3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ビジネス英語で役立つ!「Could you elaborate on that?」の使い方ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

イントロダクション

こんにちは、英語学習者の皆さん!今日は英語の会話でよく使われるフレーズ「Could you elaborate on that?」についてお話しします。このフレーズを聞いたことがありますか?

英語を勉強していると、ネイティブスピーカーが使うちょっと難しそうなフレーズに出会うことがあります。でも心配しないでください!「Could you elaborate on that?」もその一つですが、意味を知ればとても便利な表現なんです。

このフレーズは、相手に対して「もっと詳しく説明してもらえますか?」と尋ねるときに使います。例えば、会議やプレゼンテーション、日常会話で相手の言ったことをもっと深く理解したいときに使うと、とても役立ちます。

この記事では、「Could you elaborate on that?」の基本的な意味と使い方、さらに具体的な会話例を通じて、皆さんがこのフレーズを自信を持って使えるようになる方法を紹介します。それでは、早速始めましょう!

 

 

無料トライアル実施中

基本の意味と使い方

「Could you elaborate on that?」の直訳と意味

「Could you elaborate on that?」は、日本語に直訳すると「それについて詳しく説明してもらえますか?」という意味になります。ここでの「elaborate」は「詳しく説明する」「詳述する」という意味を持ちます。

このフレーズのポイントは、相手に対して丁寧に追加の情報や詳細を求める際に使えることです。「Could you」から始まることで、依頼の表現が非常に丁寧になります。例えば、相手が何か重要なことを述べたが、詳細が分からないときに使うと便利です。

このフレーズを使う場面

このフレーズは、以下のような場面で使うことができます:

  1. ビジネスシーン
    • 会議やプレゼンテーション中に、同僚や上司が言ったことの詳細を求めるとき。
    • 例:Your report is quite interesting. Could you elaborate on the part about market trends?
      (あなたの報告書は非常に興味深いです。市場動向について詳しく説明してもらえますか?)
  2. 学術や教育の場
    • 授業中やセミナーで講師が話した内容について、もっと深く理解したいとき。
    • 例:The professor mentioned a new theory. Could you elaborate on that?
      (教授が新しい理論について言及しました。それについて詳しく説明してもらえますか?)
  3. 日常会話
    • 友人や家族が興味深い話をしているとき、もっと詳しく聞きたいとき。
    • 例:You said you had an amazing trip last summer. Could you elaborate on that?
      (昨夏の旅行が素晴らしかったと言いましたね。それについて詳しく教えてもらえますか?)

このように、「Could you elaborate on that?」は、さまざまな場面で使うことができる便利なフレーズです。特にビジネスや学術の場面で、相手の話をしっかりと理解するために使うと、非常に効果的です。

 

 

「elaborate」って何?

「elaborate」の意味と発音

「elaborate(イラボレイト)」は、英語で「詳しく説明する」や「詳述する」という意味を持つ動詞です。この単語を使うことで、相手に対して詳細な情報を求めたり、説明を求めたりすることができます。発音は「イラボレイト」と、日本語のカタカナで表記するとわかりやすいでしょう。

  • 発音: /ɪˈlæbəˌreɪt/

他の使い方も紹介

「elaborate」には他にもいくつかの使い方があります。ここでは、動詞としての使い方と、形容詞としての使い方を紹介します。

  1. 動詞としての使い方:
    • 例文
      • “She asked him to elaborate on his plan for the project.”
        (彼女は彼にプロジェクトの計画について詳しく説明するように頼みました。)
      • “Can you elaborate a bit more on the main points of your argument?”
        (あなたの議論の主なポイントについてもう少し詳しく説明してもらえますか?)
  2. 形容詞としての使い方:
    • 「elaborate」は形容詞としても使われ、意味は「複雑な」や「精巧な」です。形容詞として使う場合、発音は同じですが、文中での役割が異なります。
    • 例文
      • “The architect designed an elaborate building with intricate details.”
        (その建築家は複雑なディテールが施された精巧な建物を設計しました。)
      • “She wore an elaborate dress made of silk and lace.”
        (彼女はシルクとレースでできた精巧なドレスを着ていました。)

このように、「elaborate」は状況に応じて動詞としても形容詞としても使える便利な単語です。使い方をしっかり覚えて、さまざまな場面で活用してみてください。

 

 

具体的な使い方の例

日常会話での使い方

「Could you elaborate on that?」は日常会話でも非常に役立つフレーズです。友人や家族との会話で、相手の話をもっと詳しく知りたいときに使うことができます。以下に、日常会話での具体的な使い方を紹介します。

例1:
  • A: “I had the best vacation ever last summer.”
  • B: “That sounds amazing! Could you elaborate on that? Where did you go and what did you do?”

(訳)

  • A: 「去年の夏、最高の休暇を過ごしたんだ。」
  • B: 「それは素晴らしいね!もっと詳しく教えてくれない?どこに行って何をしたの?」
例2:
  • A: “I’ve been learning a new hobby recently.”
  • B: “Interesting! Could you elaborate on that? What is it and how did you get started?”

(訳)

  • A: 「最近、新しい趣味を始めたんだ。」
  • B: 「それは興味深いね!詳しく教えてくれない?それは何で、どうやって始めたの?」

ビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンでも「Could you elaborate on that?」は頻繁に使われるフレーズです。会議やプレゼンテーション、メールのやり取りなどで、相手の説明をもっと詳しく聞きたいときに使うと便利です。以下に、ビジネスシーンでの具体的な使い方を紹介します。

例1:
  • Manager: “Our sales strategy for the next quarter focuses on expanding into new markets.”
  • Employee: “That sounds promising. Could you elaborate on that? Which markets are we targeting and what steps will we take?”

(訳)

  • マネージャー: 「次の四半期の販売戦略は、新しい市場への拡大に焦点を当てています。」
  • 従業員: 「それは期待できますね。詳しく教えてもらえますか?どの市場をターゲットにしていて、どのようなステップを踏むのでしょうか?」
例2:
  • Colleague: “I think we should revise our current project plan.”
  • You: “I see. Could you elaborate on that? What specific changes do you have in mind and why?”

(訳)

  • 同僚: 「現在のプロジェクト計画を見直すべきだと思います。」
  • あなた: 「わかりました。詳しく説明してもらえますか?どのような具体的な変更を考えていて、その理由は何ですか?」

このように、日常会話でもビジネスシーンでも「Could you elaborate on that?」は、相手の話を詳しく理解し、より深いコミュニケーションを図るために非常に有効なフレーズです。どんどん使ってみてください。

 

 

似たようなフレーズとの違い

「Could you explain that?」との違い

「Could you elaborate on that?」と「Could you explain that?」はどちらも「詳しく説明してもらえますか?」という意味で使われますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

Could you explain that?:

  • 意味:基本的な説明を求めるフレーズ。相手に対して、その内容や概念を分かりやすく説明してもらいたいときに使います。
  • :相手が何かを簡単に説明してくれたけれど、まだ理解ができていないとき。
  • 使用例: “I’m not sure I understand your point. Could you explain that?”
    • 「あなたの言いたいことがよくわかりません。説明してもらえますか?」

Could you elaborate on that?:

  • 意味:詳細な説明を求めるフレーズ。既にある程度理解しているが、さらに深い情報や具体的な例を知りたいときに使います。
  • :相手の説明が理解できたが、さらに詳しく聞きたいとき。
  • 使用例: “I understand the basics, but could you elaborate on the specifics?”
    • 「基本的なことは理解していますが、具体的な点についてもっと詳しく教えてもらえますか?」

このように、「explain」は基本的な説明を求めるのに対し、「elaborate」は詳細な情報を求めるために使います。状況に応じて使い分けることで、より適切なコミュニケーションが可能になります。

他の似た表現も一緒に覚えよう

「Could you elaborate on that?」や「Could you explain that?」の他にも、詳細を求める際に使えるフレーズがあります。いくつか紹介します。

Could you clarify that?

  • 意味:明確にしてもらえますか?曖昧な点をはっきりさせたいときに使います。
  • 使用例: “There seems to be some confusion. Could you clarify that?”
    • 「何か誤解があるようです。それを明確にしてもらえますか?」

Could you go into more detail?

  • 意味:もっと詳しく説明してもらえますか?さらに具体的な情報を求めるときに使います。
  • 使用例: “Your proposal sounds interesting. Could you go into more detail?”
    • 「あなたの提案は興味深いです。もっと詳しく説明してもらえますか?」

Could you provide more information on that?

  • 意味:それについてもっと情報を提供してもらえますか?一般的に追加情報を求めるときに使います。
  • 使用例: “The report mentions several key points. Could you provide more information on that?”
    • 「報告書にはいくつかの重要な点が記載されています。それについてもっと情報を提供してもらえますか?」

Could you expand on that?

  • 意味:それについてもっと詳しく話してもらえますか?具体的な内容や詳細を求めるときに使います。
  • 使用例: “I like the concept. Could you expand on how it would work in practice?”
    • 「そのコンセプトは気に入りました。それが実際にどのように機能するのか、もっと詳しく話してもらえますか?」

これらのフレーズを覚えておくと、さまざまな場面で役立ちます。どれも相手に対して詳細な情報を求める際に使える便利な表現なので、ぜひ使い分けてみてください。

 

 

実際の会話での使用例

ここでは、「Could you elaborate on that?」の実際の会話での使用例を見てみましょう。具体的なシチュエーションごとに、どのように使われるかを紹介します。

会話例1:ビジネスシーン

Context: チームミーティング中に、新しいプロジェクトについて話し合っています。

  • Manager: “Our new project aims to increase our online presence by leveraging social media marketing.”
  • Employee: “That sounds promising. Could you elaborate on the strategies we will use for this?”
  • マネージャー: 「新しいプロジェクトは、ソーシャルメディアマーケティングを活用してオンラインの存在感を高めることを目的としています。」
  • 従業員: 「それは期待できそうですね。その戦略について詳しく教えていただけますか?」

会話例2:学術や教育の場

Context: 大学の授業で教授が新しい理論について説明しています。

  • Professor: “This new theory suggests that social behavior is influenced more by environmental factors than previously thought.”
  • Student: “That’s interesting. Could you elaborate on the specific environmental factors mentioned?”
  • 教授: 「この新しい理論は、社会的行動が以前考えられていたよりも環境要因に大きく影響されることを示唆しています。」
  • 学生: 「それは興味深いですね。具体的な環境要因について詳しく教えていただけますか?」

会話例3:日常会話

Context: 友人が最近の旅行について話しています。

  • Friend: “I had an amazing experience hiking in the mountains last weekend.”
  • You: “That sounds great! Could you elaborate on what made it so amazing?”
  • 友人: 「先週末、山でのハイキングが素晴らしい体験だったよ。」
  • あなた: 「それはいいね!何がそんなに素晴らしかったのか、詳しく教えてもらえる?」

ロールプレイ形式での練習方法

実際に「Could you elaborate on that?」を使いこなすためには、ロールプレイ形式での練習が効果的です。以下のステップに従って、友人や同僚と一緒に練習してみましょう。

  1. シチュエーションを設定する
    • まず、ビジネスシーン、学術の場、日常会話などのシチュエーションを選びます。
  2. 役割を決める
    • 一人が話し手(情報提供者)になり、もう一人が聞き手(詳細を求める人)になります。
  3. 会話を進める
    • 話し手は簡単な説明をし、聞き手は「Could you elaborate on that?」を使って詳細を求めます。
  4. 詳細を提供する
    • 話し手は詳細な情報や具体例を提供し、会話を深めます。

練習例

シチュエーション: ビジネスミーティング
  • 話し手(同僚): “We are planning to launch a new product next quarter.”
  • 聞き手(あなた): “That sounds exciting. Could you elaborate on the product features and target market?”
シチュエーション: 日常会話
  • 話し手(友人): “I started a new hobby recently and it’s really fun.”
  • 聞き手(あなた): “That’s cool! Could you elaborate on what hobby it is and why you enjoy it?”

このように、ロールプレイを通じて「Could you elaborate on that?」を自然に使う練習をすることで、実際の会話でもスムーズに使えるようになります。ぜひ試してみてください。

 

 

まとめ

今日学んだことの振り返り

今日は、「Could you elaborate on that?」というフレーズについて学びました。このフレーズは、相手に対してもっと詳しく説明してもらいたいときに使う非常に便利な表現です。以下のポイントをおさらいしましょう。

  1. 基本の意味:
    • 「Could you elaborate on that?」は、「それについて詳しく説明してもらえますか?」という意味です。
    • 「elaborate」は「詳しく説明する」「詳述する」という意味の動詞です。
  2. 使う場面:
    • ビジネスシーンでは、会議やプレゼンテーションで詳細を求めるときに使えます。
    • 学術や教育の場では、講義やセミナーで教授や講師の説明をさらに詳しく聞きたいときに便利です。
    • 日常会話では、友人や家族の話をもっと詳しく知りたいときに使います。
  3. 似たフレーズとの違い:
    • 「Could you explain that?」は基本的な説明を求めるのに対し、「Could you elaborate on that?」は詳細な説明を求めます。
    • 他にも、「Could you clarify that?」「Could you go into more detail?」「Could you provide more information on that?」など、詳細を求めるフレーズを覚えました。
  4. 実際の会話での使用例:
    • 具体的な会話例を通じて、ビジネスシーン、学術の場、日常会話での使い方を学びました。
    • ロールプレイ形式での練習方法を紹介しました。

読者への感謝

最後に、この記事を読んでいただき、本当にありがとうございます。この記事が少しでも皆さんの英語学習の助けになれば幸いです。「Could you elaborate on that?」というフレーズを使いこなして、英会話のスキルをさらに向上させてください。

英語学習は継続が大切です。これからも一緒に頑張っていきましょう!質問やコメントがあれば、ぜひお気軽にお知らせください。皆さんの学習をサポートできることを楽しみにしています。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム