”I hear you”や”I hear ya”の意味とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。

今日は”I hear you”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば英語の表現力がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”I hear you”の意味とその使い方

コロナ自粛が終わり同僚が出社するのが億劫だと言っていて…

リョウ
I hear you. I hope they will allow us to work from home anytime.
わかるわ。いつでもテレワークができるといいな。

 

夫が仕事での悩みを話してくれて…

ナオミ
I hear you. But everything will be okay.
わかるわ。でもねなんとかなるよ。

 

ビジネスパートナーが商品の値段を上げたいと言い出して…

リョウ
I hear you, but I disagree.
わかるけど、賛成できないな。

 

遅刻ばかりする同僚の言い訳を聞いた後に…

ロバート
I hear you, but is it that hard to do?
わかるけど、そんなに難しいことなの?

 

“I hear you”は「わかるよ」という意味で相手の気持ちや意見に共感するときによく使われるカジュアルな英語表現です。1つ目の使い方としては1つ目と2つ目の例文のように相手の気持ちに共感するとき、そしてもう一つの使い方が相手の意見に対して共感するときにです。ただし相手の意見に共感するときはたいてい反対意見を直後に加えることが多いです。

またアメリカの人は”you”を省略して“I hear ya”と言うこともよくあります。まったく同じ意味で“I hear what you are saying.”もよく使われます。また共感をもっと強めたいのであればfeelを使って“I feel you.”というフレーズもあります。バリエーションをもって使えるようになるといいですね。

 

 

共感フレーズ

他にも相手に共感する場合に使えるフレーズはたくさんありますがいくつかご紹介しておきますね。

マイク
I know.
わかる。

 

リョウ
I see.
そうだね。

 

ナオミ
I know what you mean.
言ってることわかるよ。

 

リョウ
Right.
確かに。

 

他にもまだありますがこのぐらい覚えておいたら問題なく共感できる人になれるでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”I hear you”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。