3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ビジネスで差をつける!英単語”surpass”の意味と使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

こんにちは!今日のブログ記事では、ビジネス英語でよく使われる単語「surpass」について学んでいきます。この単語は、特にビジネスの場面でとても役立つ表現です。例えば、目標を達成したり、期待を上回ったりする場面で使われます。

この記事では、「surpass」の基本的な意味や使い方、類似の単語との違いなどをわかりやすく説明していきます。ぜひ最後まで読んで、あなたの英語力アップに役立ててください!

 

 

無料トライアル実施中

“surpass” の基本的な意味

辞書的な定義

“surpass” は動詞で、「超える」や「上回る」という意味があります。英語の辞書では次のように定義されています。

surpass: To exceed or go beyond something in degree or quality.
(何かを程度や質で超えること。)

日常会話やビジネスシーンでの使用例

日常会話での例

日常生活でも、「surpass」はよく使われます。例えば、友達とスポーツの話をしているときに使えます。

ビジネスシーンでの例

ビジネスの場面でも、「surpass」は重要な単語です。特に、目標達成や業績評価の文脈で頻繁に使われます。

  • “Our sales this quarter have surpassed last quarter’s results.”
    (今四半期の売上は、前四半期の結果を上回りました。)
  • “The new product has surpassed its competitors in terms of quality and price.”
    (新製品は品質と価格の面で競合を上回りました。)

 

 

“surpass” を使った例文

簡単な例文

まずは、シンプルでわかりやすい例文をいくつかご紹介します。

  • “She always tries to surpass her own records.”
    (彼女はいつも自分の記録を超えようと努力しています。)
  • “The movie surpassed my expectations.”
    (その映画は私の期待を超えました。)
  • “Their performance surpassed that of last year.”
    (彼らのパフォーマンスは昨年のそれを上回りました。)

ビジネスシーンでの具体的な使い方

次に、ビジネスシーンで「surpass」をどのように使うか具体的な例を見てみましょう。

  • “The new marketing strategy helped us surpass our quarterly sales goals.”
    (新しいマーケティング戦略が、四半期の売上目標を上回る助けとなりました。)
  • “By investing in new technologies, the company has surpassed its competitors.”
    (新しい技術に投資することで、会社は競合を上回りました。)
  • “We aim to surpass last year’s revenue by 20% this year.”
    (今年は昨年の収益を20%上回ることを目指しています。)

ネイティブがよく使うフレーズ

最後に、ネイティブが日常的に使う「surpass」を含むフレーズをご紹介します。

  • “surpass expectations”
    (期待を上回る)例: “Her presentation surpassed all expectations.”
    (彼女のプレゼンテーションはすべての期待を上回りました。)
  • “surpass previous records”
    (過去の記録を上回る)例: “He surpassed his previous records in the marathon.”
    (彼はマラソンで過去の記録を上回りました。)
  • “surpass industry standards”
    (業界標準を上回る)例: “Our products are designed to surpass industry standards in quality and durability.”
    (私たちの製品は品質と耐久性において業界標準を上回るように設計されています。)

 

 

“surpass” の類義語と使い分け

“exceed” や “outperform” との違い

「surpass」の類義語としてよく使われる単語に「exceed」と「outperform」があります。それぞれの違いを見てみましょう。

1. “exceed”

意味: 「超える」「上回る」

「exceed」は、数量や限度、期待などを「超える」場合に使われます。

  • “The final cost exceeded our budget.”
    (最終的な費用が予算を超えました。)
  • “Her performance exceeded our expectations.”
    (彼女のパフォーマンスは私たちの期待を超えました。)

2. “outperform”

意味: 「(競争相手より)良い成績を収める」「優れた成績を出す」

「outperform」は、特に競争相手や過去の成績と比較して「優れた成績を収める」場合に使われます。

  • “Our new product outperformed all its competitors.”
    (新製品はすべての競合製品よりも優れた成績を収めました。)
  • “This year’s sales team outperformed last year’s team.”
    (今年の営業チームは昨年のチームよりも優れた成績を収めました。)

3. “surpass”

意味: 「(質や能力で)上回る」「超える」

「surpass」は、質や能力、期待などを「上回る」場合に使われます。

  • “The athlete surpassed all expectations in the competition.”
    (そのアスリートは競技で全ての期待を上回りました。)
  • “The book’s sales surpassed those of any other book this year.”
    (その本の売上は今年の他のどの本よりも上回りました。)

適切な使い分けのコツ

1. 数量や限度を超える場合

  • 使う単語: “exceed”
  • 例文: “The project exceeded its budget.”
    (プロジェクトは予算を超えました。)

2. 競争相手や過去の成績と比較して優れている場合

  • 使う単語: “outperform”
  • 例文: “Our team outperformed the competition.”
    (私たちのチームは競争相手よりも優れた成績を収めました。)

3. 質や能力、期待を上回る場合

  • 使う単語: “surpass”
  • 例文: “She surpassed all expectations with her outstanding performance.”
    (彼女は素晴らしいパフォーマンスで全ての期待を上回りました。)

 

 

まとめ

“surpass” の重要ポイントのおさらい

ここまで、ビジネス英語でよく使われる単語「surpass」について学んできました。重要なポイントをおさらいしましょう。

  • 基本的な意味: “surpass” は「超える」や「上回る」という意味の動詞です。
  • 使い方の例:
    • 日常会話: “The movie surpassed my expectations.”
      (その映画は私の期待を超えました。)
    • ビジネスシーン: “Our sales this quarter have surpassed last quarter’s results.”
      (今四半期の売上は、前四半期の結果を上回りました。)
  • 類義語との違い:
    • “exceed”: 数量や限度を超える場合に使います。
    • “outperform”: 競争相手や過去の成績と比較して優れている場合に使います。
    • “surpass”: 質や能力、期待を上回る場合に使います。

読者への応援メッセージ

最後に、この記事を読んでくださった皆さんにメッセージです。

英語の学習は、時に難しく感じることもあるかもしれませんが、一歩一歩進むことで必ず成果が出ます。今日学んだ「surpass」を使って、あなたの英語力をさらに向上させてください。新しい単語を覚えることで、会話やビジネスシーンで自信を持って話せるようになります。

応援しています!これからも一緒に頑張りましょう。質問やコメントがあれば、ぜひお気軽にお知らせください。次回のブログ記事もお楽しみに!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム