this morningとin this morningの違い【前置詞を置かない?】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はthis morningとin this morningの違い【前置詞を置かない?】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップしていくかと思います。それではまいりましょう。

 

 

this morningとin this morningの違い【前置詞を置かない?】

「今朝」という意味の英語表現で、スクールでスピーキングテストを評価しているとよくin this morningという表現をよく見かけることがあります。結論的に言うと時間表現においてthisの前にくる前置詞は通常置かないことになっています。なので以下が自然な表現になります。

リョウ
I went jogging this morning.
今朝ジョギングに行ってきました。

 

 

その他のパターンも見てみよう

ではthis以外の時間表現はどうでしょうか。以下単語を伴う時間表現はすべて時間を表す前置詞onやatそしてinは必要としません。

時間の前置詞がつかない単語
  • next
  • last
  • this
  • that
  • one
  • any
  • every
  • all

上記全部ご紹介するのは少し多くなるのでそれぞれの前置詞inとat、そしてonで前置詞がなくなる例文を見て見ましょう。

スタローン
See you on next week.
また来週な。

 

ウィル
Come at any time.
いつでもきてよ。

 

ナオミ
I’m at home in every afternoon.
いつもお昼は家にいますよ。

 

いかがでしたでしょうか。本来ならweekにはon the weekやon weekendなどのように前置詞がつきますがnextの場合は不要です。また特定の時間の場合はatをat lunch timeのように使ったりしますが、any timeの場合は不要です。そして最後in the afternoonのように前置詞inを使うのが普通ですが、これもeveryと一緒の場合は不必要となります。その他上げた単語に関しても同じです。一度それらの単語を使って思いつく限り例文を作ってみるのもよいでしょう。

 

 

yesterdayやtomorrowも同じだよ

yesterdayやtomorrow、the day after tomorrowなどの時間を表す副詞に関しても同じです。すでに前置詞をつける必要がないことはわかっている人も多いと思いますが改めて取り上げておきます。

マイク
Do you have any plans the day after tomorrow?
明後日何か予定はある?

 

 

「what + 時を表す単語」も前置詞は不要

「what + 時を表す単語」の疑問文に関しても前置詞は文中に必要としません。以下例文を見て見ましょう。

ロバート
At What time are you leaving?
何時に出発しますか?

 

ナオミ
On What day is the meeting?
その会議は何日にありますか?

 

この場合、leaving at 7のように時間がくる場合は前置詞atを置くことになりますが、「what + 時を表す単語」の疑問文に関してはatは必要ありません。2つ目の例文に関しても例えばThe meeting is on Fridayのように前置詞onをつけるのが普通ですが、この場合不要ということになります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がthis morningとin this morningの違い【前置詞を置かない?】それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出