3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

wouldの短縮形:She’dやI’d、you’dの発音方法と使い方解説

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。英語学習者にとって、「would」は日常会話やビジネス英会話で頻繁に使われる重要な単語の一つです。この記事では、「would」の発音に焦点を当て、ネイティブのように自然な言い回しを身につける手助けとなるでしょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

まずは二人の会話を会話を聞いてみましょう。

同僚マイクへ…

リョウ
Do you know if Ivan’s joining our Christmas party?
アイバンがクリスマスパーティーに参加するか知ってる?
マイク
She said that she’d join it.
彼女は参加するって言ってたよ。

 

 

 

無料トライアル実施中

“would”の”w”が消えて「ド」になる

会話ではwouldを短縮する形で使うことがあります。その際、”would”「ウド」の”w”が消えて、「ド」だけになります。今回紹介している”she would”の場合は、「シー ウド」ではなく、「シード」のような発音になります。

 

短縮しない場合は逆

「would」は多くの場合、「ウッド」とも聞こえる発音です。しかし、注意が必要なのは、母音の後にくる「d」は、実際にはほとんど発音されないことです。代わりに、「ウッ」の部分を強調して発音することがポイントです。

  • “I would like a cup of coffee.
  • She would prefer to go shopping.

 

 

“I had”の省略も同じ音になるので注意!

少しややこしいですが、”I had”を省略すると”I’d”と同じ形で使うことができます。見分け方は文の形と文脈からの判断になります。よく使われる形は”I had + 過去分詞”を省略して、”I’d + 過去分詞”と言うことです。これは過去完了形と呼ばれる形で、過去を基点に完了形(経験、完了、継続、結果)を伝えたい時に使います。

リョウ
When my friend called me, I’d just finished work.
友人が私に電話したとき、ちょうど仕事を終えたところだった。

 

 

 

その他のパターン”he/I/You would”の音も音読しよう

その他のパターンの例文を作ったので、それぞれ聞いて音読してみましょう。

お土産が気に入らなかったみたいで…

リョウ
I thought you’d like it.
君はそれが好きだと思ってたよ。

 

 

出かけないかと誘われて…

リョウ
I’d rather stay home than go out.
外出するより家にいるほうがいいな。

 

 

同僚Aがどこに行ったのか聞くと…

マイク
He’d be back in 10 minutes.
彼は10分後に戻ってくるでしょう。

 

 

 

合わせて覚えておきたいリエゾン表現

「would」が後ろに続く言葉が母音で始まる場合、リエゾン(連結)が起きることがあります。例えば、「would you」は「wouldja」となることがあります。このような表現を理解し、使い分けることで、より自然な発音が可能です。

 

 

wouldに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「would」の発音は一見簡単そうに見えますが、注意が必要なポイントがいくつかあります。定期的に練習し、リスニング力向上に努めることで、ネイティブのような滑らかな発音を手に入れましょう。これをマスターすることで、英会話スキルが飛躍的に向上すること間違いなしです!以上が”would”のネイティブ発音方法でした。何度も音読して口に馴染ませましょう。それではSee you next time!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム