになるでしょう。

それでは、まいりましょう。

 

 

動画チュートリアル

 

 

「〜というわけではない」を英語で言うと?

それでは、マイクとリョウの会話を見てみましょう。

友人との会話で…

リョウ
I heard you broke up with Naomi.
ナオミと別れたってきいたよ。
マイク
No, it’s not like we broke up.
いや、別れたわけじゃないんだ。

 

 

「〜というわけではない。」や「別に〜ってわけじゃないんだ。」とはっきりと否定できないときは、”It’s not like 〜.”を使います。くだけた会話では”it”を省略して”Not like 〜.”と言うこともあります。他の表現で言うと”I don’t think + 文.”が一番ピッタリなニュアンスかと思います。

マイクの例文だと、”I don’t think we broke up.”「俺たちは別れたとは思ってない。」のような響になります。

 

 

ここでの”like”の品詞は?

“It’s not like 〜.”の”like”の品詞は「接続詞」で、文と文をつなげる役割があります。注意深く見ると”It’s not”と”we broke up”という文をつなげているのはこの”like”ですね。

“like”にはいろいろな使い方があって使いこなすのに時間がかかりますが、大変便利な単語なので少しずつ一緒にマスターしていきましょう。

 

 

“as if”と置き換えられる

“like”の変わりに”as if”で置き換えることも可能です。違いとしては“like”のほうがカジュアルな場面で使われるのに対して、”as if”は一般的に広く使われます。マイクに例文を言ってもらいましょう。

友人との会話で…

マイク
It’s not as if I did anything wrong.
何か間違ったことをしたわけじゃないだ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”It’s not like 〜.”の意味と使い方でした。

それでは、See you around!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。