TOEICスコア別の必須単語数と英語を話すのに最低限必要な単語数を見比べよう

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。

今日はTOEICのスコア別と、英語を話すのに最低限必要な単語数、そして中学や高校英語、さらにはネイティブ5歳児の語彙数についてです。日本だけで過ごしていると、TOEICのスコアが高いほど英語を話す能力も比例するように高いと勘違いしてしまうことがあったります。

海外に出るとTOEICスコアが高いのに話せなかったり、逆にTOEICスコアがそんなに高くないのに、海外旅行を頻繁にしていた場合、前者に比べ全然話せたりします。もちろん比例する場合もありますが、それはTOEIC(リーディングとリスニング)では測れないところです。ということで今日は、実際に表にして、英語を話すのに、最低限どのくらい単語数が必要なのか、またそれがTOEICでどのぐらいのレベルになるのか見比べてみましょう。

それでは、まいりましょう。

 

 

TOEICスコア別とその他の必須単語数

単語数TOEICスコア中学英語高校英語日常会話ネイティブの子供5歳
1500○(簡単な会話はできる語数)
3000400○(会話の95%カバーできる語数)
4000500
5000600
7000700
8000800
10000以上900

文部科学省からの情報とその他の研究結果をもとに出された数字です。この語彙数というのは、会話や書籍などで頻繁につかわれる単語をベースしています。

 

 

TOEICと日常会話の必須単語を比較

こうやってみると、日常会話で最低限必要な語数はなんと3000。TOEICスコア別でみると、RYO英会話で受講資格の最低ラインとして設定している、400点で日常英会話は流暢に話せるレベルに到達できます。さらに3000単語もあれば、会話の95%はカバーできるという研究結果も出ています。あとの5%を身につけるのがとても大変ということになります。

僕自身も経験上、会話を上達させるのに新しい単語を覚える作業はあまりなくむしろすでに知っている単語をどのようにどんな場面で使いこなすかに時間がかかりました。

もちろん800点や900点もあれば日常会話だけでなくビジネスの話や会話での表現力がまたグーンと広がってきます。あくまでも日常会話で最低限これだけあれば問題なく会話できますよ、というのが3000単語でTOEIC400点レベルになります。

 

 

日常会話は、中学英文法をマスターできれよし

文法に関しては、中学英語で大丈夫です。中学英語の文法さえマスターしておけば、日常会話で伝いたいことはだいたい表現できますしコメディーやアクション系の洋画であれば、問題なく文章を理解できるのでそれを反射レベルで活用するために圧倒的なアウトプットが必要になります。

実際に僕自身も中学英文法を使いこなすだけで、海外で第二言語として英語を話す人たちだけでなくネイティブとも問題なく会話してきました。なので、日常英会話を話せるようなりたい人は、最低ラインのTOEIC400点と中学英文法の理解をクリアする必要がありますね。また中学英語レベルで話すために役に立った教材も紹介しておきます。

 

 

ネイティブ5歳児の英語レベル

このYoutube動画はネイティブ5歳児の英語力で語彙力は5000単語ほどでTOEICスコアだと600点代にあたりますが、動画をみるとわかりますが、まったく問題なく話せるレベルです。だから今までアウトプットをする機会がなかった私たちには圧倒的な量のアウトプットが必要であると言えます。

 

 

自分の語彙力を測ってみよう

では、自分にどれくらいの語彙数があるのか気になりませんでしたか?そう思って用意しました。僕もアイヴァンも実際に試したところ、僕は約1万単語でアイヴァンは1万6000単語あたりでした。お時間があればやってみてください。

 

 

最後に

いかがでしたか?この結果を見てどう感じるかはそれぞれ違うと思いますが英会話はTOEICスコアをあげればよいという単純なことではありません。

むしろ低いスコアでも英会話に正しいレッスンと訓練をすればどんどん話せるようになっていきます。ただしスコアが高い方はリスニング力や基礎力が高いので伸びる速度が平均的に早いことは今までの経験の中でわかっています。そういった意味では高いスコアを持っていて越したことはありませんね。インプットもアウトプットも適切な学習方法でバランスよく伸ばしていくのが一番いいということになります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がTOEICスコアと英会話に最低限必要な語数の関係でした。それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。