3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「incur」の意味と使い方を完全攻略!ビジネス英語で一歩リードする方法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

この記事の目的

こんにちは!今回はビジネスでよく使われる英単語「incur」についてお話しします。英語の勉強をしていると、知らない単語がたくさん出てきますよね。でも大丈夫!この記事では、「incur」の意味や使い方をわかりやすく解説します。これを読めば、あなたもビジネスシーンで「incur」を自信を持って使えるようになりますよ。

「incur」の基本的な意味

まず、「incur」という単語の基本的な意味を見てみましょう。「incur」は動詞で、「(損害や負担などを)被る、招く」という意味があります。例えば、「incur expenses(費用を負担する)」や「incur a loss(損失を被る)」というように使います。何かをすることで結果的に負うものや、避けられないものを表す時に使われることが多いです。

 

 

無料トライアル実施中

「incur」の使い方

ビジネスシーンでの具体例

「incur」という単語は、ビジネスの場面でよく使われます。例えば、経費や損失、責任などを負う場合に使います。具体的なシーンを考えてみましょう。

  1. 経費を負担する場合
    • 会社の会議や出張にかかる費用を負担することを表現する際に使います。
  2. 損失を被る場合
    • ビジネスがうまくいかなかった時に発生する損失を表現する時に使います。
  3. 責任を負う場合
    • 何か問題が起きた時に、その責任を負うことを表現する時に使います。

例文を使った説明

それでは、具体的な例文を使って「incur」の使い方を見てみましょう。

  1. 経費を負担する
  2. 損失を被る
  3. 責任を負う

このように、「incur」は何かをする結果として負うことを表現するのに非常に便利な単語です。日常のビジネス英語でも頻繁に登場するので、しっかり覚えておきましょう。

 

 

「incur」を使う際の注意点

よくある間違い

「incur」を使う際には、いくつかのよくある間違いに注意する必要があります。以下に、その例を挙げます。

  1. 時制の間違い
    • 「incur」は通常、過去の出来事や未来に予測されることに使われますが、現在進行形で使うことは少ないです。
    • 間違い例: “We are incurring high costs now.”
      • 修正: “We will incur high costs soon.” または “We incurred high costs last month.”
  2. 意味の取り違え
    • 「incur」は「被る」「負う」という意味があるため、「得る」や「受け取る」と混同しないようにしましょう。
    • 間違い例: “We will incur a profit this quarter.”
      • 修正: “We will earn a profit this quarter.”
  3. 前置詞の誤用
    • 「incur」の後に続く名詞には前置詞を使わないのが一般的です。
    • 間違い例: “We incurred on expenses.”
      • 修正: “We incurred expenses.”

正しい使い方のポイント

「incur」を正しく使うためのポイントをいくつか挙げます。

  1. 適切な時制を使う
    • 未来に起こることや過去に起こったことを表現する際に使います。現在進行形では使わないように注意しましょう。
    • 例: “We will incur additional costs next month.” または “We incurred a loss last year.”
  2. 文脈に注意する
    • 「incur」はネガティブな結果や避けられない結果に使うことが多いです。ポジティブな結果には使わないようにしましょう。
    • 例: “The project incurred unexpected delays.”(プロジェクトは予期せぬ遅延を被りました。)
  3. 正しい名詞を使う
    • 「incur」の後には、費用(expenses)、損失(loss)、責任(responsibility)など、負担や損害を表す名詞が続きます。
    • 例: “They incurred a heavy fine.”(彼らは多額の罰金を負いました。)

 

 

「incur」と似た単語の違い

「incur」と混同しやすい単語

「incur」と似た意味を持つ単語はいくつかありますが、使い方や意味には微妙な違いがあります。特に混同しやすい単語として以下のものが挙げられます。

  1. occur
  2. incorporate
  3. encounter

それぞれの単語の違いを解説

  1. occur
    • 意味: 「起こる」「発生する」
    • 違い: 「occur」は出来事や現象が自然に発生することを表します。一方、「incur」は行動の結果として何かを負うことを意味します。
    • 例文:
      • “A problem occurred during the meeting.”
        (会議中に問題が発生しました。)
      • “We incurred additional costs due to the problem.”
        (その問題のために追加の費用を負いました。)
  2. incorporate
    • 意味: 「取り入れる」「組み込む」
    • 違い: 「incorporate」は新しい要素やアイデアを既存のものに組み込むことを意味しますが、「incur」は負担や損害を被ることを意味します。
    • 例文:
      • “We incorporated new technologies into our system.”
        (システムに新しい技術を取り入れました。)
      • “We incurred some technical issues with the new system.”
        (新しいシステムでいくつか技術的な問題を被りました。)
  3. encounter
    • 意味: 「遭遇する」「出会う」
    • 違い: 「encounter」は予期せぬ出来事や困難に直面することを意味しますが、「incur」は行動の結果として何かを負うことを意味します。
    • 例文:
      • “We encountered difficulties during the project.”
        (プロジェクト中に困難に直面しました。)
      • “We incurred additional costs due to these difficulties.”
        (これらの困難のために追加の費用を負いました。)

これで「incur」と混同しやすい単語の違いがわかりましたね。それぞれの単語の意味を理解することで、適切に使い分けることができます。

 

 

まとめ

この記事のまとめ

今回は、ビジネス英単語「incur」について詳しく解説しました。この記事で学んだことを簡単にまとめると、以下の通りです。

  1. 「incur」の基本的な意味: 「(損害や負担などを)被る、招く」
  2. 使い方: 主に経費、損失、責任などを負う場合に使います。
  3. 注意点: 時制や意味の取り違え、前置詞の誤用に注意することが大切です。
  4. 似た単語との違い: 「occur」「incorporate」「encounter」などの単語と混同しないように、それぞれの意味と使い方の違いを理解することが重要です。

読者への応援メッセージ

英語の勉強は大変なこともありますが、一歩一歩進んでいくことで確実に力がついていきます。今回学んだ「incur」を含むビジネス英単語は、実際の仕事の場面で役立つこと間違いありません。この記事を参考にして、少しずつでも自分のものにしていってくださいね。

どんなに小さなことでも、一つずつ学んでいくことが大切です。応援していますので、一緒に頑張りましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム