確実な成果を出すならRYO英会話ジム

英会話の落とし穴: 「search」と「search for」の正しい使い方

こんにちはRYO英会話ジムです。本日は、よくある混同ポイントである「search」と「search for」の違いに焦点を当てます。これらの表現は微妙ながら重要な差異があり、多くの人が無意識のうちに混同して使用しています。この記事を通じて、これらの表現の正確な使い分けが自然と身につくことでしょう。さあ、始めましょう。

 

 

違い

  1. 「search」のみの使用:
    • 意味: 探索が行われる場所について話す時に使用します。
    • 例文: “I searched the house.” (家を探した。)
  2. 「search for」の使用:
    • 意味: 探している対象や物について話す時に使用します。
    • 例文: “I’m searching for my keys.” (鍵を探しています。)

「search」は探索の場所を、「search for」は探している物を指すと覚えると良いでしょう 。

 

 

無料トライアル実施中

例文

search 〜「〜(の中)を探す」は探している場所

メガネが見たか聞かれて…

アイヴァン
Have you searched the bathroom?
洗面台の中を探した?

 

 

同僚がホッチキスが見つからないと言っていて…

ウィル
I tried to search my desk many times, but I couldn’t find it.
何度も机の中を探してみたけど、見つけることができなかった。

 

 

ジャックは財布が見つかったのか同僚に聞くと…

ナオミ
He said he searched his car and office, but he couldn’t find it.
彼は事務所と車の中を探したけど、見つからなかったと言っていた。

 

 

「search」を使用する際は、「〜を探す」の意味で使いますが、実際には「探索する場所」を指すことに注意が必要です。つまり、「search」の直後には、探している「物」ではなく、「場所」がくるべきです。一方で、「search + 場所」の形で物を指して使う間違った用法も一般的に見受けられます。適切に使い分けることで、より正確な表現が可能になります。

search for 〜「〜を探す」は探している物

家に入ろうとしているときに妻が…

ウィル
I’m searching for the key, but I can’t find it.
鍵を探してるんだけど見つからないの。

 

 

メガネを見たか聞かれて…

アイヴァン
Have you searched for the glasses in the bathroom?
洗面台でメガネを探した?

 

 

 

どうやってこのスクールを知ったか聞かれて…

ナオミ
I searched the internet for this school.
このスクールをネットで探しました。

 

 

探している対象がある場合は、「search for」を使い、前置詞「for」と組み合わせて使用します。たとえば、「家を探した」という表現を「search for」で言い換えると、「I searched the house for my slippers.」(スリッパを探すために家を探しました)となります。このように、「search 場所」と「search for 対象」を同じ文中で使用し、場所を先に述べた後に探しているものを指定することができます。

 

 

似た英語表現

Look for (探す)

– 対象を見つける意図で探し回る行為。

例: “I’m looking for my glasses.” (メガネを探しています。)

Seek (探求する)

– 目標や情報などを得るために探す、より目的意識が強い。

例: “She seeks the truth behind the story.” (彼女はその話の真実を探求している。)

Hunt for (狩りをする/捜し求める)

– 目的物を見つけ出すために積極的に、時には苦労して探す。

例: “We hunted for treasure on the island.” (私たちは島で宝を探し求めた。)

Scour (徹底的に探し回る)

– 隅々まで探し回る、徹底的に。

例: “Police scoured the area for any clues.” (警察は手がかりを見つけるためにその地域を徹底的に捜索した。)

 

 

関連英単語

  • Explore (探検する): 未知の場所や情報を探し出す行為。
  • Investigate (調査する): 事実や情報を明らかにするために詳しく調べる。
  • Probe (探査する): 深く掘り下げて調べる、問題の核心に迫る。
  • Browse (見る、閲覧する): 興味を持ってさまざまなものを見たり調べたりする。
  • Sift (ふるいにかける): 詳細に調べて重要な情報や物を選び出す。

これらの単語は、探索や調査のニュアンスを持ち、文脈に応じて使い分けることができます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

探すに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が間違えやすい!search 〜とsearch for 〜の違いとその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム