RYOで学ぶ:パーソナル指導+高品質フィードバック

確認上手になろう! ‘〜, right?’「だよね?」 の使い方マスターガイド【付加疑問文より簡単】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「〜, right?」は、相手に質問や確認をする際に使われるフレーズです。この表現を使うことで、自分の言ったことが相手に理解されているか確認したり、共感を求めたりすることができます。それではまいりましょう。

 

 

「〜, right?」の使う場面の解説

「〜, right?」というフレーズは、英語でのコミュニケーションにおいて非常に便利であり、幅広い文脈で使用されます。この疑問形式は、話し手がリスナーに対して理解、合意、または情報の確認を求める際に用いられます。ここでは、「〜, right?」の使う場面について具体的に解説します。

理解を確認する場面

この使用例では、「〜, right?」は、話し手がリスナーに自分の説明や指示が正しく理解されているかを確認するために使用します。これは、コミュニケーションがスムーズに進んでいるかを確かめる際に特に有効です。

例文: 「You follow what I’m saying, right?」(私の言っていること、理解してるよね?)

この例では、話し手はリスナーに対して自分の話が理解されているかを確認しており、確認の形式として「, right?」を使用しています。

合意を求める場面

ここでは、「〜, right?」を用いてリスナーの同意や賛同を求めます。このフレーズを使うことで、話し手は自分の意見や提案に対するリスナーの支持を探ります。この形式は、話し手が自分の立場を強化したいと考えている場合や、グループ内での意見の一致を確認したいときに役立ちます。

例文: 「That’s the best solution, right?」(それが最善の解決策だよね?)

この文では、話し手はリスナーに自分の考える解決策に同意してもらうことを望んでいます。

情報の正確性を確認する場面

「〜, right?」のこの使い方は、話し手が以前に伝えた情報や共有された事実が正しいかどうかをリスナーに確認する場合に適しています。これは、誤解を避け、双方が同じ認識を共有していることを確認するために重要です。

例文: 「The meeting is at 3 PM, right?」(会議は午後3時からだよね?)

この例では、話し手は会議の時間について以前に共有された情報の正確性を確認しています。

解説

「〜, right?」というフレーズは、疑問形式をとりながらも、リスナーに対して積極的に関与を促す効果的な手段です。このフレーズを使用することで、話し手はリスナーの理解を確認し、意見の合意を求めたり、情報の正確性を確認することができます。また、この表現は、対話をより参加的でダイナミックなものにし、双方のコミュニケーションを促進します。日常会話からビジネスのミーティングまで、さまざまな状況で有効に活用することができるため、英語でのコミュニケーションスキルを高める上で覚えておきたい表現の一つです。

 

 

例文

「~だよね?」と英語で伝えたいときは”~, right?”と言います。相手に念押ししたいときや同意を求めるときにによく使う便利な英会話フレーズです。二人の会話を見てみましょう。

情報の正確性を確認する

外国の友人へ…

リョウ
You’ve been to Japan twice, right?
日本に2回行ったことがあるんだよね?
アイヴァン
Yeah, I have. Why do you ask?
うん、そうだよ。なんで?

 

 

合意を求める

友人へ…

ナオミ
You can come to my party this Friday, right?
パーティーに来れるよね?
マイク
Sure, why not?
うん、もちろん。

 

 

理解を確認する

アイヴァン
I believe we should implement these changes in the project, right?”
プロジェクトにこれらの変更を導入すべきだと思うんだけど、その通りでしょうか

 

 

 

確認「right」のビジネスのでの使用

文脈と関係性:相手との関係性やコミュニケーションの文脈によっては、このような表現がカジュアルすぎると感じられる場合があります。特に、公式な文書やフォーマルなメールでは、より正式な表現を選んだ方が適切な場合が多いです。

確認を求める表現は、ビジネスコミュニケーションで相手から情報や同意を得るために用いられます。それぞれの表現は、フォーマルな状況での使用に適しており、相手に対して敬意を表しつつ、必要な確認を促します。以下にそれぞれの表現の和訳と意味を加えて説明します。

1. Could you please confirm…?

  • 和訳:「…をご確認いただけますか?」
  • 意味:この表現は、相手に特定の情報の確認や再確認をお願いする際に使用します。礼儀正しく、相手に対する尊重を示すとともに、情報が正確であることを確かめたいという意向を伝えます。
  • 例文とその意味

英語:「Could you please confirm that the meeting will take place at 10 AM?」

和訳:「10時から会議が開催されることをご確認いただけますか?」

会議の開催時間について相手に確認を求めています。時間の誤解がないように、あらかじめ確認することでスムーズな進行を促します。

2. I would like to verify…

  • 和訳:「…を確認したいのですが。」
  • 意味:自分自身が何かを確認したいという意向を伝える際に用います。この表現は、相手に対して直接的な確認を求めるのではなく、自分の確認作業や確認の必要性を伝える際に使用します。
  • 例文とその意味

英語:「I would like to verify the deadline for this project.」

和訳:「このプロジェクトの締め切りを確認したいのですが。」

プロジェクトの締め切りについて自分が正確な情報を持っているかを確かめたいというニュアンスが含まれています。

3. May I ask for your confirmation on…?

  • 和訳:「…についてご確認をお願いできますか?」
  • 意味:この表現は、相手に特定の事項や情報の確認を丁寧に求める際に使用します。直接的な確認要求よりも柔らかく、相手に対する敬意が強調されています。
  • 例文とその意味

英語:「May I ask for your confirmation on the budget allocation for this quarter?」

和訳:「今四半期の予算配分についてご確認をお願いできますか?」

予算配分の詳細や確認を求めており、これにより予算に関する誤解を防ぎ、正確な計画を立てることができます。

 

 

付加疑問文の使い方

付加疑問文(Tag questions)は、英語の文法において、主に確認や同意を求める際に使われる短い疑問文の形式です。これらは、肯定文や否定文の後に小さな「タグ」を付け加えることで形成され、話し手がリスナーに対して反応を促します。付加疑問文の基本的なルールと使い方について簡単に解説します。

基本的なルール

  1. 肯定文の後には否定のタグ:肯定文の後には、通常、否定形の疑問タグを付けます。
    • 例: 「You are coming, aren’t you?」(あなたは来るんだよね?)
  2. 否定文の後には肯定のタグ:否定文の後には、肯定形の疑問タグを付けます。
    • 例: 「You aren’t leaving, are you?」(あなたは出発しないよね?)

タグの形成

付加疑問文のタグは、文の主語と動詞に基づいて形成されます。動詞が「be動詞」や助動詞(can, will, should など)の場合、それらをタグで使用します。主要動詞の場合は、助動詞「do」をタグで使います(過去形では「did」、現在形では「do」または「does」)。

使い方

  • 確認を求める: 付加疑問文は、話し手が何かを信じているが、リスナーに確認を求めたい時に使います。この使い方は、情報の正確性を確かめたり、相手の意見や感情を確認するのに便利です。
  • 同意を求める: 何かを提案したり、自分の意見に対する同意や賛同を求めたい時にも付加疑問文が使われます。これにより、会話に流れを作り、対話を促進します。

注意点

付加疑問文を使う際は、文の時制や主語に合わせて正しい形のタグを使用することが重要です。また、話し手の意図や文脈に応じて、声のトーンを調整することで、疑問文の意図を明確に伝えることができます。

付加疑問文は、英語でのコミュニケーションをより自然で親しみやすくするための便利なツールです。この形式をマスターすることで、より効果的に情報を交換し、相手との理解を深めることができます。

付加疑問文は使いこなすまで時間がかかる

正直言うと付加疑問文は会話で使いこなせるまで時間がかかります。なので付加疑問文がよく分からないという方は、この確認の”right?”を使いましょう。上の例文の場合で言うと”You’ve been to Japan, haven’t you?”や”You

can come to my party, can’t you?”となりますが、ちゃんと付加疑問文が何か理解していないと語尾にどういう形をつけるべきなのか迷ってしまいます。しかし”right”なら語尾につけるだけで同じ使い方ができてしまうのでとっても便利です。

 

 

関連する語彙

Confirm(確認する)

「confirm」は、情報の正確性やイベントの詳細、計画などを確認する際に使用されます。これは、不確実性を解消し、共有された情報が正しいことを確かめるために重要です。

例文: 「Can you confirm that the meeting is scheduled for tomorrow?」(会議は明日予定されていることを確認できますか?)

この文では、「confirm」を使用して、会議の日程についての情報が正しいかを確認しています。これは、計画を進める上で共通の理解があることを確認するために役立ちます。

Agree(同意する)

「agree」は、意見、提案、または計画に対する賛成や同意を示す際に用いられます。これにより、合意形成を目指し、共通の立場や方向性を確認することができます。

例文: 「I hope you agree with my proposal, right?」(私の提案に賛成してくれるといいな、そうでしょう?)

この場合、「agree」は提案への同意を求める文脈で使われており、「, right?」を通じて相手の反応を引き出そうとしています。

Understand(理解する)

「understand」は、情報、指示、または説明が正しく理解されているかを確認する際に重要な動詞です。これは、誤解を避け、正しい知識や理解に基づいて行動を取るために不可欠です。

例文: 「I want to make sure you understand the instructions, right?」(指示が理解できていることを確認したいんだけど、その通りでしょうか?)

ここでの「understand」の使用は、指示が正しく伝わっているかを確認し、必要な行動が適切に実行されることを保証するために使われています。

これらの語彙は、付加疑問文と組み合わせて使用することで、コミュニケーションの効果を高め、相手との間で明確な理解と合意を確保するのに役立ちます。確認、合意、理解は、効果的なコミュニケーションの基礎を形成し、誤解のリスクを減らし、共同作業をスムーズに進めるために重要な要素です。

 

 

押さえておくべきポイント

“〜, right?”は相手に対して優しさや共感を表現するのに有効ですが、相手が不快に感じないように適切なタイミングで使用することが重要です。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「〜, right?」の使い方は、相手との円滑なコミュニケーションを図るために非常に役立つ表現です。適切な場面で使い、相手との理解や合意を得るスキルを身につけましょう。これをマスターすれば、仕事やプライベートのコミュニケーションがよりスムーズになること間違いなしです。また会いましょう。

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース