“You can say that again.”の意味とその使い方

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。

今日は、”You can say that again.”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“You can say that again.”の意味とその使い方

ナオミ
It’s so hot today.
今日はすごく暑いね。
リョウ
You can say that again!
まったくその通りやな!

 

アイヴァン
This movie is very boring.
この映画とても退屈だわ。
マイク
You can say that again.
ほんとそうだね。

 

リョウ
That exam was really easy.
あの試験は簡単やったな。
マイク
You can say that again.
同感だよ!

 

“You can say that again.”は、「全くその通りだ」という意味で、相手の発言に強く同意するときに使うカジュアルな英語表現です。そもそもなぜ直訳が「もう一回言っていいよ。」という意味かというと、まったく同感であれば、再度同じことを聞いても嫌に思わないからという理由からです。

また相手にもう一度言うように訪ねているわけではなく、イディオムとして「まったくその通りだ」という意味になります。

 

 

同じ意味で使える表現

同じ意味の表現も合わせてご紹介しておきます。

ナオミ
I completely agree with what you said.
君の言ったことにまったく同感だわ。
ロバート
That’s totally right.
まったくその通りや。
ナオミ
Damn right!
まったくその通り!

 

3つ目の例文について、”damn”「とても」はかなりカジュアルな表現なので、使う場面に気をつけましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”You can say that again.”の意味とその使い方でした。

それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。