英語感覚アップ!1分でわかる”try to 〜”と”try -ing”の違いと使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”try to 〜”と”try -ing”の違いと使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“try to 〜”は「困難」をともなう

  • try -ing
ナオミ
Have you ever tried using butter instead of oil?
油の代わりにバターを使ったことある?
マイク
Yes, I have. It was good.
うん、あるよ。美味しかったよ。

 

中学のとき、”try to 〜”と”try -ing”を「〜してみる」と同じ意味で教えられます。

これってもやもやしますよね。

また、日本語だと同じ意味で使えてしまうこともあるので、さらに違いがわかりにくいです。

「”try to 〜”と”try -ing”の違いはなんですか?」と聞かれた場合、一言で、こう答えます。

“try to 〜”は試す過程で「困難」をともないます。

一つ目の会話で紹介されているように、女性にとって体重を減らすことは簡単ではありませんよね。だから、そんな「困難」をともなうことに対しては、”try to 〜”を使います。

 

 

“try -ing”はうまくいくか「テスト」する

  • try to 〜
ナオミ
I’m trying to lose weight fast. But it’s difficult.
早く痩せようとしてるんだ。でも難しい。
マイク
Take it easy.
無理しないで。

 

一方で、”try -ing”は、”try to 〜”のように「困難」をともなわず、実験的にうまくいくか「テスト」するときに使います。

冒頭で紹介した会話で、ナオミが油の代わりにバターを試したことがあるか、マイクに聞いています。

ナオミは、バターでやったらどんな味になるのか、またさらにそっちのほうが美味しいのかと、テストをしたあとの結果を知りたかったと思います。

このように、“try -ing”は実験的に何かを「テスト」するときに使います。

 

 

ニュアンスをイメージして音読しよう

それでは、いくつか例文を紹介するので、それぞれのニュアンスをイメージして音読してみましょう。

 

マイク
I took a nap earlier, but I will try to sleep again.
さっき仮眠したけど、もう一回寝てみるわ。

 

 

 

ナオミ
Try pressing the button. Let’s see if it works.
そのボタンを押してみて。動くかどうか様子をみよ。

 

ナオミ
I tried moving that table near the couch. What do you think?
試しにソファーをテーブルの近くに移動してみたんだ。どう思う?

 

マイク
I’m trying to read a English book, but I can only understand a little.
英語の本を読んでるんだけど、少しだけしか理解できないよ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、1分でわかる”try to 〜”と”try -ing”の違いと使い方についてでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

2 件のコメント

  • I’m trying to read a English book,
    英語の本を読んでるんだけど、
    これで合ってますか?上部の解説を読んで違うような

    • コメントいただきありがとうございます!わかりにくい訳になっておりすみません。別の訳だと、「洋書にトライしているんだけど、」といった感じになります。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    RYO英会話ジム

    /弊社のアピールポイント/
    1.業界初ジム系オンラインスクール
    2.月間30万アクセスの優良サイト
    3.海外で通用する英語力が身につく
    4.自信や自由を手に入れたい人を応援

    /代表RYOのプロフィール/
    セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
    株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。