3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語での「相談する」が楽になる!職場でのフレーズとテクニック集

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに:相談するって英語でなんと言うの?

こんにちは!今日は職場での英語での相談についてお話しします。相談したい時、英語ではどのように言えばいいのでしょうか?まずは、基本的なフレーズを覚えましょう。

英語で「相談する」は何と言うのか

英語で「相談する」という言葉は主に以下のように表現されます。

  • Consult(コンサルト)
  • Ask for advice(アスク・フォー・アドバイス)
  • Seek advice(シーク・アドバイス)

これらの言葉を使って、職場での相談をスムーズに進めることができます。

簡単な例文

それでは、具体的な例文を見てみましょう。

  1. Consult
  2. Ask for advice
  3. Seek advice

これらの例文を使うことで、英語での相談がよりスムーズに行えるようになります。まずは、基本のフレーズを覚えて実際に使ってみてくださいね。

 

 

 

無料トライアル実施中

なぜ職場での相談が大切なのか

こんにちは!今回は、職場での相談の重要性についてお話しします。職場での相談は、なぜそんなに大切なのでしょうか?そして、相談することでどんなメリットが得られるのでしょうか?

職場で相談することの重要性

職場での相談は、チームの効率や仕事の質を高めるために非常に重要です。以下の理由から、相談することが欠かせません。

  1. コミュニケーションの向上相談することで、同僚や上司とのコミュニケーションが深まります。オープンなコミュニケーションは、誤解を減らし、スムーズな仕事の進行につながります。
  2. 問題解決のスピードアップひとりで悩むよりも、他の人に相談することで、より早く問題を解決できることがあります。異なる視点やアイディアを取り入れることで、新しい解決策が見つかることが多いです。
  3. 信頼関係の構築相談することは、信頼関係を築くための重要なステップです。相談することで、相手に対する信頼感が生まれ、逆に相手からの信頼も得られやすくなります。

相談することで得られるメリット

職場で相談することには、多くのメリットがあります。具体的には以下のようなものがあります。

  1. ストレスの軽減悩みや問題を抱え込まずに相談することで、精神的なストレスが軽減されます。話をするだけでも、気持ちが楽になることがあります。
  2. 自己成長他の人の意見やアドバイスを受け入れることで、自分の視野が広がり、新しい知識やスキルを身につけることができます。これが、長期的なキャリアアップにもつながります。
  3. チームワークの強化チーム内で相談し合うことで、お互いの理解が深まり、チーム全体の連携が強化されます。これにより、プロジェクトの成功率が高まります。
  4. リスクの最小化事前に相談することで、潜在的なリスクや問題を早期に発見し、対応することができます。これにより、大きな問題を未然に防ぐことができます。

職場での相談は、個人だけでなくチーム全体にとってもプラスになります。次回は、職場で使える具体的な相談のフレーズについてお話しします。それではまた!

 

 

職場での相談の基本フレーズ

こんにちは!今回は、職場での相談に役立つ英語の基本フレーズを紹介します。これらのフレーズを覚えておくと、英語での相談がスムーズに進められるようになります。

英語でよく使われる相談のフレーズ

職場でよく使われる相談のフレーズをいくつか紹介します。これらのフレーズは、状況に応じて使い分けることができます。

  1. Can I talk to you about something?
    (ちょっと話したいことがあるのですが。)
  2. Do you have a moment?
    (少しお時間ありますか?)
  3. I need your advice on…
    (…についてアドバイスが欲しいのですが。)
  4. Could we discuss…?
    (…について話し合えますか?)
  5. I have a question about…
    (…について質問があります。)
  6. Can I get your opinion on…?
    (…についてあなたの意見を聞かせてください。)

具体的な例文とその使い方

それでは、上記のフレーズを使った具体的な例文を見てみましょう。

  1. Can I talk to you about something?
    • “Can I talk to you about something? I need help with a project.”
      (ちょっと話したいことがあるのですが、プロジェクトについて手助けが必要です。)

    このフレーズは、一般的な相談を始める時に使えます。相手に時間があるか確認するための丁寧な表現です。

  2. Do you have a moment?
    • “Do you have a moment? I need to discuss our new strategy.”
      (少しお時間ありますか?新しい戦略について話し合いたいのですが。)

    こちらは、ちょっとした相談を持ちかける時に便利です。忙しい相手にも気軽に声をかけやすいフレーズです。

  3. I need your advice on…
    • “I need your advice on this report. Can you take a look?”
      (このレポートについてアドバイスが欲しいのですが、見ていただけますか?)

    特定の問題や課題についてアドバイスを求める時に使います。具体的な対象を示すことで、相手に理解してもらいやすくなります。

  4. Could we discuss…?
    • “Could we discuss the upcoming meeting? I have some concerns.”
      (次のミーティングについて話し合えますか?いくつか懸念があるのですが。)

    特定のテーマについて話し合いたい時に使います。フォーマルな表現なので、公式な場でも使いやすいです。

  5. I have a question about…
    • “I have a question about the new software. Can you help me?”
      (新しいソフトウェアについて質問があります。手助けしていただけますか?)

    具体的な質問がある時に使います。シンプルでわかりやすい表現です。

  6. Can I get your opinion on…?
    • “Can I get your opinion on my presentation? I’d like to improve it.”
      (私のプレゼンについて意見を聞かせてください。改善したいのですが。)

    他の人の意見を求める時に使います。オープンな姿勢を示すことができ、相手も気軽に意見を言いやすくなります。

 

 

相談するタイミングと場面

こんにちは!今回は、職場で相談するべきタイミングと場面についてお話しします。どのような時に相談するのが適切なのか、具体的なシチュエーションを例に挙げて解説します。

どのような時に相談するべきか

職場での相談は、適切なタイミングで行うことが重要です。以下のような状況では、相談することが有効です。

  1. 問題が発生した時問題が発生した時は、早めに相談することで解決策を見つけやすくなります。問題が大きくなる前に対処することが大切です。
  2. 決断が難しい時重要な決断を迫られた時は、他の人の意見やアドバイスを求めると良いでしょう。多角的な視点からの意見を参考にすることで、より良い決断ができます。
  3. 新しいプロジェクトやタスクに取り組む時新しいプロジェクトやタスクに取り組む際は、事前に相談して計画を立てることが成功への鍵です。明確な目標や方針を確認することで、スムーズに進めることができます。
  4. 進捗が遅れている時進捗が遅れている場合は、早めに相談して対策を講じることが重要です。適切なサポートを受けることで、遅れを取り戻すことができます。
  5. ストレスや負担を感じている時仕事のストレスや負担が大きくなった時は、相談することで解消策を見つけることができます。メンタルヘルスを保つためにも、定期的な相談は大切です。

具体的なシチュエーション

それでは、具体的なシチュエーションをいくつか見てみましょう。

  1. プロジェクトの進行中に問題が発生した場合
    • 例: “We’re facing a delay due to a technical issue. Can we discuss potential solutions?”
      (技術的な問題で遅れが生じています。解決策について話し合えますか?)

    このように、問題が発生した時はすぐに相談して対応策を見つけることが重要です。

  2. 新しいタスクを受けた時
    • 例: “I just received a new task and I’m not sure how to approach it. Can you give me some guidance?”
      (新しいタスクを受けたのですが、どのように進めればいいか分かりません。指導をお願いできますか?)

    新しいタスクに取り組む前に、事前に相談して計画を立てると効率的に進められます。

  3. 重要な決断をする前
    • 例: “We need to choose between two different strategies. Can I get your opinion on which one might work better?”
      (2つの異なる戦略のどちらを選ぶべきか迷っています。どちらが良いか意見を聞かせてください。)

    重要な決断をする際には、他の人の意見を参考にすることで、より良い判断ができます。

  4. 業務が遅れている時
    • 例: “My current workload is causing some delays. Can we discuss how to prioritize tasks?”
      (現在の業務量が原因で遅れが生じています。タスクの優先順位について話し合えますか?)

    遅れが発生した場合は、早めに相談して対策を講じることが大切です。

  5. ストレスを感じている時
    • 例: “I’ve been feeling overwhelmed with work lately. Can we talk about possible ways to manage it?”
      (最近仕事で圧倒されている感じがします。対処法について話し合えますか?)

    ストレスや負担を感じた時は、早めに相談してサポートを受けることで、メンタルヘルスを保つことができます。

 

 

上手な相談の進め方

こんにちは!今回は、職場で上手に相談を進めるための方法と心がけについてお話しします。効果的な相談をするためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

効果的な相談の仕方や心がけ

効果的な相談をするためには、以下のような心がけが必要です。

  1. 明確な目的を持つ相談する前に、何を相談したいのかを明確にしておきましょう。具体的な質問や議題を準備しておくと、話がスムーズに進みます。
  2. 適切なタイミングを選ぶ相手が忙しい時や急いでいる時に相談すると、十分な時間を取ってもらえないことがあります。相手の状況を確認し、適切なタイミングで相談するように心がけましょう。
  3. 相手の意見を尊重する相談する際は、相手の意見やアドバイスを尊重しましょう。自分の考えを押し付けるのではなく、オープンな姿勢で話を聞くことが大切です。
  4. 感謝の気持ちを伝える相談に応じてもらったら、感謝の気持ちを伝えることを忘れずに。相手に対する感謝の言葉は、信頼関係を築くためにも重要です。

相談をスムーズに進めるためのポイント

効果的な相談をするためには、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  1. 事前に準備をする相談する内容を事前に整理しておくと、話がスムーズに進みます。必要な資料やデータを準備し、具体的な質問を用意しておきましょう。
  2. クリアで簡潔なコミュニケーション複雑な話を長々とするよりも、クリアで簡潔に伝えることが大切です。要点をまとめて話すことで、相手に理解してもらいやすくなります。
  3. フィードバックを求める相談の最後には、相手の意見やフィードバックを求めましょう。「どう思いますか?」や「他に良いアイデアがありますか?」と聞くことで、より多くの情報や視点を得ることができます。
  4. アクションプランを作る相談が終わった後は、具体的なアクションプランを作成しましょう。何をいつまでに行うかを明確にすることで、相談の成果を実行に移すことができます。
  5. フォローアップを忘れない相談後にはフォローアップを行いましょう。進捗状況を報告したり、再度相談が必要な場合は適切に対応することで、信頼関係を維持することができます。

 

 

相手に理解してもらうためのコツ

こんにちは!今回は、英語での相談で相手にしっかりと伝えるための方法と、誤解を避けるための表現や言い回しについてお話しします。

英語での相談で相手にしっかりと伝えるための方法

英語での相談では、相手に自分の意図を正確に伝えることが大切です。以下の方法を参考にしてみてください。

  1. シンプルで明確な言葉を使う複雑な言葉や表現を避け、シンプルで明確な言葉を使いましょう。簡潔な文章で伝えることで、相手に理解してもらいやすくなります。
  2. ポイントを整理して話す相談したい内容をあらかじめ整理し、要点をまとめて話すようにしましょう。話が長くなりすぎると、相手も混乱してしまいます。
  3. ビジュアルを活用する必要に応じて、図表やスライドを使って説明すると効果的です。ビジュアルを使うことで、視覚的に理解してもらいやすくなります。
  4. 確認しながら進める話の途中で「Is this clear?(これで分かりますか?)」や「Do you have any questions?(何か質問はありますか?)」と確認しながら進めると、誤解を避けやすくなります。

誤解を避けるための表現や言い回し

誤解を避けるためには、以下の表現や言い回しを使うと良いでしょう。

  1. 具体的な例を挙げる
    • “For example, we could improve our workflow by using new software.”
      (例えば、新しいソフトウェアを使ってワークフローを改善することができます。)

    具体的な例を挙げることで、相手にイメージしやすくなります。

  2. 相手の理解を確認する
    • “Just to make sure we’re on the same page, you mean that we should…?”
      (同じ認識を持つために確認したいのですが、あなたの言いたいことは…ということですか?)

    相手の理解を確認することで、誤解を防ぎます。

  3. 簡潔な要約をする
    • “To summarize, we need to focus on three main points…”
      (要約すると、私たちは3つの主要な点に集中する必要があります。)

    簡潔に要約することで、話の要点を明確に伝えることができます。

  4. オープンな質問をする
    • “What are your thoughts on this?”
      (これについてどう思いますか?)

    オープンな質問をすることで、相手の意見や考えを引き出しやすくなります。

  5. 曖昧な表現を避ける
    • “Instead of saying ‘soon,’ specify a time frame like ‘by the end of the week.'”
      (「すぐに」という代わりに、「今週末までに」といった具体的な時間枠を指定しましょう。)

    曖昧な表現を避け、具体的な言葉を使うことで、誤解を減らすことができます。

 

 

相談後のフォローアップ

こんにちは!今回は、相談が終わった後のフォローアップの大切さと、英語でのフォローアップの例文についてお話しします。フォローアップをしっかり行うことで、相談の成果を最大限に活用できます。

相談が終わった後のフォローアップの大切さ

フォローアップは、相談の効果を持続させるために非常に重要です。以下の理由から、相談後のフォローアップを怠らないようにしましょう。

  1. 進捗の確認相談で得たアドバイスや解決策を実行に移した後、その進捗を確認することが大切です。フォローアップをすることで、計画が順調に進んでいるか、問題が再発していないかを確認できます。
  2. 信頼関係の維持フォローアップをすることで、相談相手との信頼関係を強化できます。相手に対して感謝の気持ちを示し、進捗を報告することで、次回の相談もしやすくなります。
  3. 課題の再確認と改善フォローアップを通じて、最初の相談で見逃していた課題や新たな問題に気づくことがあります。これにより、継続的な改善が可能になります。

英語でのフォローアップの例文

それでは、英語でのフォローアップの具体的な例文をいくつか紹介します。

  1. 進捗の確認
    • “Hi [Name], I wanted to update you on the project we discussed. We’ve implemented the changes you suggested, and everything is going smoothly so far. Thank you for your advice!”
      (こんにちは、[名前]さん。この前相談したプロジェクトについて報告したいと思います。あなたのアドバイス通りに変更を実施し、今のところ順調に進んでいます。アドバイスありがとうございました!)
  2. 感謝の気持ちを伝える
    • “Dear [Name], thank you again for your time and valuable insights during our meeting. Your suggestions have been incredibly helpful, and I appreciate your support.”
      ([名前]さん、再度お時間と貴重な洞察をいただきありがとうございます。あなたの提案は非常に参考になり、感謝しています。)
  3. 追加の質問や確認
    • “Hello [Name], following up on our previous conversation, I have a few more questions regarding the implementation. Could we schedule another meeting to discuss them?”
      (こんにちは、[名前]さん。前回の会話に続いて、実施に関していくつか追加の質問があります。再度お話しするためにミーティングをスケジュールできますか?)
  4. フィードバックのリクエスト
    • “Hi [Name], we have started implementing the new strategy we talked about. I would appreciate it if you could provide some feedback on our progress.”
      (こんにちは、[名前]さん。お話しした新しい戦略の実施を開始しました。進捗についてフィードバックをいただけるとありがたいです。)
  5. 定期的な進捗報告
    • “Dear [Name], as a follow-up to our last discussion, here is a brief report on the current status of the project. We are on track to meet our deadlines and are incorporating your recommendations.”
      ([名前]さん、前回の話し合いに続いて、現在のプロジェクトの状況について簡単な報告をいたします。締め切りに向けて順調に進んでおり、あなたの提案を取り入れています。)

フォローアップをしっかり行うことで、相談の効果を高め、信頼関係を築くことができます。ぜひこれらの例文を参考にして、英語でのフォローアップを実践してみてください。

 

 

まとめ:職場での英語相談を上手に活用しよう

ここまで、職場での英語相談についてさまざまなポイントをお話ししてきました。それでは、この記事の内容をまとめ、最後に読者の皆さんへのメッセージをお伝えします。

記事の内容

職場での英語相談は、仕事の効率や質を向上させるために非常に重要です。この記事では、以下のポイントについて解説しました。

  1. 相談するって英語でなんと言うの?
    • 「Consult」「Ask for advice」「Seek advice」などのフレーズを使って相談の方法を紹介しました。
  2. なぜ職場での相談が大切なのか
    • コミュニケーションの向上、問題解決のスピードアップ、信頼関係の構築などのメリットを説明しました。
  3. 職場での相談の基本フレーズ
    • 「Can I talk to you about something?」「Do you have a moment?」などの具体的なフレーズとその使い方を紹介しました。
  4. 相談するタイミングと場面
    • 問題が発生した時、決断が難しい時、新しいプロジェクトやタスクに取り組む時など、適切なタイミングを説明しました。
  5. 上手な相談の進め方
    • 明確な目的を持つ、適切なタイミングを選ぶ、相手の意見を尊重するなどの効果的な相談の進め方を解説しました。
  6. 相手に理解してもらうためのコツ
    • シンプルで明確な言葉を使う、ポイントを整理して話す、ビジュアルを活用するなどの方法を紹介しました。
  7. 相談後のフォローアップ
    • 進捗の確認、信頼関係の維持、課題の再確認と改善などのフォローアップの重要性を説明し、英語でのフォローアップの例文を紹介しました。

読者に向けたメッセージ

職場での英語相談は、初めは難しく感じるかもしれません。しかし、基本的なフレーズを覚え、適切なタイミングで相談を行い、効果的な方法を実践することで、次第に自信を持って相談できるようになります。

相談することは、あなた自身の成長だけでなく、チーム全体の成長にもつながります。オープンなコミュニケーションを大切にし、積極的に相談を活用しましょう。

最後に、この記事が皆さんの英語相談の参考になれば幸いです。職場での英語相談を上手に活用し、より良い職場環境を築いてくださいね。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。ありがとうございました!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム