短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

「〜はどうだった?」を英語で聞く方法:「How was…?」の使い方完全ガイド

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。「How was…?」は、日常英会話において非常によく使われるフレーズです。相手の体験や感想を尋ねる際に便利で、シンプルながらも心を込めたコミュニケーションを図ることができます。それでは、まいりましょう。

 

 

使い方

「How was…?」の使用は、日常英会話において相手の経験や感想を尋ねるための基本的かつ強力なツールです。この表現の美しさは、その柔軟性にあります。具体的なイベント、経験、さらには相手の感情の状態に至るまで、幅広いコンテキストで使用できるため、コミュニケーションを深め、相手との関係構築に役立ちます。

「How was…?」の意味

直訳すると、「〜はどうだった?」となりますが、この質問の背後には、相手の経験に対する真の関心や好奇心が含まれています。このフレーズは、相手に対してその体験がどのような感情や印象をもたらしたかを尋ねることで、個人的なレベルでの交流を促します。

使用する場面

  1. 社交的な場面: 友人や同僚との会話で、彼らの週末、休暇、または特別なイベント(例えば、結婚式やパーティー)について尋ねるときによく使用されます。これにより、相手の個人的な興味や楽しみについて話すきっかけを作ることができます。
  2. 職場環境: 同僚や部下が重要な会議、プレゼンテーション、またはプロジェクトを終えた後に、その経験や成果について尋ねる際に使います。これは、職場におけるサポートと関心を示す良い方法です。
  3. 学校や教育の文脈: 学生が試験、プレゼンテーション、または特定のプロジェクトを終えた後、その準備や感じたことについて尋ねる場合に適しています。
  4. 個人的な成長や体験に関する場面: 誰かが新しい趣味、スポーツ、または自己啓発のコースを試した後に、その経験がどのようなものだったかを尋ねることで、個人的な成長に対する関心を示します。

使用時のポイント

  • 具体性: より具体的な質問をすることで、相手がより詳細で個人的な返答をしやすくなります。例えば、「How was your weekend?」よりも「How was your hiking trip this weekend?」の方が、より具体的な回答を引き出しやすくなります。
  • 聞き手の姿勢: 質問をする際は、真に相手の答えに関心を持っていることを示すことが重要です。これは、非言語的なコミュニケーション(目の接触、身体の向き)や、質問に続くフォローアップの質問を通じて示すことができます。
  • 文化的感度: 地域や文化によっては、特定の質問が不適切とされる場合があります。例えば、非常に個人的な体験や感情について尋ねる場合、相手との関係や相手の快適さを考慮することが重要です。

「How was…?」の使用は、日常の会話を豊かにし、相手とのつながりを深める素晴らしい方法です。相手の話を真剣に聞くことで、相互理解と信頼の構築につながります。

 

 

よくある間違いや注意点

  • 「How was…?」は過去の出来事に対して使うため、現在進行形や未来形の出来事には適切ではありません。
  • 相手の体験に焦点を当てるため、具体的な質問をすることが重要です。

 

 

例文

同僚がミーティングから帰ってきて…

マイク
How was your meeting?
会議はどうだった?

 

 

週末に実家へ帰っていた友人に…

ロバート
How were your parents?
両親はどうだった?

 

 

上司の誕生日会に参加していた同僚に…

リョウ
How was the birthday party?
誕生日会はどうだった?

 

 

海外から帰国してきた息子に…

ロバート
How was the flight?
フライトはどうだった?

 

 

その他例文

  1. “How was your weekend?”(週末はどうだった?)
  2. “How was the movie last night?”(昨夜の映画はどうだった?)
  3. “How was your trip to Kyoto?”(京都への旅行はどうだった?)

“How was 〜?”は、「〜はどうだった?」という意味で、相手に過去に起こったことやしたことの評価や意見を聞くときによく使われる英語表現です。〜の部分に関しては会話上明確なことが多いので、多くの場合代名詞itで表現することができます。

旅行から帰ってきた妻に…

スタローン
How was it?
どうだった?

 

 

質問に対する返答のバリエーション

  • “It was great, thanks for asking!”(素晴らしかったよ、聞いてくれてありがとう!)
  • “Not bad, but I was expecting more.”(悪くなかったけど、もう少し期待してた。)
  • “Honestly, it was a bit disappointing.”(正直、少し期待外れだった。)

 

 

使用上のポイント

質問をする際の具体性と真の関心を示す方法は、効果的なコミュニケーションの鍵です。ここでは、「How was…?」を使う際のコツやヒントをさらに深堀りしていきましょう。

具体性を高める

  1. 詳細を含める: 質問する際には、相手が参加したイベントや経験した活動の詳細を含めることで、質問をより具体的にし、相手が答えやすくなります。例えば、「How was your weekend?」ではなく、「How was your hiking trip in the mountains this weekend?」と尋ねることで、より具体的な情報を引き出すことができます。
  2. 関心のある領域に焦点を当てる: 相手が特に情熱を持っている活動や興味のある分野に関する質問をすると、より意味のある会話につながりやすくなります。相手の好みや過去の経験から、どのような話題が適切かを判断しましょう。

真の関心を示す

  1. 質問後のフォローアップ: 相手の回答を聞いた後、さらに詳しく知りたい部分についてフォローアップの質問をします。これにより、相手に対する真の関心を示すことができます。例えば、「It was great!」という回答に対して、「What was the best part of it?」と尋ねるといった具合です。
  2. 感情に共感する: 相手が特定の経験について話しているときは、その感情に共感を示します。喜び、失望、驚きなど、相手が表現する感情に対して共感的な反応をすることで、より深いつながりを築くことができます。
  3. 非言語的コミュニケーションを利用する: 質問をするときや相手の話を聞いているときは、目の接触を保つ、頷くなどして、非言語的にも関心を示しましょう。これにより、相手に対する注目と理解を伝えることができます。

会話を豊かにするためのヒント

  1. 状況に応じた質問を選ぶ: 相手の状況や最近の出来事に応じて、質問をカスタマイズします。例えば、相手が最近昇進した場合、「How was your first week in the new position?」と尋ねることで、その人の新しい経験に焦点を当てることができます。
  2. オープンエンドの質問を使う: 「Yes」や「No」で答えられる閉じた質問ではなく、オープンエンドの質問を使って、より豊かな会話を促します。これにより、相手はより詳細な情報や感情を共有しやすくなります。
  3. 話題の変更に柔軟に対応する: 会話中、相手が特定のトピックについて熱心に話し始めたら、その流れに乗って質問の方向を変える柔軟性を持ちましょう。これにより、相手が自分自身を表現しやすくなり、会話がより自然に流れます。

「How was…?」を効果的に使用することで、日常会話をより豊かで意味のあるものに変えることができます。相手に対する真の関心を持ち、聞き手としてのスキルを磨くことが、これらのコツやヒントを実践する上での鍵となります。

 

 

How was -ingの使い方

「How was -ing?」は、英語において過去の活動や経験について尋ねる際に使用される質問形式です。ここでの「-ing」は動詞の現在分詞形を指し、特定の行為や活動がどのように行われたか、またはその経験がどのようなものだったかについて話す人に尋ねるために用いられます。

意味と使用

この形式での質問は、特に過去に行われた特定の活動や経験に焦点を当て、その活動を行った人の感想、反応、感情、または全体的な経験について知りたいときに使います。質問者は、その活動から得られた印象や結果に関する詳細を探っています。

使用例

  1. “How was going to the new museum?” – この場合、「新しい美術館に行くことはどうだった?」と尋ねており、訪問した経験の質やその人が美術館から持ち帰った感想についての情報を求めています。
  2. “How was trying out the new restaurant?” – 「新しいレストランを試すことはどうだった?」という質問では、レストランの食事や雰囲気、サービスなど、レストラン体験全般に対する感想を尋ねています。
  3. “How was working on the project?” – 「プロジェクトに取り組むことはどうだった?」という質問は、プロジェクトの作業過程、遭遇した課題、達成感など、プロジェクト実施の経験に関するフィードバックを求めています。

コミュニケーションでの役割

「How was -ing?」形式の質問は、相手が経験した具体的な活動について深く掘り下げ、その経験がどのようなものだったかをより詳細に理解するための素晴らしい方法です。これは、相手に対する関心を示すと同時に、会話の流れを豊かにし、より深いレベルでの交流を促すための効果的な手段です。

 

 

練習問題

How was…?」を使った英会話の練習問題をいくつか作成します。これらの問題は、日常生活のさまざまなシチュエーションをカバーし、この質問形式を使って相手の経験や感想を探る練習に役立ちます。

練習問題 1: 友人との会話

あなたの友人が最近、待ちに待ったコンサートに行きました。そのコンサートの体験について尋ねてみましょう。

  • 質問例: “How was the concert you went to last weekend?”

練習問題 2: 職場での会話

同僚が新しいプロジェクトのプレゼンテーションを終えたばかりです。そのプレゼンテーションの感想を尋ねてみましょう。

  • 質問例: “How was your presentation yesterday? Did everything go as planned?”

練習問題 3: 家族との会話

あなたの兄弟が最近、新しい趣味として料理教室に参加し始めました。その体験について尋ねてみましょう。

  • 質問例: “How was your first cooking class? Did you learn anything exciting?”

 

 

似たような表現

英会話において、「How was…?」と似たような表現を使って、相手の経験や感想、満足度について尋ねることは一般的です。これらの表現は、会話を豊かにし、相手の思考や感情を引き出すのに役立ちます。

“What did you think of…?”(〜はどう思った?)

この質問は、相手に特定の事柄やイベントに対する意見や評価を尋ねるときに使います。個人的な見解や批評を求める際に特に有効です。

例文: “What did you think of the presentation?”(プレゼンテーションはどう思った?)

この質問は、プレゼンテーションの内容、発表者のスキル、またはプレゼンテーションが与えた印象について、聞き手の直接的な意見を求めています。

“Did you enjoy…?”(〜は楽しめた?)

「楽しむ」という動詞は、体験や活動から得られた喜びや満足感に焦点を当てた質問をする際に使用されます。これは、相手が特定の経験をポジティブに受け止めたかどうかを探る良い方法です。

例文: “Did you enjoy the concert?”(コンサートは楽しめた?)

ここでは、コンサートのパフォーマンス、音楽、雰囲気など、イベント全般に対する楽しさや満足度を問いかけています。

“Were you satisfied with…?”(〜に満足した?)

この表現は、サービス、商品、または特定の経験の品質に対する満足度を測るために用いられます。これにより、期待が満たされたか、またはそれを超えたかについてのフィードバックを得ることができます。

例文: “Were you satisfied with your hotel?”(ホテルには満足した?)

宿泊体験の質、客室の快適さ、サービスのレベルなど、ホテルに対する全体的な満足度に関する質問です。

 

 

関連する語彙とその例文

会話において、経験や感想に関する話題を深めたい場合、特定の語彙を使うことで、より詳細な情報を引き出すことができます。

“experience”(体験)

「体験」は、ある活動やイベントを通じて得られた知識や感情を指します。これは、具体的な活動から抽象的な学びまで、幅広いコンテキストで使用されます。

例文: “How was your experience at the new museum?”(新しい美術館の体験はどうだった?)

この質問は、美術館での見学体験全般について、訪問者の感想や学びを尋ねています。

“impression”(印象)

「印象」は、ある事物や状況が個人に与えた感じや思い込みを指します。初めての経験や出会いに対する反応を表現するのに特に適しています。

例文: “What was your first impression of Tokyo?”(東京の最初の印象はどうだった?)

この質問は、東京を訪れた際の初めての感覚や感情、観察についての意見を求めています。

 

 

押さえておきたいポイント

「How was…?」を使う際は、相手が具体的に答えやすいように、質問の内容を工夫することが大切です。また、相手の返答に対して関心を持ち、コミュニケーションを深めることを心がけましょう。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

Howに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「How was…?」は、日常の英会話において非常に便利なフレーズです。この記事を参考にして、より自然な英語表現を身につけ、日常生活でのコミュニケーションを豊かにしましょう。以上が”How was 〜?”の意味とその使い方でした。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース