英会話レッスンで緊張して楽しめない方が知っておきたい6つのこと

こんにちは、リョウです。

今日は、英会話レッスンで緊張して楽しめないという方へいくつかアドバイスができたらなと思います。

僕自身、英語をゼロの状態から始めたので非常にこの気持ちはわかります。

そんな僕ですが、英語を話し始めて12年ほどで、現在は英語を流暢に話せるようになりましたし、外国人の方とも結婚し毎日英語を話すような生活を送っています。

英語を話し始めたときの自分とは考えられないような未来を過ごしていますw。

そんな経験から、いくつかお伝えします。

この記事を読んで実行すれば、話すことが楽になり、また少しずつ流暢になっていくでしょう。

それでは、まいりましょう。

 

 

対象

  • 完璧にやらないとと感じてしまう
  • 正しい文で言わないとと思ってしまう
  • 間違えることはダメだと思っている
  • 間違えて傷ついたり、攻撃されるのがイヤ
  • 頭が考えすぎてパニックになる

 

 

1. 完璧を意識しすぎないで

完璧に話すことを意識しすぎていませんか?

別の言葉でいうと、正しい英語で話そう話そうと思ってしまう傾向がありがちではないでしょうか。

要は、間違えることへの恐れや恥ずかしさが先行してしまい、なかなか英語で発信することができないといった状況です。

僕もこれを経験しました。

話せないことを開き直るのがいいと簡単に言われることはありますが、そんな簡単にはいかないかなと個人的には思っています。

なのでとりあえず、考え方を変えるところから始めましょう。

英語を流暢に話すまでには時間がかかります。

具体的には、下記カードよりご覧ください。

英語を短期で習得するために、必要な学習時間は?

2018.07.08

 

トライして、できなかったときは落ち込むこともあります。

でも、たくさん間違えた人がみんな流暢に話せるようになっていきます

なぜなら、間違えたほうがどこを改善していけばよいか肌感覚でわかり、また話せるようになる感覚もどんどん養われていくからです。

僕もその一人です。

その事実を知った上で、マインドセットを切り替えることです。

手に入れられる未来

話せるけど恐れや恥ずかしさで話さない→会話が弾まないし、一向に話せるようにならない

とにかく間違えるけど話しまくる→正しい英語でどんどん話せるようになっていく

 

こんな感じで、まずマインドセット(考え方)を切り替えていきましょう

できれば、どこかへメモって英会話レッスンを始めるときにいつも見るようにしましょう。

マインドセットの切り替えについては、一度時間があれば下記カードの質問に答えてみてください。

「英語をマジで流暢に話せるようになりたい!」と思っているあなたへ聞きたい6つの質問

2018.04.19

 

 

2. 話し手が求めているのは会話のキャッチボール

英語を長年話していて思うのが、結局話し手が求めているのはあなたの英語力の質より会話のキャッチボール力と内容の質だなと。

質問に対してできるだけ早くあなたがどういう内容を返すか、ここを見られていると思います。

海外にでれば、圧倒的に第二言語で英語を話す人のほうが多くて、多くの人が間違えながらも自然なコミュニケーションができています。

だから、正直ブロークンな英語でもよくて、自分の考え方が相手にスムーズに伝われば合格ラインです。

かといって、ずっとブロークンな英語のままでよいと開き直るのも微妙で、正しい英語を話せたほうが、会話にストレスは感じないし、さらにスムーズですし、周りから尊敬もされます。

大事なのは、その最終ゴールへいくために、効率よくどうアプローチをかけていくかですね。

なので、自分が思っているほど、周りはあなたの英語力はそこまで気にしていなくて、会話の内容そのものがもっとも大事ということを押させておきましょう

 

 

3. 緊張する自分を楽しめたらこっちのもの

自分の英語力の位置や間違えること対して肯定的になれたら、徐々に緊張する自分や間違える自分も楽しめてきます。

こうなれば、しめたものです。

僕も今でも早口のネイティブと話すときは少し緊張します。

英語はうまくなっても、緊張するレベル変わってくるだけだと思っています。

間違えたらどうしようと否定的な気持ちを感じることはありますが、でも最終的に話したほうが、もっとうまくなるというのを実感レベルで知っているのでどんどん話します

今まで楽しめなかった自分を受け入れて、新しい自分へシフトしていきましょう。

 

 

4. 自分にあった先生なの?

とか言っても、でもやっぱり緊張して話せないということもあります。

その原因は、もしかしたら先生に原因があるかもしれません。

なぜなら、効率よく英語力が上がる必要な要素として、先生の力量があげられるからですね。

話しやすい環境を作ってくれないような先生は、あなたが効率的に英語力をあげる妨げになります。

たとえば、プロフェッショナルじゃないとか、生徒より自分が話す時間が圧倒的に多いとか、そもそも人間的に好きになれないとか、そう言ったところです。

相性がよくて尊敬できる先生を見つけるのは難しいですが、一度その辺りも再確認して、必要であればせめて相性のよい先生を探してみましょう。

なぜなら、相性がよいとどんどん話すことが自然と出てきて、効率よくアプトプットできるからです。

 

 

5. マンツーマンで話す頻度を増やそう

話すことに対して、肯定的になったけどずっと緊張がとけず全然楽しめないこともあります。

その場合は、単純に場数や学習量が足りないかと思います。

自信のなさが極度の緊張や楽しめなさへ繋がっていきます。

なので、例えば、週1回程度のグループレッスンをしていたら、マンツーマンでもう少し話す回数をあげて発話量を増やしてみましょう。

レベル別でオススメできるオンライン英会話については、また別の記事でまとめて行きたいと思いますが、教材中心の英会話であれば、大手格安英会話スクールを利用してみるのもアリです。

 

鉄板どころでいくなら、1または2です。

定番の中でも多国籍の講師に魅力を感じるなら、2ですね。

3は、僕が以前働いていたところですが、レッスンでやったフレーズの暗記を復習システムにそってできるのが魅力です。

とにかく使えるフレーズ量を増やしたいという方向けです。

4は、ビジネス英会話を始めたい方向けの鉄板スクールです。

またRYO英会話では、教材なしのアウトプットにとことんこだわった実践トレーニングをやっています。

ざっくり言うと、基礎知識はあるけどなかなか話せない方や、他の教材中心のオンライン英会話でインプットした方向けになります。

実際にうちで今レッスンを受けている生徒さんも、他のオンラインスクールである程度インプットして、こちらへ移ってこられた方は何人かいます。

ご興味があればぜひトップページよりご覧ください。

 

 

6. 効率的に伸びる方法を活用しよう

最後は、「準備力」です。

緊張しすぎてしまう場合、場数とあと準備が足りていないことがあげられます

準備とは、つまり「スピーキングのための効率的な学習」です。

効率的に話せるようになっていない人は、だいたいこのあたりを怠りがちです。

また、どうやって効率的に話すための勉強をすればいいか教えてくれるところがないので、知らない人がほとんどです。

厳密に言うと、勉強ではなく、練習またはトレーニングと言った方がいいですね。

この準備、トレーニングをどれだけやるかで話すときの緊張がどんどん溶けて楽しめるようになってくるでしょう。

まずは、流暢に話せるために僕が全トレーニングを参考にしてみてください。

ついに公開します!僕が英語を流暢に話せるまでにやった8つの全トレーニング

2018.12.27

僕だけでなく、流暢になった人の多くがやっている手法でもあります。

なので信頼性のある内容です。

 

 

まとめ

では、最後にまとめておきます。

今の自分に足りてないところがあれば、再認識する時間にしましょう。

  1. 完璧を意識しすぎないで
  2. 話し手が求めているのは会話のキャッチボール
  3. 緊張する自分を楽しめたらこっちのもの
  4. 自分にあった先生なの?
  5. マンツーマンで話す頻度を増やそう
  6. 効率的に伸びる方法を活用しよう

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、英会話レッスンで緊張して楽しめない方がやっておきたい6つのことでした。

それでは、See you around!

 

 

ついに公開します!僕が英語を流暢に話せるまでにやった8つの全トレーニング

2018.12.27

【初級〜中級向け】オーバーラッピングの効果的やり方

2018.08.21

短期で習得したい人必見!英語を話せる近道は「試合」と「自主練」を積み重ねること

2018.08.11
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中