3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

日常英会話に取り入れたい!「A Bit」の使い方完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「A bit」は、日常会話や文章でよく使われる表現の一つです。直訳すると「少し」という意味がありますが、実際にはさまざまな場面で使われ、微妙なニュアンスを表現する言葉として重要です。それではまいりましょう。

 

 

意味

「A bit」は英語で「少し」という意味です。主に量や程度がそれほど多くないことを表現する際に使われます。例えば、「I’m a bit tired.」と言えば、「少し疲れています」という意味になります。また、他にも「a bit better」で「少し良くなる」、「a bit more」で「もう少し」というように、多くの文脈で広く用いられます。

 

 

無料トライアル実施中

由来

英語の単語「bit」の由来は、古英語の「bita」にさかのぼります。古英語の「bita」は「噛み切った小片」または「一口」を意味していたとされています。これが時間を経て、「少量」や「少し」という意味の「bit」へと変化しました。

また、「bit」は、「bitten」の過去分詞である「bite」(噛む)から派生したものとも考えられています。これにより、「bit」は文字通り「何かを噛み切った小さな部分」を指すようになり、それが転じて「少し」や「少量」という抽象的な意味を持つようになったのです。

技術用語としての「bit」(binary digitの略)もありますが、これは全く異なる由来を持ち、20世紀に入ってから情報技術の文脈で使われるようになった言葉です。こちらは「最小のデータ単位」としての意味を持ちます。

 

 

使われる場面

少しの程度を表す場面

例えば、「少し待ってね」とか、「少し考えさせて」など、時間や行動の程度を表すときに使います。これは相手に対して謙虚な印象を与える表現でもあります。

  • Can you wait a bit? I’ll be right back. (少し待ってくれる?すぐに戻るよ。)

 

柔らかい控えめな意見を述べる場面

「A bit」は、あまり強くない程度の感情や意見を表現するのにも使われます。

  • I’m a bit tired.(少し疲れている)

 

 遠回しに言う場面

時に、直接的に表現するのが難しいときや、丁寧に遠回しに言いたいときにも「a bit」が活躍します。

 

 

“a bit”は副詞

「A bit」は副詞として使用されることが多く、何かの程度や量を少し増やす意味合いで用いられます。動詞や形容詞、そして比較級の形容詞を修飾(さらに詳しく説明)することができちゃいます。以下にいくつかの例文とその和訳を示します:

  1. Can you speak a bit slower?
    • もう少しゆっくり話してもらえますか?
  2. It’s a bit cold in here.
    • ここは少し寒いですね。
  3. I need to think about it a bit more.
    • もう少し考える必要があります。
  4. She’s a bit nervous about the exam.
    • 彼女は試験に少し緊張しています。

これらの例文で見るように、「a bit」は様々な文脈で「少し」という程度を表現するために使われ、形容詞や動詞と組み合わせることで、その程度が控えめであることを伝えます。

a littleに置き換え可能

そう、あの”a little”の意味と同じです。こんな文聞いたことありますよね。

自己紹介で…

マイク
I speak English a little.
英語を少し話せます。

 

 

 

副詞 “a bit” と “a little”の違い

副詞 “a bit” と “a little” はどちらも英語で「少し」という意味で使われますが、その使い分けには微妙な違いがあります。

  1. 感覚の強さ:
    • A bit: よりカジュアルな感覚で使われることが多く、話し言葉によく見られます。程度は「a little」よりも少しだけ弱めのニュアンスを持つことがあります。
    • A little: これも「少し」という意味ですが、「a bit」よりも少しフォーマルな印象を与えることがあります。また、感覚的には「a bit」よりも少し強めのニュアンスを持つことが一般的です。
  2. 使用状況:
    • A bit: 主に量や程度がそれほど大きくない変化や差を表すのに用いられます。特に英国英語では日常的に広く使われます。
    • A little: これは量だけでなく、質についても述べる際に使われることがあります。例えば、具体的な数や測定可能な事柄に対して用いることが多いです。

どちらの表現も似た文脈で使われることが多いですが、その選択は話者の個人的な好みや、表現したい微妙なニュアンスによって異なることがあります。

 

 

例文

“a bit”が何を修飾しているのかも含めて、音読してみましょう。それでは、スタッフの会話を見てみましょう。

映画を見ていて…

ナオミ
The movie was a bit boring.
この映画はちょっと退屈だね。

 

 

スピードが少し早くて…

リョウ
Can you drive a bit slower?
少しゆっくり運転してくれる?

 

 

確認したいことがあって電話で…

マイク
Wait a bit.
ちょっと待って。

 

ネガティブな文と相性がいい

ただ“a bit”が形容詞を修飾するときは、批判的な意味合いだったりネガティブな意味合いを込めることがよくあります。

今日はどうだったか聞かれて…

ナオミ
I’m a bit tired.
少し疲れています。

 

 

買い物をしていて…

ナオミ
These shoes are a bit expensive.
この靴少し高いな。

 

 

このようにネガティブな場面で使われやすい単語と相性がよいのです。

 

 

ロールプレイ

このシチュエーションでは、友人同士がレストランで食事をしている場面を想定しています。

英会話ロールプレイ

Alex: This pasta is really spicy. Can you handle it?

Jamie: Yeah, I can manage. But maybe I’ll drink a bit more water.

Alex: Are you enjoying your meal?

Jamie: It’s good, but I think it’s a bit too salty for my taste.

Alex: I agree. Next time, we should try a bit of everything before ordering so much of one dish.

Jamie: That sounds like a good plan. Let’s do that.

和訳

アレックス: このパスタ、すごく辛いね。大丈夫?

ジェイミー: うん、何とかなるよ。でも、もう少し水を飲むかも。

アレックス: 食事は楽しんでる?

ジェイミー: いいよ、でも自分の好みには少し塩辛すぎるかな。

アレックス: 同感だよ。次回は、こんなに一つの料理をたくさん注文する前に、色々少しずつ試してみよう。

ジェイミー: いい考えだね。そうしよう。

このロールプレイは、「a bit」を使って、程度を調整する表現や、話の中での提案や意見を表す際にどのように活用するかを示しています。

 

 

よく使われる言い回し

“a little bit”

“a bit”として紹介しましたが、同じ意味で”little”をつけて”a little bit”ということもよくあります。

同僚へ…

ナオミ
He is a little bit shy, isn’t he? ( “a bit shy” is also okay.)
彼って少し恥ずかしがり屋じゃない?

 

 

「A little bit」というフレーズは、「a bit」と非常に似ており、「少し」という意味で使われます。しかし、「a little bit」の方が「a bit」よりもやや強調されることがあり、非常にわずかな量や程度を示す際に使われることが多いです。

例えば、「I know a little bit about that topic.」という文では、「そのトピックについて少しだけ知っています」という意味になります。この表現は、自分の知識や経験が限られていることを控えめに伝えるのに役立ちます。

 

“a ( little) bit of 〜”

“a (little) bit of 〜”は、「少しの」という意味です。カジュアルな表現方法になるので、使う場面に気を使いましょう。それでは、スタッフの会話を見てみましょう。

同僚から…

リョウ
I’ve got a bit of a problem.
少し問題があるんだ。
マイク
What is it?
何なの?

 

 

夫から…

リョウ
Did you have breakfast?
朝ごはん食べた?
ナオミ
Yes, I had just a little bit of sandwiches. 
うん、少しサンドイッチを食べたよ。

 

 

「A (little) bit of 〜」という表現は、「少しの〜」や「ちょっとした〜」という意味で使われます。このフレーズは、量や程度、範囲が限られている何かを指すのに便利です。形容詞「little」が加わると、量や程度がさらに少ないことを強調する効果があります。物理的なものだけでなく、抽象的な概念や感情に対しても使用されます。例えば、時間、空間、労力、感情など、さまざまな文脈で用いることができます。

 

“not a bit”

同僚へ…

マイク
Are you tired?
疲れてる?
アイヴァン
No, I’m not a bit tired.
いや、まったく疲れてないよ。

 

 

ルームメイトへ…

ナオミ
Do you mind if I put some music on?
音楽をかけてもいいかしら。
リョウ
Not a bit.
どうぞどうぞ。

 

 

「Not a bit」という表現は、英語で「全く…ない」という意味を持ちます。これは否定の形で使われ、何かがまったく存在しないか、あるいは全く当てはまらないことを強調する際に用いられます。このフレーズは、相手に自分の感じていることや考えていることが、指摘された事柄とは全く関係がないことを明確に伝えるのに役立ちます。例えば、誰かが「あなたは疲れていますか?」と尋ねたときに、「Not a bit」と答えることで、「全く疲れていません」という意味になります。

 

 

その他の言い回し

  1. A bit more: 「もう少し」
    • “Could you turn up the volume a bit more?”
    • 音量をもう少し上げてもらえますか?
  2. A bit less: 「少し少なめに」
    • “I think we need a bit less salt in this recipe.”
    • このレシピには塩を少し少なめにした方がいいと思います。
  3. A bit better: 「少し良く」
    • “I’m feeling a bit better today.”
    • 今日は少し調子が良くなっています。
  4. A bit of a surprise: 「ちょっとした驚き」
    • “It was a bit of a surprise to see him there.”
    • 彼がそこにいたのはちょっとした驚きでした。
  5. Take a bit of time: 「少し時間がかかる」
    • “This project will take a bit of time to complete.”
    • このプロジェクトの完成には少し時間がかかります。

 

 

その他押さえておくべきポイント

謙虚な表現に使われることが多い

「A bit」は相手に対して丁寧さや謙虚さを表現する際によく利用されます。

感情や意見の程度を和らげる

この表現は感情や意見を適度に和らげ、相手に攻撃的でない印象を与えるのに役立ちます。

 

 

関連する語彙

Somewhat (いくらか、多少)

  • The movie was somewhat interesting, but not as much as I expected.
  • (その映画は多少面白かったけれど、期待したほどではなかった。)

Slightly (わずかに、少し)

  • I’m slightly concerned about the upcoming exam.
  • (今度の試験について少し心配しています。)

A tad (ちょっとだけ)

  • Could you turn up the volume a tad? It’s a bit too quiet.
  • (音量をちょっと上げてもらえますか?少し静かすぎます。)

 

 

 

 

littleに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「A bit」は、日本語での「少し」と同じように使える表現で、柔らかいニュアンスをもたらします。使い方によっては相手に対して丁寧さや謙虚さを表現できるため、日常会話やビジネスのコミュニケーションで活用してみてください。以上が”a bit”の意味と3つの使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム